« 日本沈没第二部/小松左京、谷甲州 | トップページ | 男たちの大和(DVD)/辺見じゅん原作、佐藤純彌監督 »

2006年8月20日 (日)

NHK功名が辻(33)異なる質

承前:秀吉と家康

  近江八幡(関白秀次の開いた町)地図
  淀城(茶々、後の淀君居城)地図

 功名が辻は一晩でいくつものエピソードを重ねるので、あとになってなにを思い出してよいのか迷う。兄弟喧嘩があった、一豊たちの母が死んだ、秀吉がキリシタンバテレンの追放を命じた、一豊の弟・康豊はどうやらキリシタンのガラシャ夫人を見そめたようだ、しかし千代たちの斡旋で別の娘さんと結婚した。秀吉はついに茶々に手を出した。その前夜、石田三成と茶々の主従の恋が流れる。その間、正妻ネネ・グループは、近江勢(茶々、三成)への対抗心を抱く。
 大坂城、長浜、近江八幡、都の聚楽第と、場所も次々と変わる。

 以前からうっすらと気付いてはいたのだが、このドラマをみていると、はっきりと後の関ヶ原が分かってきた。いや、わかるように構成してあるのかもしれない。後日に、正妻ねねと、側室茶々との争いに割って入ったのが徳川家康だったと理解しやすく、もうドラマは準備している。このころから石田三成が茶々に付いていたならば、今夜からおよそ十七年後の1600年、関ヶ原の両陣営は分かってしまう。

 それと、女性に城を与えるということも、はじめから「淀君」と頭にあったので、淀城に住んでいたから淀君という考えも、淀城をもらったから淀君と考えを変える必要に迫られた。古来、歴史上側室レベルで城持ちになった女性は、いたのだろうか? 思い出せない。もしかしたら、淀君は特筆に値する人だったのかも知れない。権力者の、寵の重さにおいても、城持ちであるということについても。秀吉に迫られた茶々が「さあ~」と、言うたのには失笑した。しかしなお、あの場合、茶々は秀吉の寵をうけざるをえなかった。なぜなら、政治的には、茶々の存在価値はほとんどなかったはずなのだから。追い出されぬためには、秀吉の機嫌をとらざるを得ぬ。三成との恋を表沙汰にすることは死を意味していた。

 かくしてドラマの終わりは、千代が門前の捨て子を抱きかかえるところで終わった。
 山内家が土佐でその後どうなったかは、今の捨て子を実子扱いの養子としたのだろうか? 弟はどうなるのか。関白秀次も、秀吉に子が生まれて微妙な立場になった。その守り役の山内一豊も来週あたりは難しい分かれ道にたつことだろう。関白秀次は、後日、一族皆殺しの災厄にあう。逆に、一豊さんはよく無事にきりぬけたものよと、冷や汗がわく。と、これらは後日のこと。まず、あの拾い子がどのような数奇な運命にまきこまれていくのか、現代ドラマも往時の講談のように、次は? 次は? と、気持を惹く。

 ではたのしみに。

|

« 日本沈没第二部/小松左京、谷甲州 | トップページ | 男たちの大和(DVD)/辺見じゅん原作、佐藤純彌監督 »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(33)異なる質:

» 功名が辻*母の遺言 [せるふぉん☆こだわりの日記]
今回はとうとう、一豊・千代にとっての母上、法秀尼の最期の回でした。 考えてみれ [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 00時27分

» 第33回「母の遺言」/功名が辻 [「人生のテーマソング」]
秀吉(柄本明)は九州攻めに自ら兵を率いて出陣、秀次(成宮寛貴)は留守居役を命じられ、宿老である一豊(上川隆也)たちも大坂に残ることになった。槍働きができず、いらつく一豊は、些細なことで弟の康豊(玉木宏)と衝突を繰り返す。見かねた千代(仲間由紀恵)は、法秀尼(佐久間良子)の元を訪れた。だが、法秀尼は病に倒れ、布団に横たわっていた。驚き看病にあたる千代。夜になり、一豊・康豊が法秀尼の庵に飛び込んで来た。二人が見たのは、顔に白い布をかけられ横たわる母の姿だった。脱力する兄弟に、千代は法秀尼の遺言を口伝え... [続きを読む]

受信: 2006年8月26日 (土) 14時06分

» NHK功名が辻(34)聚楽第と鶴松 [MuBlog]
承前:(33)異なる質  今夜は聚楽第や後陽成天皇が登場。またまことしやかな話だが、千代の作った金襴緞子唐絹端布のうちかけが天皇の目にとまったとか、逸話。  一方、淀殿は鶴松を生んで、「豊臣の女」になったのも、なにやらまことしやかな話。生まれたのは事実だろうが、なぜ今頃秀吉に子ができたかは謎。  そして京童のうわさは「... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 21時32分

« 日本沈没第二部/小松左京、谷甲州 | トップページ | 男たちの大和(DVD)/辺見じゅん原作、佐藤純彌監督 »