« 原田勝遺贈・知能情報学:Relationships in the organization of knowledge/ed. by C.A. Bean | トップページ | 2004/11/14(日)新撰組:井上源三郎の千両松 »

2004年11月14日 (日)

プルートウ:Pluto(1)/浦沢直樹(漫画)

プルートウ:Pluto(1)/浦沢直樹、手塚治虫(漫画)

Pluto:プルートウ-01/浦沢直樹、手塚治虫
 11月のはじめだったか、京阪電車の四条駅を降りたとき、ばかでかい宣伝がかかっていて、それがプルートウだった。Mu はそれを映画の宣伝と思っていた。
 最近エドルンなる者に会ったら、「プルートウはヨサゲ也」と、ご託宣が下った。
 さそくに、Muも読んでみんとてするなりの心。
 小学館の大型判を買った。あに図らんや、漫画でした。
 ところで、漫画というのは漫才の画かな、と思った。
 
 ここで、作品内容にはふれないでおくことにする。また、手塚治虫さんと、浦沢直樹さんの、作品完成にいたるゆくたても、ふれないでおくことにする。
 読んだ結果は、(2)が待ち遠しい。つまり、第一巻はとてもおもしろかった。
 刑事みたいな人がおって、それがハードボイルド風で、引き込まれてしまった。

|

« 原田勝遺贈・知能情報学:Relationships in the organization of knowledge/ed. by C.A. Bean | トップページ | 2004/11/14(日)新撰組:井上源三郎の千両松 »

読書の素」カテゴリの記事

読書余香」カテゴリの記事

コメント

鉄腕アトムの漫画で、確か”プルート”というキャラが出てきませんでした? 何か、悪い奴だけど、最後は正義に戻るようなストーリだった気がしますが。

これは、違う作品ですかね、しかし、鉄腕アトムの姿が見えますね。

手塚プロは梅安さんが詳しいです。私は、かれの息子と明石の人磨呂はんと数年間、”フィンフィン”という人工生物のプロジェクトでお付き合いしました。

投稿: jo | 2004年11月14日 (日) 11時24分

JOさん
 実はね、小学館のこの大型判は、2冊でセット販売1700円くらいでした。もう一冊は、手塚さんのプルートウ「地上最大のロボット」原作なんです。
 要するに、浦沢直樹という人が、手塚治虫さんの原作を、現代風にしたのです。と、なっています。
 
 しかし。
 私は別の作品だと思いました。善し悪し関係なく、別物です。
 有り体に申せば、どっちも独立した作品ですね。
 どっちが好きかとは聞かないでください。
 と、言いながら旗幟鮮明が最近の信条なので。

 小学校の時、雑誌少年をずっと買って並べていました。兄は冒険王でした。だから、アトム大使もそのころすでに読んでいました。おそらくプルートウも中学のころに読んでいて、昨日ながめて、はっきり思い出しました。よい、名作と思います。

 で、浦沢さんの新版ですが。さまざまなミステリやサスペンスにさらされて幾年月、今のMuにとって引き込まれるほどの魅力がありました。ものすごく感動しました。ミステリより面白かった。
 だから、別作品です。

追補
 手塚治虫さんは、「火の鳥」を三島由紀夫さんが毛嫌いしていました。当時はやった唯物史観がからんでいますね。松本清張さんのことも三島さんは毛嫌いしていました。同じ観点と思います。
 大体、若年時は三島さんの評論なんかを、自分の目にしていました。しかしMuは「手塚さんと、清張さんの事は、三島さんのいうことは聞かない」という状態でしたね。つまり、私は手塚さんも清張さんも愛読していました。
 火の鳥や、三つ目が通るの酒船石解釈や、なんど読んでもおもしろい。
 そんなとこでしょうね。
 そうそう、TVで実写版のアトムもちゃんと覚えています。重たそうな靴を履いておりました。車を、トヨタのヴィッツRSにしたのも、あの大衆車ヴィッツがでたとき「アトムの靴や」とおもったからです。
 人間の、心の動きはおもろいな。

投稿: Mu | 2004年11月14日 (日) 11時53分

 昨日昼に、葛野図書倶楽部2001を覗いてみたら、狭い部屋に大猫、子猫、○猫がわんさといて、耳を聾するばかりだった。

 ふと、見慣れぬ姿をみつけたと思ったら、ぬっと手をさしだし「差し入れです」と、シュークリームの山。三番隊長2003だった。
 助勤の二番隊長2003を慰問にきたようだ。
 そこで、ひとしきり「プルートウ」話に花が咲いた。
 Muが小学館版の、手塚原本と、浦沢版を読んだことが話題になったようだ。両、旧隊長ともそれぞれ廉価版!や、連載版を読んでいるらしい。
 
 現代を理解していないMuの驚きがあった。
 つまり。
 Muは、それらはずっと「少年」の読むものだとかんがえていたわけだ。だが、意外にも、「少女(苦笑)」にも愛読者が多いようなのだ。
 三番隊長2003のお奨めは「浦沢さんの20世紀少年」とか言ってくれた。そこでひとしきりまたわやわやと、ああでも、こうでも、……。
 そういうわけで、プルートウの手塚原作本を木幡から葛野に暫く移して、旧隊長らにお披露目することになった。

 まこと。
 うむ。
 最初に「とうちゃん、これよい。買いなさい」が、エドルン君。
 「センセ、手塚オリジナル、おもちなんですね」が、二番、三番2003。天道循環のことわりなり。

投稿: Mu | 2004年11月19日 (金) 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1954384

この記事へのトラックバック一覧です: プルートウ:Pluto(1)/浦沢直樹(漫画):

» 浦沢直樹「PLUTO」×手塚治虫「鉄腕アトム - 地上最大のロボット」 [脳みそ垂れ流しの秘術じゃ。]
ご存知、「PLUTO」は「地上最大のロボット」のリメイク漫画で手塚治虫へ捧げるオマージュ作品。無性に原作が読みたくなって、手塚治虫「地上最大のロボット」付き豪華... [続きを読む]

受信: 2004年11月26日 (金) 10時48分

» 050316・20世紀少年/浦沢直樹(漫画:小学館) [MuBlog]
20世紀少年/浦沢直樹(小学館)  漫画の説明は、表紙を見て作者を知ればだいたいわかるようだし、ネットには情報がたくさんあるだろうから、Muはひかえておく。   [続きを読む]

受信: 2005年3月16日 (水) 22時32分

» プルートウ:Pluto(2)/浦沢直樹(漫画) [MuBlog]
承前 プルートウ(1) プルートウ:Pluto(2)/浦沢直樹、手塚治虫(漫画)、小学館、2005  浦沢プルートウの今巻では、いくつかの特徴を色濃く味わえた。 [続きを読む]

受信: 2005年4月28日 (木) 02時45分

« 原田勝遺贈・知能情報学:Relationships in the organization of knowledge/ed. by C.A. Bean | トップページ | 2004/11/14(日)新撰組:井上源三郎の千両松 »