« NHK義経(40)義経の血涙 | トップページ | 日出処の天子(6)/山岸凉子 »

2005年10月10日 (月)

気がついたら夜の9時過ぎでした

 今日は、早朝からぐでぐでしていたのだが、思い立って葛野へでかけた。
 なにをする予定もなく、休日に勤務先へでかけるのだから、脳天気なことである。
 しかし先客が二名いた。
 なにをなさっておるのやら(笑)。もちろん、お勉強。
 と、……

 なんとぉ、関係倶楽部(葛野図書倶楽部2001)の◎番隊長まで、昼ごろ現れた。
 「一体、なんですねん~、休みというのに、まあ」
 「はい、倶楽部の仕事のし残しを、今の内にすませておこうと思いまして」
 「ほう、精勤やね、そうかい。昼でも近所で御馳走しましょうか、ザめしや(笑)で」
  (ここで何故笑うかは、歴史がある。まあ、この記事と同じで、内輪の話)
 「いえ、終わったらすぐにバイトですので」
 「おお、おお~(感涙)」
  (本当に、世の中には奇特な若者がおる。バイト前に一仕事とは、見上げたもんですよ)

 さて、先客お二人は各人研究室にこもっておられるので、また葛野は、し~ん、となった。
 Mu、さっそくに、なにをしようかと約一時間横臥し、じっと考え込んだ(本当です)
 で、はたと手をうった。
 そうじゃ、あれをしよう。

 ……夕方。
 最近の夕方はすぐに真っ黒クロスケになる。深夜であるような、もはや夕刻はない世界である。
 しずしずと、葛野を去った。
 おしまい。

追伸
 木幡に帰ってマシンに灯を入れたら、NHK義経(40)に、都合3つものトラックバック(TB)が入った。
 これは珍しい。
 さっそくに、その三つへ返礼TBを送っておいた。
 それぞれ読んでみたが、まあ、おもしろい。なんというか、人の多様性にこの歳になってまた刮目したぞ。
 同じことへの、感じ方、表現の仕方が、ほんとうに十人十色。Muは真剣に(本当です)義経を見ておるので、その違いや、面白さがよくわかる。
 記念にリストしておく、ありがたいTBでした。

  情を封印した将軍 (若葉マークは無敵の印!)
  義経40 政子さまの陰謀 (ぱるぷんて海の家)
  大河感想「血の涙」 (近く本朝うかがうと)

|

« NHK義経(40)義経の血涙 | トップページ | 日出処の天子(6)/山岸凉子 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/6341315

この記事へのトラックバック一覧です: 気がついたら夜の9時過ぎでした:

« NHK義経(40)義経の血涙 | トップページ | 日出処の天子(6)/山岸凉子 »