« NHK功名が辻(10)姉川の戦 | トップページ | 弥生なかばの葛野近況 »

2006年3月13日 (月)

ヴァンパイア映画:アン・ライスのレスタト

承前[MuBlog:ヴァンパイア・レスタト
承前[MuBlog:呪われし者の女王

 文系大学の良さというか面白さというか、レスタト愛好者とか、カミラそのものとか、ゴシック様式幼系コスチューム(一般に、ゴスロリとか言うらしい)とか、レスタト映画鑑賞会とか、ともかく壮年層の世界とは異なった不思議な雰囲気が、日頃行き来する葛野にもある。かくいう私はというと、ヴァンパイアものは好みだった。何故なのかと自問してはみるが、よい答えはない。なんとなく、妖しい世界が好きなのだろう。私自身が妖しいのではなくて、そういう雰囲気があると鼻がきく、そういうことである。

 太陽よりも闇を好むタイプなのかもしれない。しかしながら、夜半10時ころには急速睡眠に入るのだから、これは比喩にすぎない。いや。睡眠こそが最も深い闇と考えれば、こういう性向もうなずける。と、自問自答。

 さて、最近倶楽部関係者が卒業前に大急ぎでDVDを二本貸してくれた。私が、その人達の映画会に参加できず、鑑賞できなかったからである。それでさっそく先週、木幡研を暗くして二つ続けて見、すでに返却した。ところが、原作との関係をどう記すかで迷いだし、結局MuBlogでのお披露目は今日に至った。結論はでた。映画は映画。小説は小説。だから、今夜は映画についてメモを残しておく。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
 俳優がだれかとか、監督がどうしたとかは、考えないでおくことにした。この映画は、公開されたとき木幡で一度みた記憶があるが、そのころは受容期でなかったのか、印象が薄かった。しかし、今度まともに最初から最後まで鑑賞し、十二分に満足した。
 なにが一番良かったかというと、ニューオーリンズだったか、アーリーアメリカン風景がとても美しかった。そしてパリのヴァンパイア劇場での闇が深かった。
 インタビューをする記者と若いヴァンパイアとの対話が、過去物語、語りの間にほどよく挿入されて、現代と過去とが相互に行き来し、現実感をもたらした。
 悪の権現のようなレスタトが、どのようにして若いヴァンパイアを指導していくかが絶妙だった。結局、レスタトは幼女と若いヴァンパイアに一旦殺されるのだが、その殺害の様式に、私は感心した。なぜなら、レスタトは死なない設定だったから。
 不死であること、太陽を恐れること、殺人が生の代償であること。存在が矛盾の上に立っていることのジレンマ。特に不死と孤独との関係が映画では巧く表現されていた。
 幼女ヴァンパイが、生との引き替えに成長しないことの、その苦しみを、自暴自棄に見せるところが圧巻だった。
 この映画は美しく、深い作品だと思った。

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア
 前作とは完全に対照的な作品だった。悪の権現だったレスタトがロックスターとして登場し、さらにエジプトのアカシャという女王が出てくる。このアカシャはやたらにヴァンパイアを殺戮する。かといって、その血を食材にするわけではない。アカシャは総てのヴァンパイアの「母」なのだから、女王の血こそがヴァンパイアにとって、命の水になる。そこまでの設定は分かるのだが。
 レスタトがロックスターなのだから、当然映画はロックに満ちている。今から十年以前のロック、つまりゴス・ロックが主調とDVDカタログに記してあった。これはゴシック・ロックのことだろうか。私の愛好するマリリン・マンソンは、すぐに聞き分けたが、他はわからなかった。
 で、主人公のレスタトが、どうしても前作と比較して、甘く手薄い。登場する女性陣が総てと言って良いほどに、冴えない。唯一、女王アカシャの眉やアイシャドーが奇抜斬新で良かったが。
 見るべき所は、往年のロックが映画を席巻していることだろう。レスタトはサンフランシスコ近辺のデスヴァレーとかいう砂漠の真ん中でコンサートを開くのだが、アメリカっぽくて感心した。
 不満に思ったのは、全編わけのわからない構成なので、結局カタルシスがなかった。
 要するに、最強の女王アカシャは、一体なんのために五千年の眠りから覚めて、ヴァンパイア殺戮に走ったのか。つまり、そういう不条理映画だと思わなければ、わけが分からないままに終わった、としか言いようがない。
 レスタトの影が薄かった。それが結論だ。

|

« NHK功名が辻(10)姉川の戦 | トップページ | 弥生なかばの葛野近況 »

映画の余香」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/9062814

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンパイア映画:アン・ライスのレスタト:

« NHK功名が辻(10)姉川の戦 | トップページ | 弥生なかばの葛野近況 »