« 小雪舞う冬の京都 | トップページ | 大学の話をしましょうか/森博嗣←感想文 »

2005年12月28日 (水)

こもりくの木幡

 外はさむそう。家はぬくぬく電気座布団、法隆寺壁画炎上。停電になると木幡研はマシン停止して、機能ゼロになるなぁ、と考えながら、MuBlogに向かった。

 朝からごろごろしていて、明日は葛野で久しぶりのNDK年末顔合わせもするので、今日は本来なら賓客達のために葛野を掃除しなければならないな、と朝一番床のなかで考えたのだが。最初にもどって、ごろごろしてしまった、いま昼をすぎたころ。

 そう言うわけで次善の策として町にでかけて、PowerMacG5(2005年前期)用のハードディスクやメモリや、winマシンのための多少のソフトウェア(動画を徹底的にあつかいたいのでな)や、木幡マシン黒のための、さらに増設ハードディスクを500GB一台(すでに700GBあるのだが、正月番組を予約していたら足りなくなりそう。なんせ最高級のモードで記録するから、あはは)、~そう思って、朝風呂を湧かして42度、はいっていると心が落ち着いてきて、逆に町に出るのがあほくさくなって、あがって独逸製のアフターシェーブローションをぬっていたら、声がして「お昼は?」と、聞こえた。瞬間、「とんとん来で叉焼麺」と言いかけたが、強烈な自制心(一週間に二度もラーメンたべるなんて、そりゃ一日に2個以上タマゴを食べるのとかわらん、確実に死ぬ)が働いて、口から出たのは「はい、木幡研で昼食いたしたく候」。それで、一応町にでるのやめて、それでも気になってしらべだしたら、やぱりなぁ。PowerMacG5の今年後期は、メモリもDDR-SDRAM→DDR2-SDRAMに変わっておったので、Muのマックは古いDDR-SDRAMを買わないと、なにかとトラブル予兆。しかし、ソケット形状が変わったのかまではしらなかった。他方ハードディスクはSATAのままだから、混乱はないだろうが、SATAの500GBをすっぽりマックに入れて、さてそれからどうする。メモリも前期マシンでは8GBまでいけた(後期マシンは16GB)が、ソケットは? としらべたら8つあった。たしか増設したから、最初のにプラスで、現在4本のメモリが刺さっているはず、と想像したら、買いやすくなった。ちょっとまった、木幡研黒マシンはSATAソケットを二つ消費しているので、同じ500GBハードディスクのスッピンとはいうても、一方はSATA、他方は旧来のIDEをわすれないように、おまじない。

 なんとなく、想像するだけで買った気分になって、施工した気分になって、さきほど牛肉入り焼きそばをたべたらねむくなって、「大学の話をしましょうか/森博嗣」を30%読んでしまった。本当はそのまえに、からくりサーカスの最新号も読んでしまっていた。どうやら、年末は、やはりなぁ、木幡にこもって活字中毒症状緩和に努めた方がよいようだ。Muは外にでるとお金はかかる、ガソリンはへる、人と喧嘩する(売るかもしれんな)、ろくなことはない、じっとり木幡研か葛野研にこもって鍵をかけてねていたら、この世の悶着ごとなんて、ぜーんぶ消えてしまうよな。

 さてと。まずは午睡にはいろう。

|

« 小雪舞う冬の京都 | トップページ | 大学の話をしましょうか/森博嗣←感想文 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/7873803

この記事へのトラックバック一覧です: こもりくの木幡:

» とんとん来ラーメン(@祇園) [大阪ラーメン物語]
京都の祇園近く四条通りにあり、最高の立地条件にあるラーメン屋です。 しかし、23時閉店のため、夜の祇園に行ってもなかなか行けませんでした。 今回、やっと夕方に行ける様になりました。 いやあ、念願のラーメン屋です。 今までに何度も目の前を通りながら、行けなかったのです。 (すでに閉店しているか、これからご飯を食べに行くところなので) 長年の間に増殖した期待と店内に充満する匂いが食欲をそそります。 見た目は濃�... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 21時15分

« 小雪舞う冬の京都 | トップページ | 大学の話をしましょうか/森博嗣←感想文 »