« 日々雑感:老後のこと:裁判の行方 | トップページ | 勤王志士・古高俊太郎邸跡と、しる幸:私の京都・河原町通{四条→三条} »

2006年5月17日 (水)

定番の寄り合い:鳥せい伏見本店

鳥せい(京都市伏見区上油掛)地図
  グルナビ情報

定番の鳥せい伏見本店

定番の鳥せい伏見本店
 四月も終えて、五月病のGWも終えて、なんとなく疲労感がただよう日々、すこしでも気持ちがみなみな晴れるように、寄り合いを催した。集まれるものだけ集まって、あれこれ考えるのもおっくうなので、いつもの定番、伏見港、鳥せい伏見本店に集まった。定番の良さは、気持ちがいらつかず、料理に迷いもないので、格別なものだ。
 何を話したかは覚えていない。なんにも話さず、むしゃむしゃと、食べている内に皆の顔色に喜色がもどってきた。四年生というのは、就職活動や卒業論文やら、もろもろあって、気持ちが落ち着かない日々のようだ。そういうときは気心知れた者で、うまいモン食べて、おっとりしたら、落ち着くような気がしていた。で、そんな雰囲気になって、よかった。

鳥せい伏見本店前と、妖しい鳥
 この暖簾を背景にこれまで何十回写真をとったことか。通い始めて30年は経つ。それぞれの、伏見港がまた、昨夜もあった。機嫌の良さそうな顔をみていると、私も笑い顔になる。道行く人たちも、写し終えるまで前を通るのを待ってくれていた。ありがとう。
 鳥も写しておいた。ものすご美味しい、骨ばりばりなんだが。そしてお値段も格別なんだが。名前は明かさない。今朝、耳にしたところ、だれかがこの鳥をペットにしているらしい、バリボリ(笑)。

鳥せい伏見本店前

宇治の田舎の喫茶店

宇治の某所
 おっとりした夜だったし、酒ザル学生もいなくて、私は例によって伏見水ばかり飲んでいたので、出たときも明るかった。そうそう、割り勘だった。みんな、私的寄り合いは割り勘のほうが気楽なんだ。で、あんまり夜が明るい時間なので、ひとっ走りした。宇治川が黄昏に映えていた。巨大前方後円墳も車中案内した。しかし到着した頃には、夜が始まっていた。なかなか幻想的な喫茶店だった。

お茶を楽しく待っている学生たち
 五月の夜風は肌に心地よかった。随分気に入ったようだ。なんとなくワイルドで、幻想味たっぷりで、町中では見られない喫茶店に、喜んでいた。伏見からも遠隔なので、ここまでディープな地場を案内することは皆無なのだが、まあ、思い立ったときが吉日。しかし、なかなか席をはなれない風情にはとまどった。時間を見ると、深夜8時(笑)を過ぎてしまった。あはは。むづかる三人を店から引き離して、まとめて連れて帰った一夜でありました。

待つ女たち

|

« 日々雑感:老後のこと:裁判の行方 | トップページ | 勤王志士・古高俊太郎邸跡と、しる幸:私の京都・河原町通{四条→三条} »

美味しいところ」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

(宇治の田舎の喫茶店)の写真が、ちょっと小さすぎやしませんかぁ~?

投稿: wd | 2006年5月17日 (水) 17時45分

Wdさん
 初老が深夜(午後8時前ですがぁ)、若いモン達を引き連れて骨休めしているという、そういった、言うに言われぬ「カッコ付け」というか「強がり」をちょこと見せるための画像ですので、むさくるしいオジサンは小さくてよかろうという、複雑な美的配慮の結果、この大きさになりました。
 虫眼鏡などご利用願えれば、よろしいかと~。

投稿: Mu→Wd | 2006年5月17日 (水) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/10112597

この記事へのトラックバック一覧です: 定番の寄り合い:鳥せい伏見本店:

« 日々雑感:老後のこと:裁判の行方 | トップページ | 勤王志士・古高俊太郎邸跡と、しる幸:私の京都・河原町通{四条→三条} »