« アレキサンダー(Alexander)/オリバー・ストーン(Oliver Stone)監督 | トップページ | NHK義経(45)義経の光 »

2005年11月13日 (日)

金魚水槽の掃除

承前

 先回大掃除したのが、10月3日だから、40日振りの大掃除になる。予定では11月1日前後だったのだが、あいにく伏せてしまったので、今にいたった。

 これまでの観察では、あまり神経質にならずに長期的金魚生活を楽しむには、それなりの手当が必要だ。毎日毎日せっせと掃除するのもよかろうが、それではグリ銀もグラ赤金も弱ってしまう。じっと見つめるだけで、鬱になるとかの噂、あるいはイタリアのように水槽は金魚が乱視になるので、動物虐待とかの話も聞く。

 水槽幅45センチの場合、一ヶ月に一回風呂場でスポンジを使って大掃除すると、実にすっきりする。金魚に毒かもしれないので、洗剤類は一切つかわない。

 大掃除するまでの間、水の入れ替えは、一週間に一回、30%程度か、あるいは二週間に一回50%程度がよかろうか。最近の浄化フィルターは強力なので、水の透明度は常に高いから、まあ、その程度でよかろう。

 フィルターは一週間に一回、ぬるま湯にひたして両手でぱたぱたすると、水が真っ黒になる(笑)。説明書には、二週間に一回取り替えよと書いてあるが、Muは一ヶ月に一回取り替えることにした。ものすご元気だから、それでよかろう。

 観察してきたが。
 ちっこいグリ銀は、異様なアクロバット潜水を行い、水面に飛び上がり、水を口から吐く。鉄砲魚みたいだし、その潜水というか、潜るのも浮上するのも、スクリューのような、メビウスの輪のような航跡を残す。そして時々底でお腹を上にして死んだ真似をしたり、水車の影に逆様になったままじっとしている。今日などは、横になったまま餌を食べていたのだが、さすがに同僚のグラ金魚が寄ってきて、つんつんとつつき「おまえ、あんまりふざけた真似すんなよ」と注意していた。もしかしたら、またりん翁が乗りうつっているのじゃ無かろうかと、噂が絶えない。実に元気だ。

 弱ってお腹を上にしたままだと、完全な病気らしいが、グリ銀に限って言うと、宇宙遊泳しているようなもので、まるで病弱には見えない。メビウスの輪のような潜水を繰り返す金魚。これは、もしかして珍魚かねぇ。

 巨大なグラ金魚は、いつもおっとりしている。ちょうど深度半分くらいのところでじっとしているので、わかりやすい。これぞ金魚という風情を崩さない。面白味に欠けるともいえるが、この落ち着き振りがたまらない安定感、癒しをもたらす。

 というわけで、今日の日曜、町にでて帰ったあと、一眠りして、充分に金魚水槽を洗った顛末、記すなり。

追伸
 青や緑や白石や、そしてタダスノモリの呪術黒石や。おまけに金魚藻や、水車や、付帯物を洗うのに手がかかった。とくに、石は底一面に敷いてあるので重い。また白い多数の貝殻は、洗うのに注意しないと壊れてしまう。なかなかに、グリとグラの世話も、神経を使うなぁ。
 なお、水量は、バケツで4杯から5杯。沢山はいる(あえて、計算はしないが)。

|

« アレキサンダー(Alexander)/オリバー・ストーン(Oliver Stone)監督 | トップページ | NHK義経(45)義経の光 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/7084889

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚水槽の掃除:

» 金魚水槽の掃除(2005/12/04) [MuBlog]
承前  途中水を入れ替え入れ替えしてきたが、日曜の4日に大掃除をした。先回が11月の13日だったから、20日あまりといえようか。今回は写真を撮った。 グリ銀とグ [続きを読む]

受信: 2005年12月 7日 (水) 05時22分

« アレキサンダー(Alexander)/オリバー・ストーン(Oliver Stone)監督 | トップページ | NHK義経(45)義経の光 »