« 0503300・十二万アクセス | トップページ | 0504020・目次:桜狩り »

2005年4月 1日 (金)

0504010・奥州藤原氏の栄光と挫折/今東光

奥州藤原氏の栄光と挫折 / 今東光著<オウシュウ フジワラシ ノ エイコウ ト
ザセツ>. -- (BN08843982)

奥州藤原氏の栄光と挫折/今東光

  東京 : 講談社、1993.3
  253p ; 18cm
  注記: 関係略年表:島津隆子作成:p248〜253
  ISBN: 4062063743
  著者標目: 今、東光(1898-1977)<コン、トウコウ>
  分類: NDC8 : 210.38
  件名: 日本 -- 歴史 -- 平安時代 ; 藤原氏(奥州)
所蔵図書館 11[by WebCAT 2005/04/01]

帯情報

初めて編纂された今東光の知られざる力作
みちのくを愛し、中尊寺貫主をつとめた直木賞作家が、栄華をきわめ、やがて滅んだ藤原一族の歴史と人間模様を雄渾・緻密に描く。

目次情報
プロローグ
第1章 黄金花咲くみちのく—奥州藤原氏を訪ねて
第2章 奥州合戦—源頼義・義家と安倍・清原家の激闘 前九年・後三年の役
  服(まつろ)わぬ民 ○源氏の野望と裏切り
  前九年の役 ○陸奥の豪族安倍氏滅び、経清(つねきよ)討たる
  清原家の内紛 ○清衡・家衡連合軍、真衡(さねひら)を破る
  後三年の役 ○清原家滅び、清衡支配権を確立する
第3章 奥州藤原四代—その栄光と悲惨
  藤原清衡(きよひら) ○平泉王国の創始者
  藤原基衡(もとひら) ○奥羽のモンロー主義者
  藤原秀衡(ひでひら) ○北方の王者
  藤原泰衡(やすひら) ○誤解に満ちた四代目
第4章 付録—関係史跡案内と関係略年表
  関係史跡案内
  関係略年表

著者紹介[カバー返しより]
  今 東光(こん とうこう)
  小説家。天台宗大僧正。
 明治31年(1898)横浜に生まれる。関西学院中等部を中退し上京。大正7年川端康成を知り「新思潮」同人となる。昭和5年比叡山にこもる。昭和26年河内郡八尾の天台院住職。昭和40年12月より岩手県平泉の中尊寺貫主。昭和52年9月死去。

Mu註
 写真や地図、系図がたくさんあって、読みやすい。今氏が生前にかかれたものを、編集者が編纂したもののようである。「コラム・年表作成 島津隆子」と記してあった。このコラムが分かりやすくおもしろい。
 Muは今年、NHK大河ドラマ「義経」について鑑賞記をつづけているので、その折なにかと本書を役立てている。
 今東光さんについては、いつか書いてみたい。保田與重郎『現代畸人傳』に、今さんと今さんのお母さんが登場している。今さんの作品は数点しか読んでいないが、映画ではいくつか観た。
 今さんの弟さんとか、縁者は、文化庁とか図書館とか、なんとなく気になる方がおられた。

 なお、今さんには谷崎潤一郎とか川端康成との交友録があって、随分おもしろい。たぶん、あの時代、みんな「不良」だったのだろうな(笑)。

|

« 0503300・十二万アクセス | トップページ | 0504020・目次:桜狩り »

読書の素」カテゴリの記事

コメント

今東光のファンでした

 今から30年ほど前、今東光はテレビにもよく出ていました。
その影響なのでしょうか、小説もけっこう読みました。
一種の(偽悪家)ではないかと思っていました、そのスタイルがね。

 今日出海という仁も良かったですねえ。
いつだか京都の病院に入院していたとき、暑くってたまらない8月に、それでも(地蔵盆どすえ)という声が聴こえてくると、フッと秋風を感じた、と書いていたのが印象に残っています。

投稿: ふうてん | 2005年4月 1日 (金) 20時36分

ふうてんさん (4月 1, 2005 08:36 午後)
 一世風靡は映画「悪名」シリーズでしたね。
 勝新太郎さんと田宮二郎さん。
 しかしなんですなあ、いまどき、今東光のファンだったなんて、御仁にめぐりあえるのも、blogのよさです。
 お吟さま、でしたかな。直木賞は。
 今東光さんは、大昔、銭湯の中で、谷崎潤一郎と出会って以来、弟子入りというか、親交を深めたようです。

 Lunaのビラ一枚とか、奈良公園の茶店でうどんとかワラビ餅とか、まあ、人と人との出会いは、けったいなもんです。
 

投稿: Mu→ふうてん | 2005年4月 1日 (金) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/3517823

この記事へのトラックバック一覧です: 0504010・奥州藤原氏の栄光と挫折/今東光:

» NHK義経(48)藤原秀衡の最期 [MuBlog]
承前 高館(たかだち)(岩手県西磐井郡平泉町平泉)地図  義経が奥州の藤原秀衡(ひでひら)のもとに帰還したのは、1187年初頭であったか。その秋十月に秀衡がなく [続きを読む]

受信: 2005年12月11日 (日) 17時58分

« 0503300・十二万アクセス | トップページ | 0504020・目次:桜狩り »