« 大晦日の祇園八坂神社界隈(平成18年末) | トップページ | 正月の二日目 »

2007年1月 1日 (月)

新年ご挨拶 平成十九(2007)年

 気持や行動の表層では、盆暮れ正月、そのた慶事弔事、なにがあっても変化はないのですが、しかし深層にあっては、この大晦日や新年をとても大切にしているわけです。
 と、気がつきだして数年たちました。
 これは厳粛な神事であって、おろそかには過ごせないわけです。で、どんな風にしているかというと、気持を静かにして、行く年来る年を味わう、これが神事につながるわけです。

 と、年頭から神事とか厳粛とか禊ぎとか記しましても、なかなか人さま達には真意も伝わらず、それはそれ、これはこれで、それなりにMuBlog読者のみなさまにご挨拶を申し上げます。

 今年のことをいろいろかんがえてみました。で、気持を込めていきたいことを列挙することで、後日に道をはずれかけたなら、この2007年元旦の記事にもどって方向を調えることにいたします。

気持の置き所では。
1.おだやかに過ごす。
2.苛立たない、焦らない。
3.人それぞれ個々の人柄に身をそわせる。
4.自らの、本然(個性というとわかりやすいですね)はMuBlogとか日曜作家世界に止める。
5.普通の人として余生をすごす。
6.身の回りの人達に親切に接する。
7.競争心をもたない。ねたみそねみ嫉妬心など負性の心を殺す。
8.仏陀の気持ちを想像する。
9.キリストの気持ちを想像する。
10.その時、その時を楽しみ味わう。

 以上十箇条もたてましたが、こういう風にすごせば今年も波風たたず、おだやかに読書、思索、創作、研究、教育に充実した一年を過ごせそうです。

具体的には。
1.MuBlog記事は可能な限り日々創作するが、世の中や人々を「否定」の目でみるのは避ける。
2.日曜作家も続けるが、一部をのぞいて、可能なかぎり楽しい物語を作る。
3.研究は、右顧左眄せずに、道を究める。
4.教育は、ひたすら仏陀かキリストの気持ちになって、怒声ださず瞋恚(しんい)持たず、学生達のありのままの姿をめでる。
5.卒業生達はわけへだてなく大切に待遇する。
6.数少ない友人達には、丁寧に接し、邂逅のありがたさを常に思い出し、狎れを押さえる。
7.睡眠、食事、仕事などの日常に、誠意をもって接する。
8.家族を大切にする。
9.自動車の運転は充分に気をつける。車は凶器。
10.日常生活での白昼夢、夢想、激しさ、怨念などは持たないように、心を空にする訓練をする。

 と、これだけ実行すれば聖人君子になれそうだが、気持の方向性ですね。生まれてよかった。今の今でよかった。という、肯定の思想をきっちりもって、余命を尽くそうと思いました。

以上 Mu識

|

« 大晦日の祇園八坂神社界隈(平成18年末) | トップページ | 正月の二日目 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとう!

 真面目な謹賀新年のご挨拶、承りました。人間、還暦過ぎても煩悩の塊ですから、なかなか解脱は出来ませんね?

 何の因果か今年はハノイで正月を迎え、明日はどうなるか行方定めぬ人生ダス。

正月二日から出社して働いていますよ。日本企業の現地は二日から開始です。皆さんよく働きますね?

 私も今年はどないな按配になるか?判りませんが、頑張りたいと思います。無理はせず、ただ恥はかかないように,日本人としてプライドを持って頑張ります。

 旦那も良い年でありますように、遥かハノイから応援しています。

投稿: jo | 2007年1月 2日 (火) 10時43分

Joさん、二日からお仕事ですか。
土地がちがうと、方法も違うものですね。
もちろん日本だって、膨大なサービス産業は年中無休だから~。ドイツはようやく、休日も店を開ける方向のようですね。よくしりませんが、平日も午後8時ころが限度でしょうか。

今年はよい年のようです。昨年が悪かったのじゃなくて、なんとなくもっと安定して気持ちよく。それと、お金も使わないから、豊かになって(笑)、それでもって読書してたり、関西圏だけ走り回っている分には、極楽です。

ますます、このごろ、おのが分をしるというか、まるで保守本流の気分になってきました。要するにささいな楽しみに没頭すれば、おおくの憂さ鬱も消えるようです。

煩悩とのお言葉ですが、生きている証。それがどういう種類で、どれほど強いか、そういう違いがあるのでしょうね。

解脱とのお言葉ですが、私は仏教徒ではないので、なんとなく雰囲気としてはわかりますが、心底理解できるわけではありません。ただ。先師が申されていましたが、朝起きて一杯の茶を飲む。その時、茶柱が立っておれば、おお「瑞祥」と手を打つような、そんな幸ですねぁ。

……
私はものすごく肉類をこのむのに、心性は定住農耕タイプの人間のようです。だから、友たちの肉食野獣(笑)のような行動に、目を回し、感心するわけですよ。

投稿: Mu→Jo | 2007年1月 2日 (火) 16時00分

 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 それにしても、すごいポジティブリストですね。
 でも・・。
『MuBlog』の読者は、今年は(足が痛くならないように、肩が痛くならないように・・)と、Muさんの健康を祈るばかりです。

投稿: wd | 2007年1月 3日 (水) 19時54分

Wdさん、今年もよろしく。
 しかし、逆にこのリストの、反対を書いたらとんでもない人間として過ごすことになります。
 このくらい書いて、丁度ぼちぼちあんじょう日々を過ごせるわけです。

 今年は。この誓約通りにしていたら、体調も壊さないと密かに思っております。

投稿: Mu→Wd | 2007年1月 3日 (水) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/13294851

この記事へのトラックバック一覧です: 新年ご挨拶 平成十九(2007)年:

« 大晦日の祇園八坂神社界隈(平成18年末) | トップページ | 正月の二日目 »