« 金魚と住む、平成17年の春 | トップページ | ながればし:流れ橋(上津屋橋) »

2005年4月13日 (水)

木幡花々平成十七年春(1)

承前

 今年の春も木幡研究所に花が咲きました。桜花に狂奔した数日間もようやく過ぎ、沈静化してきました。気がつくと身近に、また別の花々がありました。
 花は桜木とは申しますが、木幡花々も、春の花。

木幡花春17-048

木幡花春17-048

木幡花春17-057

木幡花春17-057

木幡花春17-059

木幡花春17-059

木幡花春17-066

木幡花春17-066

木幡花春17-067

木幡花春17-067

|

« 金魚と住む、平成17年の春 | トップページ | ながればし:流れ橋(上津屋橋) »

イメージの素」カテゴリの記事

コメント

流れ橋と沈下橋

 写真を見ていて、下の方に八幡市の(流れ橋)というのがあるのに気づきました。
なんや見たことあるなあ、どこやったかいな?と四万十川のことを思い出しました。

 アチラのは沈下橋いうんですね。
洪水になっても橋は沈むだけで流されない。
対して(流れ橋)は洪水が来たら文字通り流れる。
しかし橋板はシッカリとロープで繋がれて残っていて、水が引いたらまたエイヤコラサッ、と引き戻して橋を作り直す。
Googleはそう教えてくれます。

 なんだか、のどかでいいですねえ。
木津川も洪水に見舞われるのですねえ。
保田与重郎の(日本の橋)を思い出しました。

投稿: ふうてん | 2005年4月13日 (水) 22時50分

ふうてんさん 2005年4月13日 午後 10時50分

 号令一発の前にスタートを切るのは、あっと、なんでしたっけ。
 花の写真を御覧になって、マイフォトですな、その左サムネイルの下方に「橋」がある、そういうことですね。

 実はコメントを読んでいて、???、でした。
 もちろん、いま「流れ橋」の記事をかいているのです。半分。残りは翌朝ですね。
 書いている途中で、このコメントを読んで「千里眼」、はたまた「透視」と、ほんとにたまげました。

 そうか、写真を先に掲載すると、慧眼の士は、次にどんな記事がでるか、予測出来るわけですね。
 うーむ。
 
 で、沈下橋は、今回まったく知りませんでした。今からそれを調べて言及するとまた肩が壊れるんで、四国のことは梅安ふうてん専売にしときます。
 そうですか。沈下橋。四万十川はTVで見ると、異様に美しい川ですね。そこに橋。よいですなぁ。

投稿: Mu→ふうてん | 2005年4月13日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/3680091

この記事へのトラックバック一覧です: 木幡花々平成十七年春(1):

» 木幡花々平成十七年夏8月 [MuBlog]
 さて、この木幡花々記事で、やっと丁度500記事になりました。  (アクセス数をいまみたら、157488件、1日あたりの平均: 301.12でした)  (ついで [続きを読む]

受信: 2005年8月22日 (月) 15時59分

« 金魚と住む、平成17年の春 | トップページ | ながればし:流れ橋(上津屋橋) »