« いつもの日曜日の夕方 | トップページ | 授業風景ビデオから写真抽出 »

2006年7月23日 (日)

NHK功名が辻(29)小牧・長久手・家康

承前:(28)昇進・傷心

犬山城地図

 今夜は家康の表情がこれまでと違ってきた。いよいよ天下取りの合戦に腰を上げてきたのだろう。兵力三万数千。武田武士が混じった、三河軍団と考えて良かろう。

 秀吉の表情も、甲高い声も、佳境にはいってきた。
 話は変わるが、徳川軍団麾下の石川一正というヒトが気になる。この人は、徳川を離れる。何故なのか。このドラマで詳細が描かれるとは思わないが、気になっている。

 今夜の結論は、大坂城の秀吉に呼ばれて、一豊はついに、長浜城を託された、二万石。

|

« いつもの日曜日の夕方 | トップページ | 授業風景ビデオから写真抽出 »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(29)小牧・長久手・家康:

» NHK功名が辻(32)秀吉と家康 [MuBlog]
承前:(29)小牧・長久手・家康  大坂城(大阪市中央区大阪城)航空地図  今夜蜂須賀小六が死んだ。秀吉が妹旭だけでなく、母をまで家康に人質に出そうとしたので、怒りの余り、憤死した。脳溢血のように見えた。この蜂須賀家は幕末まで残った。阿波、淡路両国の徳島藩として25万石、外様大大名であった。  秀吉は知らぬ間に関白(従... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 21時30分

« いつもの日曜日の夕方 | トップページ | 授業風景ビデオから写真抽出 »