« NHK義経(46)しずの舞 | トップページ | エジプトの神々(6)BES:ベス/浅茅原建 »

2005年11月21日 (月)

出雲研究会2004と「月の蔵人」

承前[MuBlog:三輪山遊行(3)]
承前[MuBlog:伏見港界隈

月の蔵人・地図

月の蔵人、天井

月の蔵人、天井
 伏見の美味しいところを紹介するために、この記事を起案したわけではないのだが。伏見で会合を持つとなると、自然にそうなってしまう。この日、いつだったか、11月の中旬少し前に「月の蔵人」にMuを入れて五名が集まった。会議をするためであって、飲み食いは二の次だったのだが、はて(笑)。
 ともあれ、ここの天井や照明は、超現代風とは言えないが、Muの好きなデザインである。つまり、40年ほど前に流行した、要するに現代の団塊族が好ましく思う天井だった。

豆腐豆腐豆腐

豆腐豆腐豆腐
 豆腐のお店ではないのだが、現に数日前に別の会議でまたしてもここへ来たとき(復興華南2006準備幹部会)は肉肉肉だった。要するに、通い詰めになるほど豆腐が美味しいお店だった。今回の研究会は昨年秋に三輪山遊行を果たしたメンバーが、卒業後も研究熱心に出雲や三輪の神話を中心とした研究・調査に励みたいという発願によってできたものである。
 それにしても、岩塩をつけて食す、とれとれの豆腐の美味しいこと。生湯葉のお造りなんて、夷の地では箸にできない代物だろうな。

またもや、豆腐とおもいきや

またもや、豆腐とおもいきや
 それぞれの分担を決めた頃に、最後の決めが、写真右下・豆腐のぶっかけご飯だった。これには異様に皆が騒いだが、Muは若者達のためにゆずった。しかし世間には譲れぬこともある。Muは左上の生麩田楽だけは、死守した也。
 顧問は例によってMu。出雲局長はサユミンなる者。出雲副長はエミミ。出雲一番隊長はナオナオ。出雲二番隊長はタエタエとなったよし。会費は年一回まとめて出雲局長が集め管理することで合意。額は、まず顧問に年金でるまでは、ちょっと多め。年金生活に入ったあとは、会員が面倒をみるという良質な運営システムとなった。勿論会員は稼ぎに応じて多寡が変動する。

出雲研究会2004の研究員

出雲研究会2004の研究員
 ともあれ、出雲局長は総括方針策定、出雲副長は実行部隊、出雲一番はさっそくblog作成。出雲二番は資料情報管理。実にすっきりした運営である。それにしても、みなみなうちそろって出雲大社に報告に行けるのはいつのことか。なかなかに、先の遠い話である。
 とりあえず、三輪山に詣でる年次が続くであろう。

さて追伸となるが
 実はもうしたように先々日の土曜日も、当初は別のところで会合を開く予定だった「復興華南2006」準備幹部会が、またしても「月の蔵人」になってしまった。その夜は、肉もなかなかにイケた。橋本顧問の好物「だし巻き卵」もいけた。ツオイエは、料理の品種にかかわりなく、もくもくと。しかるに、山賊焼きについては780円という高値の割には、評論家全員「まだまだ、勉強が足りないね」となった次第。要するに「月の蔵人」は濁り酒、原酒、月桂冠に、お豆腐料理が最良と結論がでた。
 めちゃくちゃにお値段がよい。品数は掲載写真の二倍はあった。想像を絶するお手軽さで、これだけの雰囲気、味。これについては太鼓判なり。

再伸
 飲み物なんだが。ちょっと軟弱ではあるが「抹茶豆乳カクテル」、これにMuはイカレタ。実に口当たり好く、うむうむだった。

|

« NHK義経(46)しずの舞 | トップページ | エジプトの神々(6)BES:ベス/浅茅原建 »

出雲研究会2004」カテゴリの記事

美味しいところ」カテゴリの記事

コメント

出雲研究会?

興味ある名前の研究会ですが・・・・。記事では研究会の内容が出てきませんな・・・?

最近はどんな、研究テーマが学生さん達にあるんでしょうかね・・・?

しかし、沢山の学生さんを抱えて、又、幾つも研究会を持ち、そして、大学の経営陣の一人として活躍しないといけない。

blogやる暇がホンマは無いのとちゃいますか?実は、影武者がMuBlogを経営してるんとちゃうやろね?

投稿: jo | 2005年11月24日 (木) 13時56分

jo さん、2005年11月24日 午後 01時56分

 ご無沙汰しています。
 研究会内容は、会員達が今年の1月完成した「出雲神話」(3ヶ月かけた、4人がかりの大作)をblog化することが手始めでしょうね。
 
 経営陣じゃないけど、……。一応、とりあえず、いろいろな意見を言わないとあかんですな。どんなことも時間がかかります。

 影武者MuBlog、それはよい考えですね。
 しかし、当面は、そういう人材を捜して見つけて仕込む手間暇がかけられそうにないな。

 昔の多くの芸術とか、職人仕事は、工房みたいなのがあって、彫刻とか、ふすま絵とかね。
 代表名だけMuでも、これからはよいと思っておりマスで。

投稿: Mu→Jo | 2005年11月24日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/7237616

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲研究会2004と「月の蔵人」:

» 新誠会2007/03/03(伏見港の「月の蔵人」) [MuBlog]
承前[MuBlog:新誠会2006/03/04(伏見港の黄桜)]   京都伏見「月の蔵人」地図  今年も、倶楽部年間最大の公式行事「新誠会」が執り行われた。祝着至極の盛会だった。幹事達(経理局長、三番隊長)の手際、性格によるところ大きく、式次第、適度な緊張感、温かい懇親、実に理想的な宴をもてた。夕刻六時から始まり、八時... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 12時21分

« NHK義経(46)しずの舞 | トップページ | エジプトの神々(6)BES:ベス/浅茅原建 »