« 図南の翼:十二国記/小野不由美 | トップページ | 小説葛野記:20061101(水)晴 »

2006年10月31日 (火)

秋秋秋

 今年も秋に出逢えた。今日は10月31日火曜日。
 木幡の朝夕は寒く感じられる。服飾に興味がないせいか、何を着るのかこの十月は迷っていた。半袖に上着が常だった。明日から11月だから、これもじゃまくさがりの早手回しで、一挙に冬支度にはいってもよいだろう。

 見栄え、装いは大切だと心の片隅では思っている。
 葛野のベランダからキャンパスを眺めていても、教職員や学生の服装をいちいち無意識にチェックしている。「なんだ、あれ!」「おお」「もうちょっと、なぁ」「見苦しい!」と、まあ、人のことは勝手にあれこれ内心思っている(笑)。

 ところが。
 自分の事になると、気をつけなくちゃと、思うのは一瞬。結局、一番楽なようにしてしまう。どうしてしまうかは、こんな公器MuBlog では記せない。
 もしかして、つんつるてんの浴衣に、上からごわごわしたちゃんちゃんこ、それで床に寝転がって本を読んでいるのかも知れない。(まさか、葛野で)

 秋だから。そろそろ、外を走らないと、このままでは本の紙魚(しみ)、マシンソフトのバグ、手入れされない猫ちゃんになってしまう。
 今年も、つまるところは関西圏をうろうろする。
 そう言えば、天橋立は籠神社。九州は香椎宮(古宮はすんだ)、近江京故宮のかずかず。MuBlogに載せたり、秘密のユースケース図、クラスター図に組み込んだり。一方、新たに探検にでかけなくては。

 秋だ。
 私の人生で秋期が一番よい調子になる。春は未知、夏は苦行、秋は収穫、冬は籠もり。四季折々に似合った生き方がある。

|

« 図南の翼:十二国記/小野不由美 | トップページ | 小説葛野記:20061101(水)晴 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/12497545

この記事へのトラックバック一覧です: 秋秋秋:

« 図南の翼:十二国記/小野不由美 | トップページ | 小説葛野記:20061101(水)晴 »