« TEロレンス・バイク・ドラキュラ・廃藩置県の夜 | トップページ | 長岡京市立図書館の風景 »

2006年3月 3日 (金)

二十一万アクセス

承前 二十万アクセス、おお!

 先回の20万アクセスが丁度一月末だったので、今日三月三日の21万アクセスは、短い二月を勘案するなら、丁度一ヶ月ということになる。ペースは以前に戻ったようだが、月に一万はMuBlog作者にとってはいささかキツイ。騙る、語る種はつきないのだが、そのためのキーボード・マウス操作が過重になりがちだ。感覚的には、記事を載せれば、そしてそこに固有の言葉、いやむしろ名詞、「邪馬台国」とか「石舞台」とか「金魚」とか「葛野」と出ていれば、なにかしらYahooやGoogleの検索エンジンでヒットする。

 耳にした話では、ココログの親ニフティーは、なかなかblog世界でメジャーになっているので、それなりの利用者数が最初からいるようでもある。いつも申すが、職業柄多数の学生ないし卒業生がいるので、ついちょっと覗きにくる事例も多々あると聞く。そのうえ、知り合いの数名が活発すぎる(笑)blog活動を日々営んでいる。相互参照が多い。そんなこんなの、月一万アクセス。

 とはいうものの、振り返れば、重い、暗い、ややこしい記事が多く、読者に難渋感を与えているだろうに、それでもかつかつ一定水準のアクセスを得ていることは、喜びである。てらいなく、気負いなく、述懐するならば、「多少わかりにくい記事でも、毎日書いていると、月に一万回程度のアクセスがある。それは、この世間は広い(変人が多い)ことと、検索エンジンが普及していることと、一定のblog仲間がいるからだろう」と、記しておく。

追伸
 そう言い切った上で、なお、異なり数を考えると、おそらく常連読者は一ダースに満たないだろう。私の、実に狭い世間が、ひしひしと分かってくる。

(1)本日記録
 対象日: 2006年03月03日(金)晴れ曇り雪
 観察時間:15:49
 合計数:128(本日)

  累計アクセス数: 210001
  1日あたりの平均: 293.30

 記事数: 668 | コメント数: 3101 | トラックバック数: 458 | ライター数: 1
 コメント数、トラックバック数、ともに微増。活発では無いとも言えるし、また、沈静・安定化傾向ともいえる。

  現在利用中のプラン: プロ
  利用可能なディスク総容量: 10,000 メガバイト
  利用中のディスク容量: 204.242 メガバイト (2.04%)
  ココログの利用開始月: 2004年3月

(2)先週:検索ワードランキング(4件以上のみ)
 対象日: 2006年02月20日(月)~ 2006年02月26日(日)
 合計数:1715

順位 検索ワード 件数
1 じぶり 57→61
   60 みたかのもり 4

最近、この「じぶり」がまったく分からない。MuBlogにとっては大昔の記事なのに、毎週アクセスがある。最近みて驚いたのだが、幾つかの検索エンジンでは、最初の頁とか、先頭に!MuBlog記事がヒットする事例もあった。こういう世界のことは本当によくわからない。へたな写真と、短い感想(しかも、私は未踏地)しかない記事にアクセスが重なると、わけがわからなくなる。逆に、これまでの幾つかの記事でも、数日間、数週間、検索エンジンの先頭グループに入った物があるので、そういう記事を分析すると、この時代「ヒットする」がどういう要素なのかわかるかもしれない。ただ。私は、暇人じゃないので、そんなに無理してまでヒット増加は考えていない。(ヒット数に応じて給与が倍額とかの話なら、研究しつくすかな(笑))

