« 宇治・平等院の航空写真(Google) | トップページ | 茶六別館・丹後の宮津・あるいは梅安湯治 »

2006年8月24日 (木)

天橋立(あまのはしだて)

天橋立(京都府宮津市)地図

 この八月、天橋立へ行ってきた。日頃にないことなので、何故と自問してみると、よい景色をみて、美味しいものをたべて、温泉にはいって、~。と、まことに国民性に合致した性向を発見したというわけ。

 この日は一泊どころか、朝にでかけて夕べには帰還していた。
 私は短時間で外界の情報を受容できる範囲で消化し、短時間で眠りにつくようだ。つまり、正午に宿に着いて、温泉も食事も済ませた後は、広い座敷で眠ってしまっていた(笑)。つまり、午睡をしに行ったと言ってもよかろう。なんだか、高校野球がTVに写っていた。早稲田実業が勝った後に目が覚めた。片道三時間、午前七時出発で午後の七時前には木幡に着いた。楽々。

 七月末の北九州旅行も、わずかに一泊二日だというのに、まだMuBlog記事掲載が終わらない。一つ一つ思い出しながら、少し歴史や風土を確認しながら、えんえんとまだ書いている。猫も犬も読まない、だれも読まない記事にこれだけ手間暇かける性分からみて、これはすでにホビーかもしれない(英国では、趣味とホビーとは、異なるもののようだ、と識者が書いておられたぞ(邪笑))。

 というわけで、この天橋立紀行もそうなると、いささか心身に不調をきたすので、これは気楽にさらりと記しておこう。ホビーとは、命がけに近いからなぁ。
 天橋立の景色は今回で終わりだが、実は~。
 丹後一宮・元伊勢・籠(この)神社を午前中にお参りしたわけである。これがとてつもなくやっかいなことになる。どのようであるかと申すと、……。それは近未来のお楽しみ。充分気力を込めて後日に書こう。

 では、天橋立。写真二葉。

天橋立全景

天橋立全景
 これは、麓の籠(この)神社近くから載るロープウェイでみた景色です。終点は笠松公園というところですが、このあたりからの天橋立は絶景です。並行してケーブルカーもありますが、なんとなくこちらを選びました。真っ正面の奥が宮津市でしょうね。右側が地名としての「天橋立」だと思います。

天橋立阿蘇海

天橋立阿蘇海
 これは頂上の笠松公園で例の「股のぞき?」、つまり両足を開いてその間からサカサマに見る、なんともおもしろい風景鑑賞、そういう地点から撮しました。眼下は内海と言ってもよいのでしょう、阿蘇海と、変わった名前が付いておりました。

 というわけで、あっさり、これだけ。
 京都に住んでいて、天橋立は幼稚園にはいる前後に一度だけ父母と行った記憶があるのです。懐かしかったです。

|

« 宇治・平等院の航空写真(Google) | トップページ | 茶六別館・丹後の宮津・あるいは梅安湯治 »

地図の風景」カテゴリの記事

コメント

股のぞき

 写真は、股除きで撮らないとアカンよ!天の橋立にならんからね。(笑)

 私も二回訪問しました。神話の故郷でもあるし、丹後国風土記、羽衣伝説、イザナギ・イザナミ伝説、海部氏の故郷、等々楽しい話で満ちていますね?

 後日のお話、楽しみにしてます。気楽にお願いします。

投稿: jo | 2006年8月24日 (木) 10時37分

そう、その海部氏系図のことですたい~
うむ。数十年前に、それに関しての図書を買っていたのが、この夏、でてきました。

また、こんど。

投稿: Mu | 2006年8月24日 (木) 13時25分

 おっ!またもや取材旅行ですかぁ~?
(天橋立殺人事件)とかなんとか・・。
なんかワタシの手にかかると、陳腐な題になってしまいますが・・。

 (天橋立)といえば、大学生の時に、水泳訓練で行きました。最終日には3Kmの遠泳をしました。ちょうど、訓練中に誕生日を迎えたので、みんなに(胴上げ)をして、祝ってもらいました。
Muさんは(胴上げ)体験ございますぅ~?気持ちいいですよ(笑)。

投稿: wd | 2006年8月24日 (木) 20時25分

「天橋立逆さ風景殺人事件」~、これも陳腐ですね。
 しかし、取材旅行だなんて、どこからそういう話になるのやら。単純に、風呂に入りにいっただけです。
 取材費がでるならどこでも行く用意はありますがね。
 胴上げは、記憶にはないです。あれは、共同謀議で、墜とされると死に至るでしょうね。
 ともかく、wdさんの「伊良子旅行」とかいう記事をちらちら見ていますが、ものすごい風景ですね。つまり、日本離れした展開です。海は、素晴らしいと思いました。

投稿: Mu | 2006年8月24日 (木) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/11582575

この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立(あまのはしだて):

» 茶六別館・丹後の宮津・あるいは梅安湯治 [MuBlog]
承前:天橋立 茶六別館(京都府宮津市島崎)地図 温泉(外に岩風呂)「小町」  池波正太郎さんによると、仕掛人梅安さんたちは、大仕事を終えると大抵熱海あたりに長湯治へでる。もちろん身を潜める意味もあろうが、やはり大枚ずっしりとした黄金を手にするからだろう。しかし不思議なのは、湯治というもの、何日も何日も美味いものたべて温... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 18時57分

» きょうの「個メディアン」さん 2006年8月24日 [個メディアン応援隊(京都府北部版)]
きょう書かれた記事へのリンクと、このサイトの管理人からの一言コメントです。 認め... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 07時03分

« 宇治・平等院の航空写真(Google) | トップページ | 茶六別館・丹後の宮津・あるいは梅安湯治 »