« 『蛇神祭祀』(はむかみさいし)の連載 | トップページ | 雨が続く春でした »

2006年4月 9日 (日)

NHK功名が辻(14)長浜城

承前[MuBlog:功名が辻(13)浅井長政の悲劇

長浜城跡(滋賀県長浜市公園町)地図
長浜城歴史博物館

 長浜は何度か行っている。黒壁ガラス館とか、街づくりで成功したようだ。大きなお寺や、蕎麦屋さん、町並み。なにか、まだ見ていないが、恐竜に関係するおもしろい展示もあるらしい。(伝聞)
 今夜のドラマで気に入ったのは、千代のセリフだった。つまり、湖北、琵琶湖は美しいが、寂しいと言っていた。これはいままで私は自分の中でも、人にも言ったことも書いたこともないが、たしかに、寂しい。静謐は寂しさ、涼しさを感じさせる。深い水底と、水鏡。だから湖畔の温泉は対比があって、思いがこもるのだろう。

 さて。予告編のクノイチ「小りん」は来週の予告だが。あいかわらずホームドラマの装いは多々ある。で、それが生地と思った方がよいとも考え出した。今夜のネタなら、秀吉の女狂い、秀吉の母と妹、そして山内家の内風呂。この間を、千代が縦横にかけていく。周旋しているふしもある。

風呂
 先年晩秋に、木幡研も風呂を新調した。たしかに良いものだ。
 500年近く前の内風呂も、蒸し風呂ではなくて、現代と同じ様式の風呂を使っていた。湯栓が千代という人力以外は、構造的におなじだから、「極楽、極楽」というセリフがよく伝わってきた。これは400石加増と、150石の朋輩達との差だった。その風呂を朋輩達の妻が、千代の好意で使ったことが、150石・亭主の気持を逆立てた。資産、石高の違いが日常の細かな面で現れてくる。それが、今後ますますかけ離れていく。
 400石というと、年収一億六千万円程度か。これだと、郎党を養って、風呂を新調するくらいの贅沢はできるだろう。

秀吉の母と妹・旭
 兄さんが城持ちになると、親類縁者兄弟が影響を受け出す。妹の旭は、史実だから記しておくが、将来たしか家康に嫁ぐことになる。名古屋弁丸出しというのか、名古屋をよくしらないから分からぬが、在で野良仕事をしていた百姓夫婦が、武家の世界に組み込まれていく悲喜劇がもう現れてきた。それにしても、尾張の言葉って、ものすご猫語に近いなぁ。ほんとうなんだろうか。

秀吉の女狂い
 秀吉ときたら、まことに病気だったのかもしれない。
 ……。
 この部分は、千代とネネとのホームドラマ仕様。
 現代と多少雰囲気がことなるのは、別れるとか離縁するとかは、秀吉が言い出さないところだろう。側室になることの、女性側からみた当時の利点は、通例は喰うて行けることと、子をなせばしかるべき待遇を受けられるというところだろうか。光源氏のように四季折々豪壮な家屋敷を造って、それなりの仕送り(笑)をするのだから、お金がないとできない。なにしろ、一人二人の数ではおさまらないのだから。
 当時男性の、社会的地位の証だった。しかし、人の心は昔も今もそれほど大きな違いはない。昨年なら、北条政子は、頼朝の愛人の家に放火した。ネネは後世、秀吉亡き後、愛妾淀君の大坂城を支援せず、家康に荷担した。

*というわけで*
 長浜にある、お城博物館の展望台に立って、琵琶湖を眺めたくなった。冬は北国の風情だろうが、春から夏、秋にかけて、あのあたりの眺望、そして穏やかさは、なんとなくイメージできる。

|

« 『蛇神祭祀』(はむかみさいし)の連載 | トップページ | 雨が続く春でした »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

戦国時代のおかみさん

秀吉のネネ、前田利家のマツ、一豊のチヨ、どうも皆さんやり手だったようですね。どうも相撲部屋のおかみさんを連想してしまいます。

一族郎党を表を束ねるのは、主人で裏の世界を束ねるのは、おかみさん?結構、権力を持っていたんとちゃいますか?

古来、サイフを握ったモンは強いですよね?さて、現代はどないなってますかね。(笑)

投稿: jo | 2006年4月12日 (水) 11時52分

→jo | 2006/04/12 11:52:17

 ごぶさたしとります。
 貴兄の「よいとまけ」は、興味深く読んでおります。とはもうしても、いまだ、ぼんやり~です。

 山の神が、後ろで采配執るのは人類史開闢以来のことでしょう。戦国の生死にかかわる日常だと、旦那は後ろを見る気力も失せることでしょうね。一応、矢は前から飛んでくるものです。たまに、後ろから刃がふりかかると、あっけない。

 現代も、まあ、似たようなモンでしょうね。

投稿: Mu→Jo | 2006年4月12日 (水) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/9507404

この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(14)長浜城:

« 『蛇神祭祀』(はむかみさいし)の連載 | トップページ | 雨が続く春でした »