2 地図 31
3 京都 31
4 ハードディスク交換 20→108
  5 ハードディスク 19
  6 ノートパソコン 18
  9 交換 13
  10 ノート 12
  16 メビウス 8
  45 シャープ 5
  46 sony 5
  56 prius 4
  64 vaio 4
ノートパソコンのハードディスク関係が大きいのは、メーカー修理がじゃまくさかったり、パーツ屋の普及によって、初めての人でもスッピンのハードディスクを一万円前後で入手できることが知られてきたからかもしれない。ただ、最近のパソコン保証期間は三年程度あるそうなので、わからない。三年たってもハードディスクを無料交換してくれるのだろうか? ただ、昔から言われてきたことだが、ハードディスクドライブは常時5000~7200回転するものだから、いわゆる消耗品と考えてもよいパーツだろう。メーカにとってもこういう物の保証は、しんどいと思う。たとえば自動車で、タイヤがへったから無料交換してくれと、三年後にいわれても、メーカーは困るだろうな(笑)。

7 佐野藤右衛門 16→33
  23 桜守 7
  37 佐野 5
  44 桜 5
いよいよ狂桜の季節が近づいてきました。しかし、……。昨年の狂乱を思い出すと、ぞっとする。写すのはそれほどきつくない。整理、選別、掲載が肩や目を破壊する。まあ、ちょこっと、だけにしときましょう、今春。

8 写真 13
11 木幡池 11→15
  65 木幡池の魚 4
12 功名が辻 10→48
  17 新撰組 8
  20 茶母 7
  22 お市の方 7
  29 義経 6
  30 竹中半兵衛 6
  62 NHK 4
13 森博嗣 10→21
  39 退職 5
  31 名古屋大学 6
なにもね、有名作家のN大退職をMuBlogでご覧にならずともよろしいのに。なんの裏話もないです。ただ、分野は異なれど、私も小さな大学のセンセをしておりますので、大学村の雰囲気はちょっと共通のこととしてわかるところがあります。それより、私の「森博嗣作品論」じゃなかった、読書感想文に、もっと来てくださいよぉ~。すでに森作品感想文記事は数点あるんです。

14 うどん 9
15 奈良 9
18 ダヴィンチコード 7→15
  63 コード 4
  66 ダヴィンチ 4
19 ブログ 7
21 伏見 7→16
  41 月の蔵人 5
  67 魚三郎 4
24 ミスタースタンプスワインガーデン 6→16
  34 ワインガーデン 6
  68 ミスタースタンプ 4
この記事は、写真と文章ともに、いささか自負があります。実にその時のワインガーデンの様子をくっきりと描ききっておりますなぁ(自画自賛)。ちょっとグーグルなんかで試してみましたが、あんまりネットで宣伝しないお店のようです。だから、MuBlogに時々流れ着いてくるのでしょう、お客さん。

25 近親相姦 6
26 騒動 6
27 森正 6
28 常照皇寺 6→10
  54 じょうしょうこうじ 4
32 blog 6
33 明日の 6
35 嵐山 6
36 キルヘボン 6
38 解説 5
40 出雲 5
42 映画 5
43 弁慶 5
47 木曾の最期 5
48 壬申の乱 5
49 石舞台 5
50 新京極 5
51 京北 5
52 啓示空間 4
53 うぶめのなつ 4
55 法伝寺 4
57 蕎麦屋 4
58 Wine 4
59 京極堂 4
61 インフルエンザ 4

 先週は検索アクセスが少なかった。合計1715だったが、先々週は2400あった。MuBlogも週によってばらつきがでる。依然として、アクセス多寡の理由がわかるものと、わからぬものがある。「じぶり」はまったくわからない。「ノートパソコン」はよく分かる。後者はいつも私なりに気合い入れて掲載している。あと、私がそれなりに考えて出す記事にはアクセスが無く、なんの気なしの記事にコメントやアクセスが多い。なんとも、いいようのない現実世界である。世の中の実相とは、そういうものなのだろう。「ネットで分かる人生観、諦念」

(3)先週:検索フレーズランキング( 3件以上のみ)
 対象日: 2006年02月20日(月)~ 2006年02月26日(日)
 合計数:547

順位 検索ワード 件数
1 明日の  blog  近親相姦  騒動 6
2 桜守  佐野藤右衛門 6
3 ノートパソコン  ハードディスク交換 4
4 ミスタースタンプ  ワインガーデン 4
5 黒田官兵衛  功名が辻 3
6 佐野  藤右衛門 3
7 prius  ハードディスク交換 3
8 sfo  airport 3
9 木曾義仲  今井四郎 3
10 20世紀少年  浦沢直樹 3
11 法伝寺  大津 3

