« 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 | トップページ | 古民カフェ:私の京都・河原町通{四条→三条} »

2006年3月28日 (火)

ココログ、真昼のお休み

 今日は、もうすぐ、午前7時~夕方5時まで、ココログに記事をいれたり、コメントするのが出来なくなるようだ。
 ココログ全体の仕様が変更されて、便利な機能がつくらしい。

 先回、いつぞやメンテナンスするのに、ニフティーの方でごたごたがあって、数日間まともに動かなくなった覚えがある。コンピュータシステムは、えてして直すつもりが悪化するのは、よくあることだ。それで今日も、7~13の予定が、今朝見たら、7~17に延長されていた。更新後の確認作業時間にゆとりをもたせたようだ。

1.真昼のメンテナンス
 大体コンピュータシステムの変更は従来から真夜中と決まっていたが、ココログは真昼にぶつけてきた。しばらく考えたが、これはblogが個人志向のものであり、アクセスが夜に集中するからかもしれない。つまり、昼間よりも夜の利用者がふえるから、逆にメンテナンスは真昼にするのが、効率がよいのかも。

2.仕様変更
 さっき、どんな風に変更されるのかみてみた。そのニフティ記事にリンクしようと思ったが、多分、いずれ無くなる一過性の高い記事なので、止めた。(新聞社記事なども、数ヶ月で消える。)
 読んだ範囲では、他のblogサービスで行っている小粋な機能がいくつか設置される。たとえば、トラックバックやコメントの公開を、一時保留することなどだ。場合によっては役にたつので、うれしい。
 ポッドキャスティングとか、カタカナ機能も追加される。要するに放送局機能で、便利になる。が、私は少し迷っている。

3.いつか、成長が止まる
 システムは、いつか成長が止まり、熟する。それ以上の成長は、基盤をこわすから停止するのだろう。たとえば、2メートル以内の人類の身長が、成長にまかせて3メートルになるようなもので、システムには生まれた時の限界と有効範囲が必ずある。
 ココログは、比較的ゆっくりした成長だ。私はそれで結構と思っている。私のように、意図的に自分の人生にかかわるような情報を格納し利用する立場としては、アクロバティックな、奇妙なシステム拡張よりも、安定したシステムを求める。なにか新奇な機能が他のblogにいろいろあったとしても、MuBlogをそっくり移動させる気持は起こらない。

*.というわけで、今日は記事投稿はこれで終わり(笑)。

|

« 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 | トップページ | 古民カフェ:私の京都・河原町通{四条→三条} »

Blogメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/9294262

この記事へのトラックバック一覧です: ココログ、真昼のお休み:

« 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 | トップページ | 古民カフェ:私の京都・河原町通{四条→三条} »