« θは遊んでくれたよ/森博嗣 | トップページ | きょうとだいがく・とけいだい:京都大学の時計台 »

2005年5月25日 (水)

「弁慶うどん」で中華麺

承前(辨慶うどん)

 きょうは会議時間前の昼食時、用意するのを忘れていた。まだ足を杖でカバーしている季節なので迷ったが、結局、弁慶うどんへ徒歩5分のところが、日頃の早足も無惨、10分かかった。
 やおら席につき、「べんけい」まではスグに言えたが、そのあとが、なんというか神も仏も恐れぬ言葉を吐いてしまった「中華麺で」(笑)。
 純正うどん屋で、いつもは「蕎麦で」というさえはばかってきたのに、Muもそろそろ狂ったのでしょうか「中華麺」。おお。

 よいお味でした。40年もむかし、嵯峨野高校の食堂でたべた中華麺てんぷらを思い出しました。
 諸子、いちど、中華麺でおためしあれ。
 なれど、まともなうどん、蕎麦屋さんで、中華麺をサービスしてくれるのは、もしかしたら、全国でもこの葛野五条の「弁慶うどん」だけではないでしょうか。

 なお、「べんけい」とは、おいしい絶品の鰹節その他秘伝のだし汁に、麺{うどん、そば、中華麺}のどれかをいれて、激辛のきんぴら、甘いおあげ座布団、そして「肉」、さらにきざみネギやまもりを載せたものです。
 ともかく、中華麺も美味い。
 今度は、はばかりも多いので、いつもの蕎麦にしますがね。今日は、中華麺がよかった(にっこり)。

|

« θは遊んでくれたよ/森博嗣 | トップページ | きょうとだいがく・とけいだい:京都大学の時計台 »

美味しいところ」カテゴリの記事

コメント

せんせ

冷やし中華のjoの料理の記事が頭に
ありましたな?

ところで、キザミネギや、まもりを載せた?
まもりって、何やろ?と、勘違い、山盛り
でんな。ハハハ 間違いしました。

美味しそうですね。一度、連れて行って頂戴。

投稿: jo | 2005年5月25日 (水) 22時57分

もうすぐ梅雨が始まりますね

(まだ足を杖でカバーしている季節なので迷ったが)
とあるのが気になりました。
老師もややこしい(宿痾)を、いろいろと、持ってはるようですね。

 池波正太郎は(老師 長谷川伸)から形見の杖をもらったと聴きます。
正太郎さんは痛風で悩んでいたようですね。

 その正太郎さんが、杖にはビワの木が最も良い、と書いています。
あるいは友達のためにビワの木を削って一本の杖を作って送った、と書いていたのかしらね。

 当方の方丈の庭には何故か一本ビワの木があります。
ビワには珍しく、まっすぐに伸びています。
ちょうど杖を作るに手頃な大きさになってきました。

投稿: ふうてん | 2005年5月26日 (木) 00時12分

joさん、2005年5月25日 午後 10時57分
 たしかにね、Joさんの冷麺は神域のものだね。
 写真を見ると豪華絢爛。
http://akatonbo-jo.cocolog-nifty.com/jo/2005/05/jo_18ee.html

 しかし、Muはたぐいまれな「カニ」好きなので、カニラーメンがよろしいな。今日の昼食は、カニちらし弁当ですぜ。

 弁慶は、
 中華麺でこういうのを食べられるのはめずらしいです。けど、Joさんやふうてん爺さんがきたら、おすすめは「肉うどん」ですね。まず、関西でも指折りの味でしょう。
 地元もね、捜すと、鄙にはまれな味わいがあるもんです。
 別途、コーヒと蕎麦は、格別なんもありますが、これは秘中の秘。直接現地案内いたします。

投稿: Mu→Jo | 2005年5月26日 (木) 07時34分

ふうてん爺さん、2005年5月26日 午前 12時12分
 今は、たぶん桜とおもうのですが、結構よい杖を使っております。けど、先が減ってきますね。
 ここの所は、長い枇杷の杖、原木を所望したいところですな。

 Muのは、マウス症候群にしても、杖付き症候群にしても、メンタルな領域問題ですな。要するに、CPU稼働が7割超えた状態で数週間過ごすと、必ず発症しますです。脳の容量が小さいから、知恵熱とともに、ものすごい老廃物が肩や四肢をめぐるのでしょう。

 意外にもね、中学のころに盲腸炎(虫垂)で一週間入院した以外は、入院知らず、医者知らずなんです。ぽてぽてと寝ておれば、万病が雲散霧消。
 ただ、マシン触ったり、読書したり、プログラミングしたり、作文したりが少し忘我状態になると、あははは、パタン・キュー、ですな。安全弁なんでしょうな。

 というわけで、枇杷原木、杖を造って余生を過ごしたいです。杖は使い出すと手放せません。杖や車は、Muの強力なサーボモータみたいなもんです。
 ただ。
 そのうち、脳を補助するサーボーブレインなんて、必要になるかもしれません。最近、関西では10万円くらいのロボットが、オジキ連にはやりだしたようです。脳がどうなってるかまでは、知りませんが。まだ、む脳なんでしょうな(笑)

投稿: Mu→ふうてん | 2005年5月26日 (木) 07時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/4273648

この記事へのトラックバック一覧です: 「弁慶うどん」で中華麺:

« θは遊んでくれたよ/森博嗣 | トップページ | きょうとだいがく・とけいだい:京都大学の時計台 »