« 九万アクセス | トップページ | はちまんしょうがっこう:近江八幡市立八幡小学校 »

2004年12月15日 (水)

原田勝遺贈・レファレンス:Digital reference services/Bill Katz、ed

Digital reference services / Bill Katz、editor. -- (BA66891878)
  Binghamton、NY : Haworth Information Press、c2003
  xvii、331 p. ; 22 cm -- : hbk.;: pbk.
  注記: "Co-published simultaneously as The reference librarian、numbers 79/80、2002/2003."
  T.p. ; Includes bibliographical references and index
  ISBN: 0789023202(: pbk.)
著者標目: Katz, William A., 1924-
統一タイトル: Reference librarian
分類: LCC : Z711.45 ; DC22 : 025.5/2
件名: Electronic reference services (Libraries) ;
 Reference services(Libraries) -- Information technology ;
 Internet in library reference services ;
 Academic libraries -- Reference services -- United States -- Case studies ;
 Electronic reference services (Libraries) -- United States -- Case studies

所蔵図書館 3 [2004/12/14 By NACSIS Webcat]

帯情報

Library and Information Science
Up-to-date information to help you
Use the newest technological developments in your Library!

'TIMELY AND DETAILED. . . .
A 'warts and all' perspective of digital reference services that remains unbinking in its ability to tackle the difficult issues. . . .
The book offers a number of practical approaches to the provision of quality digital reference services. . . .
Of special note, for academic librarians and administrators, this book provides an expanded section and a wealth of research into real-world scenarios of the numerous practical applications of digital, virtual, and chat reference services in academic libraries. For an overall view of digital reference services, this book offers the reader a challenging and honest panorama in addition to a close analysis of its viability its usability, and its levels of quality.'
- Bruce Massis, MLS, MA
Associate Director, Southeast Florida Library Information Netrvork;
Author of The Pratical Library Manager

'"AN EXCELLENT OVERVIEW of the current state of digital reference. . . .
A good mix of the theoretical and the practical. . . .
VERY USEFUL AS A TEXTBOOK IN GRADUATE SCHOOLS OF LIBRARY SCIENCE.
Part one includes an overview of the fleld, some history, and several theoretical models for discussing and assessing these services.
Parf two includes a number of practical cases examining current uses of digital reference that will provide excellent discussion topics.
Also, this book will present libraries planning to provide digital reference services with methods by which to begin and to assess such services.
- Douglas Cook, EdD
Instruction Librarian and Associate Professor, Lehman Library, Shippensburg University

"VERY INTERESTING READING. . . .
COVERS ALL THE WRINKLES of providing reference service in a new format with a new delivery system. The chapters reporting on incorporating new technology into existing services, and those describing areas where more research would expand our understanding, provide
A HUGE RANGE OF MATERIAL FOR REFERENCE LIBRARIANS."
- Shari Buxbaum, MLS
Head, Gast Business Library, Michigan State University

Digital Reference Services provides an overview of electronic reference services and software, and explores the opportunities that real-time digital reference services can offer in a variety of library settings.
Experts in the field offer numerous reports and theory about the evolution of this new approach to answering reference questions.
This well-referenced volume contains case examples, figures, useful Web sites, and case histories to show how the basic principles of digital reference services work.
Librarians and students of information and library science will find this book helpful to enhance their library and electronic reference expertise.

目次情報
Digital Reference Services
CONTENTS
Preface
INTRODUCTION TO PART I
Digital Reference: An Overview / Bill Katz

POINTS OF VIEW
Virtually Yours: Thoughts on Where We Have Been and Where We Are Going with Virtual Reference Services in Libraries / Diane Kresh

The Digital Reference Fallacy / R. David Lankes

Bad Moon Rising: A Candid Examination of Digital Reference and What It Means to the Profession / Jonathan D. I.aLter, Steve McKinzie

OPERATION PRINCIPLES AND AIDS
Mediated Online Searching and Digital Reference / Amanda Spink

Stocking the Virtual Ready Reference Collection / Danianne Mizzv, Elizabeth Tillapaugh Mahoney

A Checklist for Starting and Operating a Digital Reference Desk / Ann Marie Breznay, Leslie M. Haas

CHAT SERVICES
Hurry Up and Wait: Observations and Tips About the Practice of Chat Reference / David S. Carter

Communication Strategies for Instant Messaging and Chat Reference Services / Jody Condit Fagan, Christina M. Desai

Real-Time Chat Reference and the Importance of Text-Chat / Steven Ovadia

INTRODUCTION TO PART II
Opportunities for Real-Time Digital Reference Service / Matthew R. Marsteller, Jackie Schmitt-Marsteller

