« 日出処の天子(3)/山岸凉子 | トップページ | 飛鳥路 »

2005年9月 6日 (火)

またりん君に朝顔を

朝顔一輪

またりん君に朝顔を
 朝顔の一輪を部屋に飾った。たくさん咲いていたので、部屋も花にした。花の好きな猫君だった。なんともいいようのない性格だった。おとなしくて、ふくむところがあって、聡明で、上品で、じっと外界を見つめていた。なによりも頑固だった。そのまたりん君に朝顔を、この言葉が自然にでてきた。

|

« 日出処の天子(3)/山岸凉子 | トップページ | 飛鳥路 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/5818011

この記事へのトラックバック一覧です: またりん君に朝顔を:

» わが名は、またりん [MuBlog]
承前 またりん君に朝顔を     またりん翁、さようなら  速いもので一年経ってしまった。今日の6月27日は、またりん君の命日になる。  いまだに、せまい部屋の中を、さっと、そそそっと駆け抜けていく気配がする。  白が好きな猫君だった。  白いシーツ、座布団、白にくるまっていた。  本人は、ほんの少し灰色がまざって、シ... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 22時04分

« 日出処の天子(3)/山岸凉子 | トップページ | 飛鳥路 »