« 長岡宮跡(向日市)ながおかきゅう | トップページ | ヴァンパイア映画:アン・ライスのレスタト »

2006年3月12日 (日)

NHK功名が辻(10)姉川の戦

承前

姉川古戦場(滋賀県長浜市東上坂町・野村町)地図

 千代は一豊の不埒な振る舞いに怒り実家の不破家にもどる。
 ところが、山内一豊には戻るところがなさそうだ。戦にでるしかない。
 姉川で落馬し行方不明となり、秀吉は「弔いを出せ」となった。

 なかなか良い一夜だった。
 千代と一豊のことではない。
 緊張感があった。姉川が血川といわれるくらいに激しい戦だったようだ。家康が三河軍を浅井・朝倉の横に押した故に戦況は一変したとのこと。信長軍は、一番、二番、三番の構えを破られ、本陣にまで迫られてしまった。浅井が滅びたのはこのあと三年後だった。

 さて。
 千代の怒りだが、もっともといえよう。しかし当時どうだったかはわかりにくい。こういう心の微妙な点は、現代風に解釈しないと伝わりにくいのかも知れない。ただ。死ぬかも知れない恐怖と、小りんに迫られたことのバランスとは、千代の稚気と比べて一豊の肩をもつだろう。しかし、相手は間者だった。もしこれが千代や秀吉や信長に知られたなら、このドラマは成り立たなくなる。つまり、それほど重度の失策を一豊はおかした。機密漏洩罪で、死罪となるだろう。

 そうだ。
 毎週こうしてドラマ感想を書くのだから、私の日常も記しておこう。今夜は、友人と外で飲食をした。二人だった。二人は酒が飲めたので、ひっきりなしに話していた。私は、それを聞いて頭のなかで分析したり、統合したりして遊んでいた。もちろん、こういう酒席に私が絡むと手早くなる。八時に閉まる珈琲店へいくために、二合徳利がまだ重いのに、さっさと追い出して、キリマンジャロを三人で飲みに行った。間に合った。

 友人の一人から、小林秀雄自筆サインいりの初版本をもらった。私宛のサインじゃないのだから、意味は激減するが、それでも小林秀雄が生きた証をもらって、実に良い一夜となった。

 私はまれに友人知人から、そういった変わった贈り物をいただく。実にそっけなく受け取るが、喜びは深い。
 それらを渡した相手よりも、大切に扱ってきた(笑)。

 今夜のドラマは、あらかじめ予約録画したS-ATAハードディスクに入ったファイルを再現して鑑賞した。

参考
  姉川古戦場

|

« 長岡宮跡(向日市)ながおかきゅう | トップページ | ヴァンパイア映画:アン・ライスのレスタト »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

姉川の戦い

浅井軍は強い軍団だったようですね?死者双方で約3千程度というと凄まじい戦だったんですね?

徳川軍が朝倉軍と対峙、信長軍と浅井軍という構図だったんでしょうか?

しかし、このあたりでは、壬申の乱、関が原と日本分け目の戦が行われる場所ですね。

千代と一豊の話は面白くないです。

投稿: jo | 2006年3月13日 (月) 10時28分

jo | 2006年3月13日 午前 10時28分

 数十年前の高校日本史では「浅井・朝倉」とセットで覚えておりましたが、それぞれ特徴があるんでしょうね。
 姉川の合戦は随分有名だから、例の武田騎馬隊を破ったのとか、桶狭間とか、……。これも司馬さんの影響なんでしょうか、もの忘れのひどい私でも、つぎつぎと口にでてきます。

 しかし昨夜のドラマで緊張したのは、白兵戦というか、人と人とが尖ったものを振り回して正面衝突するという、ああいう戦は、ふるえてきます。昔の人はああまでしないと、いわゆる外交が、……。いやそうでもない。信長がたくさん子供を作るのは、人質をつくるため、というネネのセリフには、わかってはいても、ああいわれると戦慄しました。

 人質、婚姻、外交。あることはあったんですね。

 今の国内は内乱の兆しもなく、ほっとしております。

 なお、千代と一豊の痴話喧嘩は、以前もうしましたが、ホームドラマじゃないのだからね。私は、千代の知略、胆力、洞察力の発揮をみてみたい。そしてそれを、おっとり承知する一豊みたいな戦国武将の姿をみてみたいです。

投稿: Mu→Jo | 2006年3月13日 (月) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/9060498

この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(10)姉川の戦:

» NHK功名が辻(11)比叡山焼き討ち [MuBlog]
承前[MuBlog:功名が辻(10)姉川の戦] 坂本城跡(滋賀県大津市)地図 坂本城:お城めぐりFAN 坂本城  今夜はドラマの後始末よりも、坂本城跡をあれこれネットで探して、疲れた(笑)。  水城だったようだ。  明智光秀は近江五万石坂本城主となった。  と、遁辞エクスキューズ逃げをうっているが、実は今夜は記しにくい... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 22時19分

« 長岡宮跡(向日市)ながおかきゅう | トップページ | ヴァンパイア映画:アン・ライスのレスタト »