ACADEMIC LIBRARIES
Usage and User Analysis of a Real-Time Digital Reference Service / Kelly M. Broughton

Going Where the Students Are: Live/Web Reference at Cal Poly Pomona /Kathleen Dunn, Ann Morgan

Virtual Reference at Duke: An Informal History / Phil Blank

Evaluating Online Real-Time Reference in an Academic Library: Obstacles and Recommendations / Jana Ronanm, Patrick Reakes, Gary Cornwell

Our Experience with Two Virtual Reference Services at IUPUI University Library / Polly D. Boruff-Jones

KANAnswer: A Collaborative Statewide Virtual Reference Pilot Project / Marcia Stockham, Elizabeth Turtle, Eric Hansen

Virtual Reference Services: The LSU Libraries Experience / Melanie E. Sims

Ask a Penn State Librarian, Live: Virtual Reference Service at Penn State / Susan A. Ware, Joseph Fennewald, Lesley M. Moyo, Laura K. Probst

Chat Reference: One University's Experience / Kathy A. Campbell, Marie F. Jones, Jerry Shuttle

PUBLIC LIBRARY
Going It Alone: Can a Small/Medium-Sized Library Manage Live Online Reference? / Joyce Ward, Dana Mervar, Matthew Loving, Steve Kronen

Index

編者紹介
  ABOUT THE EDITOR
Bill Katz. PhD,
  is internationally known as one of the leading specialists in reference work today. He is currently a professor at the School of Library and Information Science, State University of New York at Albany. He is the author of many books, including
  Introduction to Reference Work;
  Magazines for Libraries;
  Reference and On-line Services: A Handbook; and
  Readers Reading, and Librarians.
  Past editor of RQ, the journal of the Reference and Adult Services Division of the American Library Association, Bill Katz is also the editor of
The Acquisitions Library and
The Reference Librarian (The Haworth Press. Inc.).

Mu注記


|

« 九万アクセス | トップページ | はちまんしょうがっこう:近江八幡市立八幡小学校 »

原田遺贈文献」カテゴリの記事

コメント

そこで質問です

 原田先生は英語得意やったみたいですね。ひょっとしたら中国語もかなりお分かりになっていたのではないか、という印象があります。

 彦さんは英語どないです?いつも、アカン、といわはりますけど、案外そうじゃないんとちゃうんやないかなあ、と時々疑問に思います。本当は英語読んだり話したり出来るんでしょう?

 そうですか、全部は見せへんで、と。そう言わずに一度外国人と英語で話しているお姿見せて下さい。日本人の前で英語しゃべるの結構恥ずかしいものですがね。図書館学の最先端はどちらのお国なんですかあ?えっ、日本??そうですかあ。ならそんでよろしおます。
 
 

投稿: ふうてん | 2004年12月15日 (水) 02時20分

ふうてんさん (12月 15, 2004 02:20 午前)
 おはようさんです。
 英語だけじゃなくて、外国語はアキレスのなんとやら、ですね。

 神様は、Muの外国語習得力の代わりに、コンピュータ言語習得力をくださいました。この実感は恐ろしいものがあります。はばかりながら、必要に応じて今でも後者によって人生を支えるほどの潜在能力を持っています(これは自画自賛じゃなくて、人が「私は剣道5段です」という程度の事実表明にすぎません)。
 だから、私は外国語習得能力を早い時期に剥奪されていたのでしょう。
 中学生の時。
「先生、花はなぜ、flowerなのですか」と質問し、徹底的に悩みました。そういう思考回路を持つ者は、ネイティブな言語しか受け付けないもんです。

……

 梅さんも、Joさんも、外国語が堪能だから、それでよいじゃないですか。私は、一ダースほどのコンピュータ言語で表現ができます。おまけにカンサイジーン的文体をもったシステムが作れるのですよ。人生、そういうものなんでしょう。

追伸
 なお、秘密を大公開しときます。
 Mu が職業上、こういう外国語テキストに比較的親近感をもつのは、じつは、外国語をですね、レ点付きの漢文翻訳しておるのです。中国語はわからなくても、日本語翻訳漢文は、或る程度わかるでしょう。外国語を読むことについては、そういう読み方しています(笑)。好きな筆者や文章だと、英語も独語も、Muにとっては漢文調の実に心地よいプログラミング言語亜種みたいなもんです。

投稿: Mu | 2004年12月15日 (水) 05時31分

 Muさんのお得意な言語は、「ドイツ語」ですよね。
 「鬼無里村」の記事でそう思いました。
(なにせ、ドイツ語や哲学書を持って、わざわざ避暑地に出かけて勉強三昧の日々を送るなんて・・、とても印象に残っている記事です。)

