« 絵葉書:能登半島・禄剛崎灯台 | トップページ | 絵葉書:金沢城と兼六園 »

2005年9月29日 (木)

光源と埋蔵物

 古墳のことじゃなくて。

 今夜、気がつくと、BS2で「第一容疑者」という英国警察・女性警視のドラマに魅入ってしまっていた。結局後編だったのだが、2時間見てしまった。
 女性警視は、元部下だった男性署長から、退職を迫られていた。
 英国政府からは、民族・宗教戦争の古傷を暴くなと、恫喝をうけていた。

 8年前に、ボスニア・ヘルツゴビナの戦争の古傷、英国にわたった元民兵が、人を殺して埋めた。それを、いろいろな事情で、元民兵が証言したから、発見されたという背景だった。

 深い穴に人骨がそのまま埋まっていた。鑑識課の人達が、ピンセットで遺体を探っていた。穴の回りには沢山の光源があって、穴の底を照らしていた。

 キューブリック監督の、2001年宇宙の旅で、前半の終わり近くは、月面に掘った穴から黒い石柱が現れ、その回りを沢山の光源が照らしていた。

 埋蔵物がでてくると、穴の回りには光源を置くようだ。
 それだけの話。
 印象深かった。

|

« 絵葉書:能登半島・禄剛崎灯台 | トップページ | 絵葉書:金沢城と兼六園 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/6176768

この記事へのトラックバック一覧です: 光源と埋蔵物:

« 絵葉書:能登半島・禄剛崎灯台 | トップページ | 絵葉書:金沢城と兼六園 »