« 6月20日・祝祭日のハッカと黒蜜寒天 | トップページ | 日課と日曜の夕方 »

2006年6月24日 (土)

ゼリー大福

 朝からぽてんりんことねころんで、天井を見ていました。
 身体は元気なのですが、なにかしら木幡研にいついてしまって、部屋のなかをぞりぞりと歩き回っておりました。

 三時になったころ。
 テーブルに呼ばれて、なにかとおもったら、ゼリー大福がありました。
 小さなプラスティックの器に、透明なゼリーがあって、スプーンでしゅこしゅこと上辺ゼリーをつついて吸い出し、やがて、大福餅につきあたりました。直径1センチ5ミリほどのプチ大福です。

 なんともびみょうな、良き味でした。
 ちなみに、そのお店は歩いて数分のところにある、和菓子屋さんです。
 雪見大福とかイチゴ大福の、超有名な所です。

|

« 6月20日・祝祭日のハッカと黒蜜寒天 | トップページ | 日課と日曜の夕方 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/10659155

この記事へのトラックバック一覧です: ゼリー大福:

« 6月20日・祝祭日のハッカと黒蜜寒天 | トップページ | 日課と日曜の夕方 »