« エジプトの神々(1)RA:ラー/浅茅原建 | トップページ | エジプトの神々(2)KDS:カデシュ/浅茅原建 »

2005年10月13日 (木)

つれづれ

 今夜は少し遅くまで起きている。
 さっきまでBS2をみていた。いつも見ているドラマだが、終盤に入り、あと数回で終わるのだろう。
 今夜も楽しめた。

 日々が高速で過ぎていく。さだまった仕事や読書や、そして物思いを、さだまった手順方式でこなしているからなのだろう。不安も、自責も懸念も希望も、未来も、そして余生も定まった心の規(のり)のなかで破綻なくこなしている。怒りでさえも、怒るべくして怒り、おさめるべくしておさめ、悲しみでさえも、笑顔でさえも、フレームのなかで処理していく。

 かといって能面のまねごとではない。表情を身振り手振り目元にあらわにして、日々生きている。
 現実の反動(リアクション)があったとしても、かわせるものはかわし、やり過ごすものはやり過ごし、とどまる負のエネルギーにさえ身をさらし、焦熱の焼きごてをうけ、なお次の世界では、無敵となって、その次の世界では放浪の旅に心を彷徨わせる。

 というわけで、日々、考えるいとまもなく、感情も身調も、手順通り約束通り執行され、カレンダーが一日一日黒く塗りつぶされていく。

 今はもう秋。
 食事が進み、睡眠がすすみ、読書がすすみ、頭が澄み渡り、心がバネのようにたわみ、次の解放に力を込める。
 さて。
 今夜はどんな本を読んでみるのか。
 そろそろ、エンジンをフルスロットル、霧状のガソリンに空気をたっぷり吹き込み、燃焼をたかめ、シリンダーを活性化し、タイヤを回転させ、道の続く限り、ガソリンの続く限り、走るべきなのだろう。
 たしかに読書しながら、ハンドルを握り、シートに背中を押しつけ、両腕を伸ばし、はしることは出来ない。

 だから、布団の中でそうしていると、いつの間にか目が閉じられて、いつのまにか時計がまわっている。
 明日も元気に起きだそう。
 日々、気持がよい。
 今夜はそんな秋の夜長だった、現在23:22。

|

« エジプトの神々(1)RA:ラー/浅茅原建 | トップページ | エジプトの神々(2)KDS:カデシュ/浅茅原建 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です

この数日は珍しく忙しいのです。blogも出来ない程忙しく大変でした。20日頃までは続く予定です。

珍しく、翻訳作業をしてましてかなり膨大な量なので、大変です。頭が日々退化しているので、たまに電流を流すと短絡を起こすようです。

これからも、日々、刺激を求めて頑張らないとホンマ身体が駄目になりそうですね。新しい事に何でもいいから、挑戦してゆきたいです。

投稿: jo | 2005年10月17日 (月) 12時20分

joさん、2005年10月17日 午後 12時20分

 大変なお仕事ですね。
 普通は、若い語学堪能な人に下訳をしてもらって、それからじっくり翻訳するような話も聞きます。
 機械翻訳が十分にこなれていたら、楽かも知れませんがねぇ(笑)。

 なまなかの時間では、翻訳は難しいと思います。相当に慣れた人でも、外注するようですから。

 ただ、その対象世界を知っていないと下訳も外注も、ツボにはまらないから、ますます。

投稿: Mu→Jo | 2005年10月17日 (月) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/6387062

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれ:

« エジプトの神々(1)RA:ラー/浅茅原建 | トップページ | エジプトの神々(2)KDS:カデシュ/浅茅原建 »