« MuBlog 目次 :記事 逆掲載順 | トップページ | NHK義経(42)義経帰京、再起 »

2005年10月23日 (日)

バカ・メールの手口

 最近ずっといろんなメアド(つまり数種類持ってます)に、手をかえしなかえ、バカ・メルが注ぎ込まれてくる。
 どうにもくそいまいましいものだが、幸いniftyアドレスはガードが堅く、これまで丁寧に処置対応してきたので、随分減少した。

 ある種のメアドは@マーク前で判別させて、完全無効にしている。もちろん、まともなメールもその拒絶にひっかかる可能性は数パーセントあるが(すでに分かっているのもある)、思い切りというか、あっさりあきらめるのも必要だ。人によっては、同一携帯電話アドレス以外はすべて、本人がメル到着に気がつかない時点での抹消オプションをとっている人もいる。だから、パソコンからは絶対に届かない。

 さて、今日の見本。男性ならドキリとするような手の込んだメルがきた。Muはこれを記した後で、niftyメルに処置をする。完全抹消直前のメル。(男性だけじゃない。女性だってこの手のこんだメルに襲われるかも知れない)

  件名:大変でしたね
  昨夜は凄い渋滞でしたね

  差出人:田中麻美<asami@@@@futarinojikan.net>
  ↑慌て者がメルを無意識にださないように、@の大盛りにしときました(老爺心)
  わざわざ送って頂きありがとうございました。
  是非また誘ってください。
  取り急ぎ御礼まで
  麻美
  HTTPは、//futarinojikan.net/24/
  ↑慌て者が、これを押さないように、変更しておきました(老爺心)

 識者は(笑)、こういうメルを受け取ってMuがドキリとすることに、それこそ深読みして、「Muさん、ドキリとするような煙があるんですか」というかもしれない。実は、……全くない。しかし職業上、先月か先年か、十年前にか、脚をケガして難渋しちょる、そこなお女中、お嬢様達を、送ったことがあるかも知れない(記憶にございません)。

 まず、田中麻美という人物をMuは脳スキャンした。田中姓は星の数ほどあるから、これは時間がかかる。
 なぜか。なぜそれほど神経質にするのか。実はですね、先月大学のエレベータで、うろ覚えのある学生と二人になったので、相手の会釈に返して「もしかして、僕の授業をとってますか?」と、尋ねたら、ものすごく不審な顔をして「先生、ひどいですね。先週、教室で私を班長に指名なさったじゃないですかぁ~」。これには、もう、穴があったら生き埋めになりたかった。汗がでた。

 そういう前歴があるので、もしも知人・学生・もろもろが、間違ってMuのアドレスに送ったなら、それとなく知らせるか、あるいは、無視してあげるのがよいのか、様々に悩んだということです。
 無視するのが最良なのはわかっていますがね。
 そこは職業柄、若いもんが、せっかく相手にメルして、届かなかったばっかりに~とか、あれこれ想像する性格なんですよ。それだけのこと。

 というわけで、こういう素知らぬ顔したバカ・メルがそろそろ出回りだした。
 本当に、公共のインフラを、なんと心得ておるのでしょうね。
 内心、相手のメルサーバboxに、テラ単位の送信をして、破壊したい衝動にかられましたよ。
 (まあ、それは同じ穴の狢、犯罪ですわな)

追伸
 数秒後にバカメルと判断したのは、futarinojikanなどというふざけた文字列に気がついたから。こういうメアドを造る者は余の知人にはおらぬ。(いても、知らぬ!)

|

« MuBlog 目次 :記事 逆掲載順 | トップページ | NHK義経(42)義経帰京、再起 »

Blogメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/6532148

この記事へのトラックバック一覧です: バカ・メールの手口:

« MuBlog 目次 :記事 逆掲載順 | トップページ | NHK義経(42)義経帰京、再起 »