« 七月ですね | トップページ | NHK功名が辻(26)五藤吉兵衛の死 »

2006年7月 2日 (日)

『日本沈没/小松左京』その壱

 昨夜遅くまで『日本沈没』を読んでいた。上下二冊のうち、下の最初の方まで読み進み、眠った。
 最初に読んだ頃、つまり20代の末の印象よりも鮮烈なイメージがわいた。

 あのころは私自身が根無し草のような気持でいたのかもしれない。だからたやすく、日本が沈んでなくなってもいいじゃないか、という実に安直な気持で世界をみていた。ニヒリズムといえば聞こえはよいが、つまりは、想像力が貧困だったのだ。自らの目先のことに心をうばわれてしまっていたからなのだろう。

 ところで、まだ完読もしていないのに、6割程度読んで、小説の感想文を書き出すのは、これまであまりなかった。
 こらえ性がなくなったのか、短気になったのか、分析したわけではないが、こういうやり方もあってよいだろうし、妙に書きたくなったわけだ。

 いくつか気になったというよりも、なにか肺腑を突かれたところがあった。

1.東京大地震が、京都大地震の一年後に起こったのだが、この描写がものすごかった。250万人が死亡。その多くは、備蓄石油や、化学薬品の爆発炎上による、高熱や毒ガスに倒れた。シアンも発生し、瞬時に万のレベルで死んだ。
 東京という密集地帯でのこの大災厄は、小松左京の緻密な延々とした状景描写によって、息が詰まってくる。マグニチュード8.5の地震が東京湾沖合30キロの海底で発生すると、生きているのが奇蹟に思えた。

2.その一年前、大文字の送り火を眺めながら、鴨川の床で杯を傾けていた者達が、その一瞬後に壊滅的になった状景も、非常に印象に残った。
 このイメージは30年前からずっと残っていたので、惨状を読み返しながらも、記憶に心地好かったが、これも、木屋町祇園界隈が壊滅し復興すらできないことに、心痛が激しかった。

3.政治家のトップ。つまり首相の権力とカリスマ性について、思いを新たにした。
 いまなら小泉さんが該当することになるが。
 要するに、政治家はときどき、暗黒の未来に向かって決断をしなければならない。それは人間の出来ることではなくて、その決定の一瞬は、神か悪魔になっているかもしれないという、凄惨な姿だった。
 うまく行っても、行かなくても、大衆・民衆のための生贄であるという、怖い立場が丁寧に書いてあった。
 リアルだった。

4.マスコミや政治経済の情報操作に、踊らされているようで、踊ってはいない大衆の肌で感じる世界認識について、うむ、とうなずいていた。大衆が賢明だとは書いていないし、私も大衆は馬鹿だと思う。しかし、全体を通してマスコミの声高な屁理屈にうなずき納得しながらも、結局大衆は肌で感じた未来を知っているという、事実。

5.若者への手厳しい批判があった。肌で感じる経験も少なく、考えも浅薄で、行動が傲慢で派手な若者達が、日頃我慢している大衆に次々と撲殺されていく様子は、地獄絵だった。大衆は、いつも我慢している。会社に対して、隣近所に対して、家族を養うために、もくもくと恥をかき、いやな仕事をし、我慢している。せめて息子や娘たちだけは、まともに大学を卒業し、就職できるように、せっせと仕事している。その我慢が、突発的な災厄のなかで、プチンと切れる。
 現代の風潮だと、各地の少年鑑別所がわけもなく襲われる予感がした。
 阿鼻叫喚が耳についてきた。

6.肝心の、日本が沈没して無くなる事への痛み。
 これが私にも乗りうつってきた。
 国土を無くし、国家を無くすことの痛みが身内を走り抜けた。
 それだけではない。
 愛宕山も比叡山も、宇治平等院も、飛鳥の酒船石も、法隆寺も明治村も、嵯峨野も、大覚寺も嵐山も、……。全部無くなってしまう。
 やがて、日本語も無くしてしまうのだろうか。

*.完読したなら、また書いてみよう。
  この図書は、緩やかな意味で、倒叙小説なのだ。

|

« 七月ですね | トップページ | NHK功名が辻(26)五藤吉兵衛の死 »

読書余香」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/10756405

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本沈没/小松左京』その壱:

« 七月ですね | トップページ | NHK功名が辻(26)五藤吉兵衛の死 »