« 夏の充実時間 | トップページ | 北九州の旅:門司港レトロの午後 »

2006年8月13日 (日)

NHK功名が辻(32)秀吉と家康

承前:(29)小牧・長久手・家康

 大坂城(大阪市中央区大阪城)航空地図

 今夜蜂須賀小六が死んだ。秀吉が妹旭だけでなく、母をまで家康に人質に出そうとしたので、怒りの余り、憤死した。脳溢血のように見えた。この蜂須賀家は幕末まで残った。阿波、淡路両国の徳島藩として25万石、外様大大名であった。
 秀吉は知らぬ間に関白(従一位)となっていた。位人臣(くらい・じんしん)を極めるとはこのことなのだろう。朝廷からの官打ちというよりも、むしろ秀吉がむしり取った雰囲気だが。

 それにしても、家康懐柔にでかけた山内一豊は、家康から千代の賢女ぶりをほめられ、「大阪に帰ったなら、秀吉の妹よりも、山内の妻女をもらい受けたい」と、秀吉に言うようにいわれ一豊は愕然としたが、これは家康の戯れ言ですんだ。千代の才女ぶりは、そこここで噂されていたのかも知れない。なんとなく、一豊は家康のもとに使者に使わされることが若年から多かった。大抵、家康に逆に懐柔されっぱなしがおもしろいが、今回は、なんとか旭の輿入れが決まった。そのあと、続けて秀吉の母親も家康のところへ人質に出た。

 大坂城で秀吉と家康とが対面したとき、家康は秀吉の派手な陣羽織を所望し、座が緊張した。陣羽織は兵馬権をあらわすのだろうか、参謀黒田が家康を制した。しかし、「殿下は、もう戦にでる必要はありません。家康が、代わって戦をいたします」というセリフで、決着がついた。
 両雄が折り合いを付けるには、それなりの儀式が必要だと思った。

追伸
 事情で、30回、31回をお休みした。どちらかで長浜地震があって、千代は娘を亡くしたはず。見なくてすんだのも、また、よかったと思っておこう。

|

« 夏の充実時間 | トップページ | 北九州の旅:門司港レトロの午後 »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました!いや~、先週はほんと観なかったほうがよかったと思います(笑)あれを観てから気分戻すんに多少時間がかかりましたから(笑)

投稿: てれすどん2号 | 2006年8月13日 (日) 22時57分

てれすどん2号さん。はじめまして。

 人からの噂では、千代の娘さんがなくなって、千代が茫然自失。ふらふらと町を彷徨って、細川ガラシャと出会って、いつのまにか、キリシタン、バテレンの世界に足を入れた、~そういう話でしょうか。
 千代はキリシタンになったかなぁ?

 たまに観ないと、いろいろ想像して、おもしろいものです。

投稿: Mu | 2006年8月14日 (月) 05時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(32)秀吉と家康:

» 大河ドラマ・功名が辻〜人柱、旭姫! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
大河ドラマ・功名が辻ですが、今回は、秀吉の妹旭姫輿入れや家康が臣下の礼をとるなど歴史的事件もたくさんあり面白かったです。 旭姫が松本明子なのですが、思ったより芝居が上手いと思いました。野口五郎さんも今回は目立っていました。(感想以下に続きます)... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 22時20分

» 功名が辻のすばらしさを語ろうの会 別れから生まれるもの [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
そういえば前回はテンションガタ落ちの回やったよな。一週間かけて、僕自身もだいぶ元気なれたので、無理に思い出さないようにします(笑) [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 22時54分

» 功名が辻 第32回 [ななさんにトラックバック]
{/shootingstar/}オープニング ”独身”家康。 独眼竜政宗じゃないけど、「独」ってカッコイイ。 {/shootingstar/}本編 千代を見舞いに来た寧々・・・と思ったら家康上洛の秘策(家康の正妻に秀吉の妹である旭姫を嫁がせる策略)を千代に告げ、千代も手伝えやぁ〜・・・って寧々もあんまりです。 千代は秀吉の母(菅井きん)に相談。 菅井きんは威勢よく秀吉を引っ叩きます。自分が代わりに人質になるとまで…。 し�... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 10時35分

» 功名が辻 [Fere libenter homines id quod volunt credunt]
第三十二回「家康の花嫁」 これまで大河ドラマで北政所が登場してきた。しかし、 今回の浅野演技の北政所ほど戦国の女を見せた [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 20時36分

» 「功名が辻」三十二回 [リリコ雑記]
秀吉の妹、旭の輿入れ話がメインでしたが、そんなことよりも猿と狸の化かし合いが楽しかった今回。お互い一本も引かないのもそうだけど、絶対秀吉には屈しないという、家康のその態度には天晴れです。 [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 09時44分

» NHK功名が辻(33)異なる質 [MuBlog]
承前:秀吉と家康   近江八幡(関白秀次の開いた町)地図   淀城(茶々、後の淀君居城)地図  功名が辻は一晩でいくつものエピソードを重ねるので、あとになってなにを思い出してよいのか迷う。兄弟喧嘩があった、一豊たちの母が死んだ、秀吉がキリシタンバテレンの追放を命じた、一豊の弟・康豊はどうやらキリシタンのガラシャ夫人を見... [続きを読む]

受信: 2006年8月21日 (月) 19時06分

» ニッポン1周リレー〜四国編〜 [ニッポン1周リレー〜四国編〜]
若者が日本をチャリンコで一周しながら「ニッポンのいぃ所」を探しだす! ”ニッポン1周リレー【四国編】”の走者ブログです。 [続きを読む]

受信: 2006年8月24日 (木) 22時43分

« 夏の充実時間 | トップページ | 北九州の旅:門司港レトロの午後 »