« エジプトの神々(5)MA-FOOT:マフト/浅茅原建 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十八「乾坤の章」 »

2005年11月 3日 (木)

チェオクの剣 (01)

 木曜の夜10時、BS2の前に今夜も寝ころんでしまった。
 先週は、チャングム最後の回で大団円だった。よかったなぁ、チャングム。

 ヒロインは今夜も若い女性だった。あたりまえだ、「ヒロイン」なんだから。
 最初、特撮というか、忍者みたいな動き、画面が急にカタカタと駒落としのような、そうでもない静止画になったりして、目が回った。現代風の若者好みの音楽が流れたり。青春ドラマのような雰囲気でもあった。
 なんだか、わかりにくいドラマだった。
 昔はやった「北斗の拳」のような、あるいはB'zのようなノリ。

 しかし、ドラマが終わったとたんに、このMuBlogを書き出したのは、うむ、脈がある。あんな風に画面をくるくるぱーにしなくてもよいのにと思いながらも、日本のアニメをそのままドラマにしたような人物の動きに、まあ、それが今風なのかと定めて、しらぬまにTVの前に居座ってしまった。

 TV前に座ったのがイノチ取り。ああ、これでまた毎週木曜日はTV爺さんになってしまう(笑)
 実は、午前中は前々から見ている中国製の水滸伝DVDにものめり込んでいた。
 日本の北方水滸伝、中国の水滸伝ドラマ、そして今夜韓流の女刑事のような密偵のような、鬼平のような。
 三者三様、じつにこの世はおもしろい。

 さて。
 物語はまだ読めない。17世紀の朝鮮が舞台だ。チャングムとは一世紀あとの話。都には左右の警視庁みたいなのがあって、チェオク嬢はその片方の役所の下働きのようだ。しかし、殺人の検死から、犯人推理まで、いやいやそれだけじゃない、武道も一流。遁走する犯人を濡れタオルで「バシッと一撃」昏睡させる技も持ったすぐれ者。
 殺人事件捜査なのか、左右警視庁喧嘩の仲裁なのか、都を騒がす贋金造り犯人検挙の密偵なのか。
 来週どうなるのか、ともかく和流とはちがって、すべてが破天荒にみえるから、先がよめないミステリ。

ではまた来週、茶母(タモ:役所の下働き)さん再見。

|

« エジプトの神々(5)MA-FOOT:マフト/浅茅原建 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十八「乾坤の章」 »

茶母」カテゴリの記事

コメント

ちょっと気になって一言。

チェオクの剣、(1)のままですが、実はすでに(4)まで見ておりまする。
毎回ものすごくおもしろくて、なにかblog日記を付けようとする気持がなくなるくらいに、ぶっ飛んでしまいます。

書きようがない面白さ。要するにスジがどうの、韓流文化がどうのって、いう気持がなくなるわけです。ひとこと「ああ、おもしろい。すっきりした。よう眠れる」です。

BS2チャンネルなので、そのうち普通のNHK総合でも放映されるかされぬのか、……。
機会があれば、ぜひ御覧下さい。

先回(4)は、忍者みたいなのが、空を走るんです。山田風太郎の世界ですよね。

投稿: Mu | 2005年11月26日 (土) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/6883168

この記事へのトラックバック一覧です: チェオクの剣 (01):

« エジプトの神々(5)MA-FOOT:マフト/浅茅原建 | トップページ | 北方謙三『水滸伝』十八「乾坤の章」 »