« NHK功名が辻(23)敵は本能寺 | トップページ | 六月の木幡ガーデン:紫陽花 »

2006年6月13日 (火)

立原道造の別れ

 夕方葛野研で、疲れてぼんやりしていると、目に立原道造の特集がはいってきた。
 中をのぞいてみた。

---それが、私たちの別れであつた。……
  Ⅱ
 ある夏の日であつた。
 そのとき私ははじめて、私のなかに、
 しづかに集つて来て熟する憧憬の泉が脈打つのをきいた、生まれてはじめて、
 私の外に、花はにほひ 風はそよぎ 白い昼が訪れた
 私はおまへをそのとき見た ふしぎな未来につつまれて
 まつくろな瞳でおまへは私をそのとき見つめたのを
 ~(略)

 詩なんだと思った。気に入った言葉がいくつもあった。
 「憧憬の泉が脈打つ」
 しょうけいとも、どうけいとも読む漢字だが、私は以前からどうけいと読んでいた。なにかにあこがれる気持ちなんだろう。泉があるようだ。私にあったのかどうか、あったのだろう。そしてあこがれる先は、いつもぼんやりしていて、それが人か物か未来なのか、判然とはしなかった。いまも。
 花が匂い、風がそよぎ、白い昼がまわりにあるというイメージは、私にはずっと明るすぎる情景だから、ここは道造さんとちがって、黒い夜が訪れた方が、気持ちが落ち着く。
 「ふしぎな未来につつまれて」
 これは、これをここにはさんだ道造さんの気持ちがよくわかる。分かるのだが、それを説明するとなると、なんとも言いようがない。未来につつまれて、これが主だ。そして、それがふしぎな未来なのだ。これが詩なのだろう。
 そして。
 私は男性だが、女性から見つめられることはあまりない。少年期はたしかにあった。真っ黒な大きな瞳で見つめられることを想像すると、今でも心がさわぎ、脈打つ。生きている証なのだろう。

 それにしても、詩。
 ことばをこんなに上手に繰り出して、その情景をくっきりさせる詩語。と思ったのだが、ここに使われている言葉に何一つむつかしいものも、そして斬新な単語もない。ごく普通の言葉がつらなって、なぜこんなに気持ちを惹きつけるのだろう。だから、詩。

 現実と詩世界を比べるのは野暮な話だが、黒い瞳というものを、どんなイメージよりも鮮烈に思い浮かべることができるのに、それを現実の中にもとめてみると、どこにもそんな瞳はなかった。
 そうしてみると、詩とは、此の世にないものを、しっかりと作り出すほどに、強烈な力をもった様式なのだろう。

 詩とは、すばらしいと思った、梅雨の葛野の夕べでした。

参考
 立原道造(国文学解釈と鑑賞、別冊)平成13年

|

« NHK功名が辻(23)敵は本能寺 | トップページ | 六月の木幡ガーデン:紫陽花 »

イメージの素」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立原道造の別れ:

« NHK功名が辻(23)敵は本能寺 | トップページ | 六月の木幡ガーデン:紫陽花 »