« 0501130・日本・文学・エッセイ:檀流クッキング/檀一雄 | トップページ | 0501160・奉祝行事予定:10万アクセス間近! »

2005年1月14日 (金)

ダルマ大師/浅茅原建

ダルマ大師

ダルマ大師/浅茅原建

 2005/01/12 浅茅原建、木幡にて制作。細密画、ペン描き。

|

« 0501130・日本・文学・エッセイ:檀流クッキング/檀一雄 | トップページ | 0501160・奉祝行事予定:10万アクセス間近! »

建画廊」カテゴリの記事

浅茅原建作品」カテゴリの記事

コメント

達磨大師を選ばれたのは何か理由があるんでしょうね。眺めていると既成の達磨さんと異なり、何か本来のインド生まれの禅宗の外人さんの容貌ですね。

細密画は根気がいるでしょうし、時間もかかるでしょうから大層時間をかけて描かれたんでしょうね。

斎明天皇の肖像画が奥様で達磨さんはMuさんでしょうか?

投稿: jo | 2005年1月15日 (土) 10時52分

joさん (1月 15, 2005 10:52 午前)
 えらいおくれコメントで、すみません。
 今朝になって、ちょっとエアポケット。
 つまり、今日も葛野へ行くつもりが、先夜に根を詰めたら、まあ、日曜くらい休憩できる時間が出来ましてな。

 著者に確認したところ、斉明さんもダルマさんも、他人さんがモデルのようです。そんなん、身近なところをモデルにするような、危ないことはしやせん。

 あの斉明さんやダルマさんが、いざ立ち上がると、ゴーゴン妖女になったり、ダルマの顔がかぱっと割れたり、そりゃモデルになったら、たまりませんで。
 知らぬが仏。

 細密画。これ、体力を消耗するようです。

投稿: Mu→Jo | 2005年1月16日 (日) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/2567624

この記事へのトラックバック一覧です: ダルマ大師/浅茅原建:

« 0501130・日本・文学・エッセイ:檀流クッキング/檀一雄 | トップページ | 0501160・奉祝行事予定:10万アクセス間近! »