« 「壬申の乱」の関係地図 | トップページ | 過去の共同演習作品:情報図書館学 »

2006年2月10日 (金)

就職活動の季節

 現在の大学3年生達が、後期授業や試験も終わり、活発に就職活動に走っている姿をみるようになった。早い人で昨年晩秋から始めている人もいる。

 大学全体の方針としては、多くの学生が卒業と同時に社会に居場所をさだめ、活躍することを願っているし、そのための努力も続けている。
 実は、このMuも影ながら、この十数年の間、そういうことをしてきた。どんな努力をしてきたかの詳細は部外秘だが、おおよそ8割くらいの確率で成功してきたという、達成感はある。この高い成功率には裏があり、うまくいきそうな場合しか、努力しないという現実からのことだ。
 しかし、問題は多く残っている。解消はされない。

 この「問題」を記す事は、今朝はしない。いずれ退職したころに、まだMuBlogがあれば記すかもしれないが。それよりも、別の事だ。

 なぜ就職するのかという、書生っぽい考えにまだとらわれている。
 無気力にそう考えているのではなくて、学生達を日頃見ていて、そう感じるからである。
 就職にも、向き不向きがあるように思える。
 話を「司書」にするならば、むかない人が難しい公務員試験を受かって長年「司書です」といい、むく人が長年「わたし、まだ非常勤なんです」と、言っている。そういう、一種の不条理にまだ心が落ち着かない。

 さて。某国では失業率が40%らしい。どうやって、日々生きているのか。
 そんな思いにおそわれた。
 しかし、なぜみんな就職しなければならないのか、という単純な、書生っぽい考えは脳裏を去らない。
 
 Muは、やがて定年がくれば諦念し、次の余生を考えることになる、その時じっくり考えてみようか。ユートピアでは人は就職するのだろうか?

 

|

« 「壬申の乱」の関係地図 | トップページ | 過去の共同演習作品:情報図書館学 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

就職活動

実は私の琉球にいる息子が就職受験の季節なんです。

親は何処か、真面目で堅い就職先(笑)を望むものです。

自分で生きてゆくという気構えが大事です。恋愛しても、私が相手を食わしてゆくという気概が女にも必要です。

お互いがそういう気持ちならば、万事うまくゆきます。男にもプライドがありますからね。

しかし、私の娘二人と息子一人を比較すると、息子が生活力が無い!ホンマ女は強い!!

それが、私の59年間生きてきた実感です。

投稿: jo | 2006年2月10日 (金) 19時16分

joさん、2006年2月10日 午後 07時16分

 どうもね、なんというか、Muはね、
 生活力がないようですよぉ、~。

 自己診断では、天然引き籠もり症の極端な事例ですね。

 だから、Joさんがいつもまぶしい。

 人のパソコンを直して、blogの代行コメント書いて、ときどき京都観光ガイドして、喰えたらええのに、といつも早朝に思います。(夜は、電気を消すと朝になるので、あんまり物を考えません)

 休日なんかね、一歩も木幡研をでないことが普通なんです。一歩もです。いままで、ようまあ、サラリーマンやってきたなぁ、と、深い深い感慨にふける夜でありました。だから、就活して、世間に出ていく若者を見ると、感心するのです。

 自律自活という考えも薄い。自分の稼ぎも人からの援助も、あればそれでよろし、自由に使います、という考えが心底にあるね。ああ~。反面教師の典型。

投稿: Mu→Jo | 2006年2月10日 (金) 20時53分

実はね、内緒やけど、私、世渡りが下手なんや。経済力も本当は無いんです。

できれば、髪結いの亭主が一番え~な~と、私には向いてると思うんです。

家で料理を作り、洗濯して掃除して、blogしておかみさんのお帰りをお待ち申し上げるのが、向いてるんやね。

どうも、今まで向かない実業の世界で頑張っていたような、気、がするんです。

だから、我が家の女どもを見てると”まぶしい”ダス。

投稿: jo | 2006年2月10日 (金) 21時48分

joさん、2006年2月10日 午後 09時48分

 嘘と真が入り交じった、述懐コメント、私小説コメントですね。

 事実としてJoさんは、かつて、舌先三寸で何十億ものお金を会社に集めてきた。
 事実としてJoさんは、料理洗濯掃除、JoBlog作りに長けている。

 以上の事実は消えません。状況証拠(笑)としては、フランスの娘夫婦に高級マンションを買ってあげたり、別の可愛らしい孫と娘さんに毎月資金投入したり、沖縄遊学の息子さんにパソコンや車を買ってあげたり、毎年長期海外旅行したりで、Muなんかにはまぶしすぎて声も出なくなる。

 そしてまた、知る限りの料理の才能は、「肉うどんレシピ」の膨大なアクセスから見て、真性のものです。

 あのね、変な鬱があるそうです。億万長者がね、「お金がない、喰うていけなくなる、ああ絶望だ」と、なるらしい。これ、ホントの話。

 だから。Joさん、なんか、そういう不安感、最近ないですかぁ? もしあったら、入院しないとあきませんで。

投稿: Mu→Jo | 2006年2月11日 (土) 05時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/8589834

この記事へのトラックバック一覧です: 就職活動の季節:

« 「壬申の乱」の関係地図 | トップページ | 過去の共同演習作品:情報図書館学 »