 「1 明日の  blog  近親相姦  騒動 6 」これはなにかの間違いだろう。該当記事も思い浮かばない。ただし、近親相姦については、日出処王子が該当するようだが、それにしても、検索エンジンもぼやけたところがあるようだ。
 後は全部わかる。佐野藤右衛門さんで来駕あるのはうれしい。その他、全部にんまりする。ちゃんと書けば、ちゃんと客がくる。そういう気持ちよさが時々ある。とくに、法伝寺+大津、これは壬申の乱関係だが、うれしい。

(4)先週:曜日別
 対象日: 2006年02月20日(月)~ 2006年02月26日(日)
 合計数:1905

曜日 アクセス数  <当日掲載記事>
MON 292 →私の京都・紀ノ国屋とドトール
TUE 284 →Prius(日立製ノートパソコン)のハードディスク交換
WED 273 →私の京都・寺町通{四条→三条}
THR 253 →おだやかな2月 
FRI 281 →八坂神社の大政所御旅所
SAT 220 →絵葉書:冬の兼六園(金沢)
SUN 302 →注文の多い料理店 (アニメ)、 NHK功名が辻(08)朝倉攻め

 先週のアクセスが低かった事情はよくわからない。だいたい300を少し越えないと、一ヶ月一万アクセスは無理な勘定だから、軒並み200台は、何故だったのだろう。この週の記事は最悪だったのか。うむ、こうして当日掲載記事をあわせ記すと、Mu次(Muなみ)な記事なので、感興をおこさなかったのだろう。しかたない。
 なお、土曜日は毎週一番アクセスが低くなる。平均して、月曜日と日曜日とが、アクセスが増加する。なんとなく、事情は分かる。
 おそらく、週休二日制が定着している現代、多くのサラリーマン、OLにとって、土曜日はただただ午後まで眠る曜日かもしれない。そして出かける。だれもネットなど手に触れない。

(5)先週:記事ごとランキング(1%以上抽出)
 対象日: 2006年02月20日(月)~ 2006年02月26日(日)
 合計数:1905

順位 URL パーセント
1 http://asajihara.air-nifty.com/mu/ 12%
2 http://asajihara.air-nifty.com/ 9%
3 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2004/05/post_6.html 4%
  ↑三鷹の森ジブリ美術館
4 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2006/01/post_e704.html 3%
  ↑ノート・パソコンのハードディスク交換、取り扱い処方(SONY Vaio PCG-FX)
5 http://asajihara.air-nifty.com/mu/cat573003/ 2%
6 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2006/01/post_d4f5.html 1%
  ↑ノート・パソコンのハードディスク保守(シャープのメビウス・ノート)
7 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2006/02/nhk_d59b.html 1%
  ↑NHK功名が辻(07)信長の時代
8 http://asajihara.air-nifty.com/mu/2004/04/post_2.html 1%
  ↑桜の森:佐野藤右衛門邸の桜

 この一週間にアクセスの多かった記事は、のきなみ過去記事である。(4)先週:曜日別、であげた記事はひとつもでてこない。これは、直近記事は一般には検索エンジンに載らず、当該週はblogのトップ、つまり固有記事ではなく「どんな記事がでた?」という観点からのアクセスが多いからだとも言える。それはランキングで12+9=21%あり、1と2とに集約されている。
 しかし、ジブリが2004年5月、桜の森が2004年4月、ノートパソコンの二記事もこの1月の記事である。この4記事で合計11%。一方当該週記事は8記事で21%。両者はレシオを計れば、同一である。
 なにが言いたいかというと、blogは常にカレントな、新品とれとれに話題が集中するようだが、MuBlogの場合はむしろ過去比重が高い。
 と、いうことは。ここでいつもの持論がでる(笑)。blogはいろいろな使い方があるが、じっくり日々思うように書いていく方法もよい、となる。

