« 木幡花々の秋 | トップページ | みわやま:三輪山遊行(1)巻向から箸墓 »

2004年11月 3日 (水)

もりしょう:そうめん処・森正

そうめん処 森正(奈良県桜井市三輪535)マピオンBB地図

森正の風景
 三輪に行ったときは大抵お昼をここでいただく。暑い季節は冷やし素麺、寒い季節はにゅうめん。写真は2001年の5月ころのもので、小雨が降っていた。この場所は、地図でみると狭井(さい)神社に通じている。だからみわさんの参道脇と言うよりも、狭井さんへの道と言った方がよいだろう。

森正のオープン素麺?
 森正をえらぶのは、店の中がオープンだからにもよる。この日は雨が「よしず」を通してぽとぽとと頭や身体におちてきた。野趣ありというのは、雰囲気に馴染まないが、多少の風雪雨は心地よいものだ。雪の日など、ここであったかいにゅうめんを頂くと、七味がよくきいて、温まりそうだ。おお、熱燗も添えて。
 なお、二度ほど辛い思いもした。じつは森正は月火とが連休なのだ。めざしてたずね、しまっていると辛さが身にしみます。夷関東など、遠国僻地(笑)からの方々はお気を付けてください。

 わすれてました。そうめんのお味。
 ふふふ。そんなことをMuに聞いても無駄です。Muはグルメ評論家じゃないのです。あのたんぱくなおあじを、あれこれと舞文、レトリック、やれ「まったり」の、のどごしの、などと記してなんとなりましょう。一言、三輪でいただく三輪そうめん、よいですね。

参考サイト
   森正(るるぶ)
   三輪そうめん(MORIMURA Naoki氏)
   信仰篤き人たち(MuBlog)
  

|

« 木幡花々の秋 | トップページ | みわやま:三輪山遊行(1)巻向から箸墓 »

地図の風景」カテゴリの記事

美味しいところ」カテゴリの記事

コメント

三輪さんにお参りして、素麺を食べる。宜しいな~~。

森正さんですか、雰囲気が素晴らしい。夕立のあとのような写真ですね。一服して、”通り雨 過ぎるを待つは森正 二人でつまむは 赤い糸” あれ、詩人になりもうした。

さて、京都の嫁の実家から送付して貰った、播州は手延べ”揖保の糸”を今から茹でて、朝食です。

投稿: jo | 2004年11月 3日 (水) 08時19分

 おお、なにやら見たことあるような店構え。そうですか、師匠の行きつけでございましたか。それにしても、なぜ三輪神社にそうしばしばいらっしゃるんでしょう?
 以前一度、家族でサイクリングに行ったときに、ここの素麺をいただきました。おっしゃるとおり、店の結構がちょっと変わっていていいですね。
 山辺の道のサイクリングロードとして紹介されていた部分を走ったのですが、途中、自転車は邪魔としか思えないような道もあり、恐縮しておりました。
 そうそう、途中でお座敷に上がってコーヒーなどいただく喫茶店もあり、さすが古都という趣ですね。

投稿: Blessed | 2004年11月 3日 (水) 18時21分

Joさん、詩人ですなぁ。
しかし、
「二人でつまむは、赤い糸」これは、

「二人で話すは、割り勘額」なんていうのが、リアル世界じゃなかろうか。
 ちなみに、M1君にビデオ撮させながら、三輪山の奥を雨中に突っ走った時の、あとのほっとした写真。詩とは遠いね。


投稿: Mu | 2004年11月 3日 (水) 20時27分

Blessedさん
 あなたの住まいは、たしか吹田でしたでしょう。
 吹田から、自転車に乗りにここへくるんですか。
 (あ、そうか、レンタサイクルでしたか)

 私が三輪山にくるのは、話せば長い事ながら、手短に。
 要するに、大物主さんは、わたしの荒御霊なんです。
 ときどきご機嫌をうかがわないと、大変なことになる。
 お分かりになりましたか?

投稿: Mu | 2004年11月 3日 (水) 20時31分

大物主さんは大国主、出雲と来れば、縁結び。

素麺には赤いやつ、あるじゃないですか?一本入ていた訳やね。

割り勘は男同士はえ~けど、女性と一緒の時は払わしたら男がすたる。

しかし、これからは梅安さん、Muさんと三輪さんをお参りして、三人で素麺を食べるんやろか?熱燗をつけて頂いてね。

投稿: jo | 2004年11月 3日 (水) 20時46分

Joさん
 そうですね。
 纒向(まきむく)遺跡を含めて、三輪山は日本の原点なんだから、お参りすると言うよりは、あそこで遊ぶ、散歩するという気持がよいでしょうね。
 それと、女性には割り勘するなとおっしゃるが、ねぇ。
 タダ酒飲む男も女もろくなもんにならないから、たとえ千円でも出すように言うてます。

投稿: Mu | 2004年11月 3日 (水) 22時01分

 最初の写真ではわからなかったのですが、2枚目の写真で、いつも初詣の帰りに、三輪神社の本殿から帰ってくる道だと気がつきました。

 拝殿で参拝したあと、久延彦神社や若宮神社の前を通ってくると、この古い家並みの続く道に出てきます。途中、きれいに大和三山がみえる丘が、あるんですよ。このルート、一度歩いてみてください。オススメです。