投稿: wd | 2004年12月15日 (水) 08時51分

wdさん (12月 15, 2004 08:51 午前)
 そうですね。ドイツ語は大好きでした。
 学生の頃、ドイツ文学の先生にも懇意にしていただきました。ドイツ語にまつわる記憶は多いです。が、言葉は毎日使わないと消えます。ドイツ語は、「今日は」しか、覚えていません。
 Muのコンピュータ言語は徹底的にドイツ語系になりました。ドイツ語系の文学者の図書がすっと身にはいってきます。川村二郎というかたは未知の方ですが、ドイツ文学の先生のようです。
 それより、鬼無里村は、Wdさんのリクエストに答える形で、代表記事にいれます。
 本当は、広告記事をだして「あなたの好きなMuBlog記事」をやろうと思ったのですが、「シーン」として無回答になるのを恐れてやめました。
 ありがとう。

投稿: Mu→Wd | 2004年12月15日 (水) 10時13分

外国語が話題のようですな。

私のblogでは今でも『英会話が上達する方法』で検索客が来ますよ。
ホンマ申し訳ないな~~と、反省してます。

大学ではドイツ語を学びましたが、何回も落第しそうになりました。
しかし、私の大学時代は未だ明治時代の風習が残っていて、ドイツ語が多用されていましたね。

ワンダーフォーゲル部そのものが、ドイツ語ですからね。渡鳥ですな、日本語に訳すと。女性はメッチェンと呼び、ダンケ、アルバイト、グーテンモルゲン、あ~~『ダウンタウン・ヒーロー』映画の世界でしたな。

原田先生の高校時代の悪友の情報では、原田先生は高校生の頃から米軍キャンプに出入りされておられたようですね。という事は英語が堪能であった傍証ですな。

投稿: jo | 2004年12月15日 (水) 10時51分

joさん (12月 15, 2004 10:51 午前)
 人というものは、なんかこう、他人の傷口を見かけると塩を振りかけて、擦り込みたくなるようですなぁ。

 ドイツ語はおいておくとして。
 英語の、特に英会話は、アキレス腱。傷口一杯ぽっかりです。

 しかし以前からの知友、知り合いは、ほとんどみんな絵に描いたように外国語が達者でした。Muは基本的に、自らの欠陥を補う人士と知り合いになるようです。
 外国旅行ばかりしていた奴が数名、UCLAに自費で行った人、毎夏チベットで過ごした人、うまれついてのバイリンガル、東南アジアの会社と電話とメルで仕事してた人とか、壮絶なのは大昔ほんの少し仕事を一緒にしたひとは、当時20代で、英検1級、国連英語なんとか1級、ヨーロッパのなんとかバカロレア取得、……履歴書みたとき目点になりましたなぁ。
 その他中国に消えた者とか、それにJoさん、梅さん、……。我ひとり、大和言葉ですべてをこなす。
 なあ、Joさん、結構Muは現代では特殊ですよね。なんとなくそう思いました。

追伸
 数少ない知り合いの教授達のことですが。
 西田某言語学者は、中国語、ロシア語、当然英語、それに中国少数民族語、……たまらんね。
 長尾某教授は、お若い頃、フランスの大学で先生をしてなすった。
 原田某教授は、ひまを見つけてはフランスへ行ってはったし、一時期国連の上級職員だったんですよ。
 伊井某源氏物語大家は、欧米を講演興行(笑)なさるほど達者だし。

 嗚呼

投稿: Mu→Jo | 2004年12月15日 (水) 11時15分

 Muさん、リクエストしていいんですかぁ~。

 じゃあ『由岐神社』!。(内容は伏せておきますが・・。)ここで、Muさんの過去が暴かれる・・(笑)。

 英語にドイツ語、みなさまスゴイですね。私は中国語しかとってません。今も「ウォ~ シィ~ りィ~ペンレェン」(私は日本人です)ぐらいしか話せません。

投稿: wd | 2004年12月15日 (水) 11時23分

wdに告ぐ (12月 15, 2004 11:23 午前)
  メイヨー
  謝絶
  拒絶
  却下

△リクエストは一人一件。
△鞍馬の火祭が、来年のNHK義経で展開されぬことを祈る。
 wdはんも、他人の傷口に塩をなすりつけて、ほくそえむ御仁ですな。

投稿: Mu→Wd | 2004年12月15日 (水) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/2266977

この記事へのトラックバック一覧です: 原田勝遺贈・レファレンス:Digital reference services/Bill Katz、ed:

« 九万アクセス | トップページ | はちまんしょうがっこう:近江八幡市立八幡小学校 »