« 辛味大根・おろしそば(京都伏見大手筋・薮そば) | トップページ | 夜麻登志宇流波斯(やまとしうるはし)はミステリではないのです »

2006年11月21日 (火)

栞屋蕉庵+メリーアイランド、がんこ+はやしや

出雲会と栞屋蕉庵
 11月の上旬と中旬に、葛野図書倶楽部2001の縁で二つの会に参加した。ひとつは出雲会という別名で、副長2005が座長。もうひとつは初秋まで現役だった二人。
 私も生きている証というか、ときどき夕食や昼食をいっしょにする。本当は二つのグループだから単独記事にしても佳かったのだが、なんとなく司書っぽい人たちはシャイなので、いくら記念というても派手派手しく記録するのはきがひける。それで二つで一記事に圧縮した。

出雲会
 三輪山へ皆々で行ったのが昨日のようだ。みんな卒業して各々の道を歩んでいる。わざわざ時間をあけて出雲会を開催してくれた。ぼんやり日々を過ごしている私には、各人の体験談が別世界のように思えた。社会は、私とは違った意味で忙しいようだ。そして日々いろいろあるようだ。聞いているだけでおもしろい。

石畳と格子戸
 行ったのは木屋町御池の比較的新しい店だった。栞屋蕉庵(しおりやしょうあん)。副長2005が選んだ。若い人で一杯だった。私が酒を飲まないせいか、みんな温和しかった。そのあとで、近所のメリーアイランドとかいうしゃれた店にはいり珈琲を飲んだ。この二つの店とも、なんとなく若やいでいて、私一人では絶対に入れないな。栞屋は20代後半の雰囲気で、メリーアイランドは30代のちょっとリッチな人たちが、かっこよく決める所に思えた。
 二店とも、出雲会の人たちに先に入ってもらった。

ご隠居・特別助勤のお礼
 詩仙堂に皆で行ったのが幻に思える。初秋にご隠居さんになった二人には、この11月、朝一番の授業に三回も来てもらった。現役は五名いるのだが、なんとなくみんな初めてなので、その科目に格別な愛情(笑)を持っていたお二人を現役達が誘ったら、OKと返事があった。

がんこ寿司三条店と真向かいの「はやしや」
 というわけで私としても、はいサイナラだけでは心苦しいので昼食にお招きした。三条大橋の西詰めにある「がんこ」。一人は山奥から出てきた人なので、寿司と造りの豪華御膳だったぁ~。一人は名にしおう国立公園の絶海孤島から出てきているので魚には興味もなく、京風のちまちました可愛らしい御膳だった。私もそれにした。
 ところで、みんな忙しかったようだが、真向かいの「京はやしや」を二次会にさそったら、一名はわざわざデート相手(?)におくれる旨の連絡をいれて、一緒にエレベータにのってくれた。この店は、少なくとも歴代倶楽部員は全員ごいっしょしたはずだが、なんと、このお二人はまだ行っていないとのことだった。私か二人か、どちゃらかが記憶間違いなのだろう(笑)。

 というわけで忙中閑あり。いずれにしてもついちょっとの食事やお茶は心身によい。私の昔の知人たちは、みんな飲むというたら確実に午前様。信じられないなぁ。いや、しかし昼食会は最近そこかしこで耳にする。簡単な歓送迎会も昼食会で豊かに過ごすところもあるよし。酒無しも酒ありも、和気藹々。よいものだ。

参考
  栞屋蕉庵(京都市 木屋町御池)
  メリーアイランド(京都市 木屋町御池)

  がんこ三条本店(三条大橋西詰め北)
  京はやしや(三条大橋西詰め南)

|

« 辛味大根・おろしそば(京都伏見大手筋・薮そば) | トップページ | 夜麻登志宇流波斯(やまとしうるはし)はミステリではないのです »

出雲研究会2004」カテゴリの記事

美味しいところ」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/12770407

この記事へのトラックバック一覧です: 栞屋蕉庵+メリーアイランド、がんこ+はやしや:

« 辛味大根・おろしそば(京都伏見大手筋・薮そば) | トップページ | 夜麻登志宇流波斯(やまとしうるはし)はミステリではないのです »