« 祇園祭り、宵山と木幡 | トップページ | 花のなごり、殘花餘語/保田與重郎 »

2006年7月16日 (日)

NHK功名が辻(28)昇進・傷心

承前:(27)越前・北の荘炎上

 NHKの「功名が辻」がよいと思うのは、山内一豊と千代、それぞれの俳優が良かったからなのだろう。
 仲間さんは私がいわなくても、男性ファンが多かろう。
 一豊さんの、ぼよよんとした、様子がきわだってよい。

 若いものたちが、一挙に3000石、5000石加増され、同輩ふたりは万石の城持ち大名。しかるに山内はわずかに300石にすぎなかった。あわせて3000数百石。

 こういう論功行賞のアンバランスは、渡す方も受け取る方も危険だと思った。
 往時は命がけの功名だから。

 で、山内一豊は苦しい立場に立った。
 一応、母親の説得によって立ち直ったが。
 さて、来週はどうなる。
 

|

« 祇園祭り、宵山と木幡 | トップページ | 花のなごり、殘花餘語/保田與重郎 »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(28)昇進・傷心:

» NHK功名が辻(29)小牧・長久手・家康 [MuBlog]
承前:(28)昇進・傷心 犬山城地図  今夜は家康の表情がこれまでと違ってきた。いよいよ天下取りの合戦に腰を上げてきたのだろう。兵力三万数千。武田武士が混じった、三河軍団と考えて良かろう。  秀吉の表情も、甲高い声も、佳境にはいってきた。  話は変わるが、徳川軍団麾下の石川一正というヒトが気になる。この人は、徳川を離れ... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 21時17分

« 祇園祭り、宵山と木幡 | トップページ | 花のなごり、殘花餘語/保田與重郎 »