« 過去写真 3:披露宴手伝いのMu | トップページ | 影武者徳川家康/隆慶一郎 »

2005年8月18日 (木)

初夏の助勤会・2005/07/14

祇園のNEXUS
辰巳橋界隈地図

食前の記念写真

食前の記念写真
 この7月に、授業を一緒にしてもらっている助勤さんたち5名と祇園のNEXUSへまいりました。この五名が2005年の倶楽部の4年生です。あとに三年や二年の人達がたくさんおるのですが、この日は助勤デー、すておいて出かけるのです。場所は、祇園の辰巳大明神北の「NEXUS」です。雰囲気のあるお店です。Muはカナーン96という研究会の人達と1997年頃に一度行った記憶があるのです。

食後の記念写真

食後の記念写真
 Muは最近なんとなく気がついてきたのですが、夜間撮影でフラッシュを使わないと、随分趣のある写真が撮れますね。それと、ひそかにblog掲載を考えていたので、あんまり鮮明すぎるのもなんとなく、申し訳なくて。というわけで、これはフラッシュなしで撮しました。みんな、食べて飲んで、随分ごきげんのようですねぇ。学生達に気働き良く手伝ってもらうには、言葉は不要、祇園あたりで一晩食べさせれば半年もつ。などと、無駄口をたたくと、鉄槌が落ちてきそうですなぁ。

中国茶と煎茶とマフィン

中国茶と煎茶とマフィン
 この茶房は何十回行っても名前を覚えられません。三条大橋近くの「がんこ寿司」の、道を挟んだ南側のビルの6階あたりにあります。このMuBlog でもいくつか断片記事があるはずですが~。たくさんのお茶があるので、Muのように珈琲まみれの男には、普通には一人で入ることはまずないです。ただ、珈琲嫌いな若い娘っこたちと行くには、大抵喜んでくれますね。なによりも、三条京阪駅が近くなので、夜の9時過ぎにさっと特急に乗れるというのも、Muがよく案内する理由でしょう。つまり、Muの夜9時は一般人の深夜零時のようなものなので、歩きながら寝ている始末の時間帯。さっと、空いた電車に乗れる快適は捨てられません。

|

« 過去写真 3:披露宴手伝いのMu | トップページ | 影武者徳川家康/隆慶一郎 »

美味しいところ」カテゴリの記事

葛野図書倶楽部2001」カテゴリの記事

コメント

4年生の彼女達は来年には、世間の荒波に漕ぎ出すんやね~~。

温かい、Muせんせの懐とは、大違いの、怖い世界に出なければいけない。

幸多かれと祈りたいし、頑張れとエールを送ります。

しかし、最近は男子生徒の方が弱弱しい感じがするな~~、特に、我が家の馬鹿息子をみてるとね。

投稿: jo | 2005年8月19日 (金) 21時09分

joさん、2005年8月19日 午後 09時09分

 一般に、男子は育てにくい「物」です。出生以来死亡率も高いようですね。生物学的にみると、すべてにおいて、「男」は余り物らしいですよ。ようするに、両性が必要なのではなくて、造化の妙でしょうか、男が女からこぼれ落ちたらしい。原点は女らしい。
 恐ろしい事実です。

 で、来年卒業していく若者達ですが。
 「社会」で社員として、働くことへの不安はあるようです。

 Muも、振り返ると、いままでようもまあ、世間の中を、アップアップしながらも泳いで来られたと、痛切に噛みしめます。などと、このblogは若いもんたちも読むから、詳細を書くのは止めておきます。

 気がついたら、年取っていた、あはは。
 で、よいことにしましょう。
 なあ、Jo爺さんや。簡単なことやねぇ~

投稿: Mu→Jo | 2005年8月19日 (金) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/5523499

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の助勤会・2005/07/14:

» さよなら助勤2005 [MuBlog]
 昨夜、葛野図書倶楽部2001、助勤2005達と伏見港の「鳥せい本店」で別れの宴を持った。倶楽部としては「新誠会」という総会が3月上旬に近くの「黄桜」であり、2005年次の人達とはそれで最終決着・手切れがすむのだが、「助勤会」というのは余人を交えぬ4年生達だけなので、思いもひとしおだった。  16:45に京阪電車中書島駅改札で待ち合わせし、そこで3名と合流した。副長、書記局上級顧問(書記局系)、レスタト班総長(三番隊系)だった。中書島の界隈をとぼとぼと龍馬通りを通って、鳥せい本店まで歩いた。17時に... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 05時08分

» 祇園の一夜:初夏の助勤会(2008/07/25) [MuBlog]
承前:初夏の助勤会・2005/07/14  金曜の夜、祇園で一席設けることができ、気分的に、これで2008年の前期が終わったと、安心できました。上記「承前」記事が2005年であることで分かるように、葛野図書倶楽部2001という小さな組織であっても、年次によっては通常行事ができないこともあるのです。かつかつ毎年度末に、伏見港界隈で「新誠会」という送別会を欠かさず執り行ってきたのが奇跡のように思えるわ... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 01時33分

« 過去写真 3:披露宴手伝いのMu | トップページ | 影武者徳川家康/隆慶一郎 »