投稿: wd | 2004年11月 4日 (木) 08時52分

wdさん
 三輪山からの大和三山と二上山とは、後日掲載します。
 週内には、最近の三輪山も掲載します。3段構えくらいで、いろいろ載せます。

投稿: Mu | 2004年11月 4日 (木) 15時44分

 いえ、車に自転車を積み、サイクリングの後はどこかの駅前に置いて、電車で車まで帰ります。そして、車で自転車をピックアップします。なかなかに複雑な方法です ^^
 それにしても、妙齢の美しい女性たちと素麺、いいですね。

投稿: Blessed | 2004年11月 7日 (日) 11時37分

Blessedさん
 複雑すぎてわからなくなるです。
 自転車はちゃんと、自宅に、車と共に帰るのでしょうか。
 おいたままという、バグシステムじゃないでしょうね、その方法論。例の、吹田のポタリングお兄さんは、徹底的に自転車担いで電車にのるのでしょう?

 ところで、「妙齢の……」。誤解なきように。この2001年は青年ですよ。ええい、はっきりいわないと、また誤解が生じる。ほれ、漫画家ケンちゃんです、通称M1君。
 また、別記事は、あれは純粋授業補助です。Blessedさんの書きようを4人の巫女さんらが読んだら、きっと驚きますよ。

投稿: Mu | 2004年11月 7日 (日) 15時07分

 もちろん、明晰な頭脳で考えた完璧なシステムです(笑) 今日は単純なシステム(車に積んでいって車まで戻る)で嵯峨野を散策してきました。吹田のお兄さんは、電車で輪行しますが、わたしはまだ2〜3度しか経験がありません。
 純粋でも不純でも妙齢の巫女さんはいいですね。でも、素麺とは別なんですね・・・

投稿: Blessed | 2004年11月 8日 (月) 19時47分

Blessedさんもmorioさんも
http://morio0101.air-nifty.com/
職業不詳ですね。
 今日は月曜日、Muは朝から午後まで90分の大演説を三つもこなして、へろへろぱーだというのに。世の中、のどかなようですね、なんたって月曜に「嵯峨野散策」ですかぁ。夕方、行かなくてよかった(邪笑)

 それにしても、(車に積んでいって車まで戻る)、これ以外に一体、なんだっていうのでしょうか。これ以外に複雑怪奇になさるBlessedさんのお気持ちが、わ・か・ら・ない。

まあよろし。
そんなに散策好きなら、お手前のblogをおしえてたもれ。

投稿: Mu | 2004年11月 8日 (月) 20時44分

 ちゃんと有給休暇を取りました。夏休み(これもちゃんと休暇)以外に平日に出歩くのは滅多にありません。
 複雑なシステムを使うのは、
1.車まで戻るのが大変
2.かといって、電車に自転車は積みにくい
からです。私の説明が下手で複雑に聞こえますが、いたってエレガントなシステムです(笑)

投稿: Blessed | 2004年11月11日 (木) 20時08分

Blessedさん
 おひまな折りにお答え下さい。
 あなたが、遠隔地に行って散歩したり、自転車に乗るのはなぜですか?

 Muは明確です。
 歴史時空間を渉猟し、人類の謎を解く(笑)。

 Blessedさんは、自転車と自動車と徒歩による、複雑な一筆行路を解く、一種のパズルというか、人工知能問題の解法練習なんですか? あなたも、もしかして、アルゴリズムの練習に、ハノイの塔とか、騎士巡礼とか、ボートと宣教師とネイティブ問題にはまったのだろうか。
 なお、私は一連のそういうアルゴリズム課題は、一度もちゃんとわからなかった。です。

投稿: Mu | 2004年11月12日 (金) 08時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1850670

この記事へのトラックバック一覧です: もりしょう:そうめん処・森正:

» みわやま:三輪山遊行(3)森正と大神神社 [MuBlog]
大神神社(奈良県桜井市三輪)MSN地図  お昼を過ぎていた。午前五時前にトースト一枚で、そのまま檜原(ひばら)から狭井(さい)神社への細い山道を歩いている間に、 [続きを読む]

受信: 2004年11月 6日 (土) 06時29分

» 三輪そうめん [「能楽の淵」管理人日記]
住所:奈良県桜井市三輪535 さて、明日香村からバスで桜井に移動。バス移動の途中に山田寺跡だとか、安倍文殊院だとか、古代史ファンとして興味の惹かれるものはたくさんあったのですが、今回は見送りです。桜井からはJR桜井線で三輪まで。ワンマン車輌だったので、乗っていた二両目のドアが開かず少し慌てました(笑) 目指すは日本最古の神社といわれる大神神社(三輪明神)です。 …しかし、その前に。前の記事で書いた通り、昼過ぎまで明日香にいましたから、お腹が空いて空いて、まずは腹ごしらえ(笑) 三輪といえば素麺です。... [続きを読む]

受信: 2005年11月18日 (金) 12時38分

« 木幡花々の秋 | トップページ | みわやま:三輪山遊行(1)巻向から箸墓 »