« てんじんがわ:天神川の桜海・平成十七年 | トップページ | 木幡花々平成十七年春(1) »

2005年4月12日 (火)

金魚と住む、平成17年の春

承前(金魚と住む)

 金魚は強い魚です。朝夕ひとつまみ、粉をまぶして、数日おきに水槽を掃除するだけで、我が世の春をおう歌しています。その成長の力強さにはおどろきます。本当に、今秋には水槽を埋め尽くしてしまうかもしれません。

 銀金のグリさんは、大きくなってもグラさんと比べると、相変わらずおとなしい。
 赤金のグラさんは、正面から見ると腹びれが足に見えます。

 グリもグラも、日がな水槽の中からMuを観察しています。不穏な動きを見せると、藻の中に逃げ込む知恵があるようです。詳細は省きますが、金魚は、人や猫を弁別しています、確実に。生き物の不思議です。

春のグリさん

春のグリさん

春のグラさん

春のグラさん

|

« てんじんがわ:天神川の桜海・平成十七年 | トップページ | 木幡花々平成十七年春(1) »

イメージの素」カテゴリの記事

コメント

金魚飼育で思い出しました。

会社の元部下の人なんですが、今は汐留の本社に勤めていて、会社でエビを飼育してるんです。

完全に密閉された容器の中に小さな小さなエビが数匹いるんです。昼間は引き出しから出して、夜は帰宅時に机の中にしまうそうだ。

話によると、アリのバージョンもあると言うてました。東急ハンズか何処かで販売されてるそうです。

Muさんは、研究室では何も飼育していないんですか?(頭も黒いネズミ以外で)

投稿: jo | 2005年4月12日 (火) 15時34分

joさん2005年4月12日 午後 03時34分

 いっときは、マックで熱帯魚を飼っておりましたなぁ。
 頭の黒い云々って、ひどいな。
 そんなあ、金かかってしょうがないじゃないの。

 飼うとしたら、こっそり、そのくだんの、アリンコなんてよいかな。しかし、生き物だから、あんまりけったいな環境はかわいそうだしな。
 
 やはり、ロボットなんかを飼う公算大だね。
 ロボット猫とか、ロボット恐竜。
 これはありうるな。

追伸
 JoBlogを騒がせてしまってすんません。
 ふうてんさんの視点もわかってるし、Joさんの言うこともわかるよ。
 まあ、2千年くらいの幅で歴史をすぐに見てしまう。
 すると、うむ。

 1930年代は、まだ、日本の戦国時代、中国の王朝興亡の時代、ローマ帝国時代、コンキスタドールの時代、とあんまり差異を感じなくなってね。
 ~
 またいずれ。

投稿: Mu→Jo | 2005年4月12日 (火) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/3667407

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚と住む、平成17年の春:

» 金魚鉢というよりも水槽 [MuBlog]
承前[金魚と住む]  昨日は日曜だったが、朝から出町・川端通りへでかけ、金魚鉢を買った。というよりも、四角い水槽である。  こんどのは幅が44cmもあって、水も [続きを読む]

受信: 2005年9月19日 (月) 07時51分

« てんじんがわ:天神川の桜海・平成十七年 | トップページ | 木幡花々平成十七年春(1) »