(6)分析
 ということで、個々の分析らしきものは個々に記してしまった。
 ここであえて大上段に振る舞う愚はさけておく。
 今回は、一ヶ月で1万アクセスあった。よかったよかった、生きてる証。
 ではまた、22万アクセスまで、次は四月上旬を予定しておきます。3月も末になると、新学期のあれこれがあって、それは四月中頃まで狂騒が続きます。無事、四月上旬にこの「MuBlogアクセス分析記事」が載せられるように、やっていきます。再見。

大追伸
 最後に、知見あり。
 つまり、「ジブリ」や「ノートパソコン」記事が大ヒット(おおげさな)するのは、本体記事の貧弱さに比較して、すばらしいコメントが付録としてあったからだ。「ジブリ」は畏友Joさんの家族が実際に行ったコメントがあり、「ノートパソコン」二記事は、あの、例の、パソコン史にのこる「FM-TOWNS」開発者の中心人物、梅翁こと「ふうてん爺さん」が、日頃に似合わず、純正エンジニアとしてコメントしている。これらが至宝だったのだ。分析の最後に気付いたことである。

|

« TEロレンス・バイク・ドラキュラ・廃藩置県の夜 | トップページ | 長岡京市立図書館の風景 »

Blogメモ」カテゴリの記事

コメント

拝読しました

 この記事にはMuさんのお仕事とブロッグに関する考え方が端的に表現されていますね。
お仕事との関連で言えばやはり(データベース)なのですね。
データの発生と格納と検索と、そして再利用と。
そのような(入りから出までのプロセス)に無関心でおられない。

 もう一つはやはり作家なのでしょうね。
当然、読者のことが気になる。
最大の読者はおそらくどの作家も自分自身なのでしょうが、どうせ書くなら誰ぞに読んで貰いたい。

 開高健が書いています。
釣りは一人で楽しみたい、ぞろ~っと並んで、など、やりたくもない。
深山幽谷の渓流に分け入って孤独に魚と対したい。
しかし、それにもかかわらず、大物が釣れたときは思わず(後ろ)を振り返る。
誰ぞ見てくれていなかったか、と・・・毎回、必ず振り返る。
(多少当方の脚色あり)
まあ作家のサガなのでありましょう。

 手や肩や目が悲鳴をあげない程度に続けて戴きたいと念じております。

投稿: ふうてん | 2006年3月 3日 (金) 17時14分

ふうてん | 2006年3月 3日 午後 05時14分

 つまり慧眼爺さんの要点は、MuBlogにつき、

1.データベース構築の実践である。
2.読者を強く意識した作家志向である。

 ありがとうございます。自分のことは見えないものです。

 1.については、強烈な意識がありますね。ご承知のように、マシン・システム世界の中ではじめて「この世界で生きよう」と、思ったのは、64KB・Z80CPU・FD仕様のF-BASIC:FM8や、なんやらで、MDB11(別名:水瓶座)というデータベース・マネジメント・システムを作って売却したことですから、いわば処女作から、逃れられません。同心円状に、時をへていくのでしょう。

 2.については、『夜麻登志宇流波斯』の作者ですから、これも逃れようがないです。

 しかし2について、補足するならば、言祝ぐ者の性格だと思います。私は現実生活では、一人遊びすること多く、教員としてとか、社会人として、人と和して振る舞うのは、真意から外れた、あるいは真意の通じない、曖昧模糊とした、嘘嘘しい役者風体でやっておりますので、せめて、言葉もて世界を人を心から祝そうとしております。

 以上、言葉操る者とはすなわち、言語データの収集と選別と蓄積と表現という、データベース的一貫性を、常に意識している、ことの、証(笑)

投稿: Mu→ふうてん | 2006年3月 3日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/8888918

この記事へのトラックバック一覧です: 二十一万アクセス:

» 二十二万アクセス [MuBlog]
承前 二十一万アクセス(2006.03.03) 制作中   項目(2)~(6)  桜の季節になってまいりました。MuBlogにも京都の桜関係のアクセスがふえてきました。お見せする統計は先週分ですが、今週はさらに増加しております。  しかしながら、どうにも今春そうそう事情があって、桜狩りができそうにもない状況です。今年の... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 14時01分

« TEロレンス・バイク・ドラキュラ・廃藩置県の夜 | トップページ | 長岡京市立図書館の風景 »