« 0502250・わに:王仁墓と王仁公園 | トップページ | 0503030・けいたいてんのう・みしまあいの:継体天皇三嶋藍野陵 »

2005年2月27日 (日)

0502270・NHK義経(8)牛若の夢

承前
 今日は早朝から水滸伝(北方謙三)の13、14と2冊も完読した。じつによい。後味も。しかし書評らしきものを書くには腕が動かない。何千度も記すが、左手マウスを触る想像をするだけで右腕右肘にツーッツと痺れ、痛みが走る。笑っている、生命体の不思議さに。脳はイメージを痛みに見事変換させる、想像絶する能力を持っている。

 さて義経。じっくり楽しもう。先程温泉湯に鼻先まで浸かった。
 よい人生であるぞ(笑)。
 これで両手両腕が往年の神の手のようにマウスやキーボードを操れるなら。おお。
 では、後刻に。

鑑賞後
 これまで義経のことにはあまり言及しなかったが、今夜見終わって思った。彼はあのドラマで古典的な二枚目を演じていて、それがとてもよい、と思った。母思い、友人思い、師匠思い、そして育ての親(清盛)思い、夢。
 それで佳いと深く思った。
 いずれも、生きていく内に捨てていくものばかりなのではあるが。
 血と暴力と裏切りと、抗争、そして義経の場合には好色、総ては背景にしつらえてある。
 だから、義経を背景から浮き上がらせて、今夜描いている、それで佳いと思った。

 あの二枚目、オタッキーとしか知らないが(ターキーだったか?)、うまく乗り出したなぁ。
 30年後、しぶく光るように思えた。

今夜もおもしろかった。
小松殿の縁地を散歩してもよいなぁ。東山、山麓。

|

« 0502250・わに:王仁墓と王仁公園 | トップページ | 0503030・けいたいてんのう・みしまあいの:継体天皇三嶋藍野陵 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

今日のテーマは”別れ”でした。

清盛との別れ、母との別れ、友人との別れですね。

母が用意した、侍の元服の衣装は良かったです。父の形見の短剣を受け取り、腰に差す。

これで、今後の行く末は決まりましたね。もはや、平家の世界では生きてゆけない、源氏として又は、奥州の藤原氏の一族として活路を見出すしか無い場面でした。

ところで、吉次の嫁さんですか?抱いてる、猫はシャム猫ではないでしょうか?流石に、海外貿易の雰囲気がでていて、猫も普通ではない。

投稿: jo | 2005年2月27日 (日) 22時01分

>滝沢秀明さん・・・タッキーです。
 オタッキーはどうもなじみません・・・。

 美輪明宏さんがトーク番組で興味深いことをおっしゃっていました。

>「家族」というものについて
 家族というのは、一緒に苦楽をともにしてこそ家族。義経と頼朝は血がつながっていたとはいえ、それは血液のつながりだけであって、家族ではない。
 それより義経と苦楽をともにした弁慶やその家臣たちの方こそ義経にとっての家族といえる・・。

 そんな風に考えると、この回の義経の清盛への思いもわかるような気がしました。

投稿: | 2005年2月28日 (月) 11時15分

今度はインフルエンザみたいですなぁ。
全身脳、機能せず。後日に。

投稿: Mu | 2005年3月 1日 (火) 12時54分

大丈夫ですか~~~~?

インフルエンザは40度の高熱が出ますので、必ず医者で検査をして薬が必要です。泣きっ面に蜂、土砂降りに雨、でんな。

投稿: jo | 2005年3月 1日 (火) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/3100666

この記事へのトラックバック一覧です: 0502270・NHK義経(8)牛若の夢:

» 0503060・NHK義経(9)元服:源九郎義経 [MuBlog]
承前  義経もさることながら、本日3月6日で丁度MuBlogも一年を満たしました。明日7日がMuBlog 誕生日です。  この記事を含めて385件記したので、一 [続きを読む]

受信: 2005年3月 6日 (日) 21時45分

« 0502250・わに:王仁墓と王仁公園 | トップページ | 0503030・けいたいてんのう・みしまあいの:継体天皇三嶋藍野陵 »