« 木幡の朝まだき | トップページ | 葛野に雪が降って、二重月の宴 »

2005年12月22日 (木)

雪の宇治・木幡

 早朝、雪が舞っている。
 今も、窓から見える道路には自動車がのろのろと走っている。
 豪雪地帯ではないから、雪と言っても薄化粧に過ぎないが、寒さはきびしい。

 今夕祇園で葛野図書倶楽部2001の忘年会が予定されている。十数名の小宴だが、問題は滋賀県在住者が多いと言うことだ。遠くは彦根、米原近くから、雪をかき分けて山をおりてくる若い人達もいる。東海道線も湖西線も雪には弱い。

 かくもうすMuのあたりでは、京阪電車も奈良線もめったに止まらない。
 Muは行けるにしても、さて、肝心の幹事達が雪まみれで身動きできないとなると、うむ。
 なかなかに、忘年会一つとってみても、いろいろなことがあるなぁ。

 ところで、今朝は、極早朝からたまった責務をあれこれ処理してご機嫌である。が、そろそろ眠くなってきた。ひと眠りしよう(笑)。

|

« 木幡の朝まだき | トップページ | 葛野に雪が降って、二重月の宴 »

小説木幡記」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/7772976

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の宇治・木幡:

« 木幡の朝まだき | トップページ | 葛野に雪が降って、二重月の宴 »