« 十六万アクセス | トップページ | 平等院梵鐘、桐原水のトンボ »

2005年8月31日 (水)

作家の値うち/福田和也

 2000年に飛鳥新社というところから、福田和也『作家の値うち』がでてている。当時の現役作家100人(娯楽作家から芸術作家、半数づつ)の主要作品574作を100点満点で評価したものである。
 Muは当時随分熱心に読んで、そこで選ばれた数作を読んだ覚えがある。

 それ以前にMuが感動して読んだ作品が「人前で読むな、恥ずかしい」と書かれていたり、「なんだこれ」と思ったのが90点(90点を超えると文学、いや世界文学史上残してもよい作品となる)以上あったり、ふむふむとうなずいたりで、なかなかスリリングだった。

 しかし反響がいろいろあって、扱いの難しい図書と今でも思っている。
 おもしろがってこっそり読んでおれば良いのだが、最近気むずかしい本も時には読まなくてはとおもって、今朝ぱらぱら眺めていた。

 索引(INDEX)がおもしろく、つい読み浸った。そこだけ部分・引用してメモとしておく。福田の評価では50点以上が優れた文学となっているようだ。50点以上だと読むに値するのだから。

 90点以上 : 世界文学の水準で読み得る作品。
    96点→『ねじまき鳥クロニクル』(村上春樹) 他古井由吉、石原慎太郎
    90~96に17作品/全574
 80点以上 : 近代日本文学の歴史に銘記されるべき作品
    89点→『海辺の光景』(安岡章太郎) 他阿川弘之、島田雅彦、山崎豊子、町田康
 70点以上 : 現在の文学として優れた作品
    79点→『龍臥亭事件』(島田荘司) 他
 60点以上 : 再読に値する作品
 50点以上 : 読む価値がある作品

 40点以上 : なんとか小説になっている作品
 39点以下 : 人に読ませる水準に達していない作品
 29点以下 : 人前で読むと恥ずかしい作品。もしも読んでいたら秘密にした方がいい

 で、このガイドブックに対するMuの評価だが。
 うむ。
 75点。
 ただし、評価表(各要件の中には、「ともかく良い」「ともかく悪い」というきわめて独断的項目もふくめてよい)の整備と、各作家内での最高と最低との、それぞれ詳細評価があれば、世界文学批評の貴重なガイドブックとして92点。現状と先行投資(笑)とで、足して割って、成績簿には86点優を付けることだろう。素晴らしい。

|

« 十六万アクセス | トップページ | 平等院梵鐘、桐原水のトンボ »

小説木幡記」カテゴリの記事

読書余香」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/5717794

この記事へのトラックバック一覧です: 作家の値うち/福田和也:

« 十六万アクセス | トップページ | 平等院梵鐘、桐原水のトンボ »