« 月の影 影の海:十二国記/小野不由美 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 »

2006年3月26日 (日)

NHK功名が辻(12)室町幕府崩壊

承前[MuBlog:功名が辻(11)比叡山焼き討ち

 甲斐の武田信玄の名声はひたすら高かったようだ。風林火山、諏訪法性(兜)、騎馬軍団。さすがの信長も、信玄上京の報には暗くなっていた。
 これで足利最後の15代義昭将軍が右往左往し、ついには追放の憂き目となった。この義昭は、この後も流浪し、しつこく復権を画策する。
 この追放劇は天正元年(1573)で、亡くなったのが1597年とすると、実に将軍を辞めてからも20数年あれこれ動き回ったことになる。足利義昭は60歳のころ、秀吉の文禄・朝鮮侵攻時、佐賀県名護屋で死去。

 ところで宇治に槇島城があって、ここで義昭が明智・織田に抵抗したと知り、近所なので気になった。
 「槇島城再建を目ざした地域づくり
 「槙島城

 さて、小りんさん。
 またでてきました。一豊に「千代という名を二度と言うたら、その女を殺してやる」と物騒なセリフを吐いていた。狂言回しなんだろうが、間者としていた方が緊張感が残るだろうに。

 というわけで、まだ三月。なかなか山内一豊が千代と組んで、城持ち大名になるまでの功名を立てる時期にはいたっていない。合戦か謀略か、それがない夜は、うたたねしてしまう。ただ、そういう番組であってもよいと、思うようにもなった。

|

« 月の影 影の海:十二国記/小野不由美 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 »

NHK功名が辻」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/9271583

この記事へのトラックバック一覧です: NHK功名が辻(12)室町幕府崩壊:

» NHK功名が辻(13)浅井長政の悲劇 [MuBlog]
承前[MuBlog:功名が辻(12)室町幕府崩壊] 小谷城跡(滋賀県東浅井郡湖北町)地図 唐国・山内一豊最初の所領400石(滋賀県東浅井郡虎姫町唐国)地図  信長のことでは、以前評論家秋山駿による『信長』で、その生の激しさに相当驚いた。旧世界を打破するために、神も仏もないものよと、実際に世間を打ち壊した姿は、信長以外に... [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 21時49分

« 月の影 影の海:十二国記/小野不由美 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十九「旌旗の章」 最終巻 »