« ごこうのみや;ごこうぐう:裏から見た御香宮 | トップページ | 葛野追想:葛野図書倶楽部2001創成紀 »

2004年11月26日 (金)

JO記事『クエ料理 九絵家(大阪)』のこと

 畏友Joさんが、よい記事を掲載した。
 クエ料理のことだ。
 酒のこと、魚のこと、バスタブに造ったジオラマのこと。
 なかなか、得難い情報だった。
 この記事の内容は、登場人物の物知りレベルではなく「知恵」に昇華している。それが文化なのだろう。
 なかなか出せない味わいだ。
 Muが七転八倒してだせるものは、左手にマック・マウス、右手にWinマウスをもって、並行指示をするくらいだろう。これは、人間が両手をもつことに気づいたMuの、知恵である(やや、苦笑)。

|

« ごこうのみや;ごこうぐう:裏から見た御香宮 | トップページ | 葛野追想:葛野図書倶楽部2001創成紀 »

メモメモ」カテゴリの記事

コメント

Muさん

有り難う御座います。クエという魚は始めてクエました。(笑)

ぶさいくな魚ですが、美味しいです、白身の魚でタラのように身が乾燥してるのではなく、少しネチコイ感触がありそれでいて、深海のアンコウのようなグルテンではない。

しかし、店主の親爺が面白い人でしたね、楽しい一時でした。

投稿: jo | 2004年11月26日 (金) 17時00分

joさん (11月 26, 2004 05:00 午後)
 九絵という名前がよいですね。
 一瞬「(われ、おどれ、おんどれ、まあ)食えや」とカンサイジーン的に発音しました。以前どこか、申しましたが、アンコウはだめですが、こういうの、紅葉おろしポンカン、スダチ、よろしな。
 お酒もなあ、冷やですな。
 冷や酒やのうて、冷酒(れいしゅ)と言いなさい、と原田センセがいうたはる気分です。
 ひやざーけぇ、のーめーばぁ。と、三波春夫先生の平手造酒(みき)は大利根無情。

投稿: Mu→Jo | 2004年11月26日 (金) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/2073538

この記事へのトラックバック一覧です: JO記事『クエ料理 九絵家(大阪)』のこと:

« ごこうのみや;ごこうぐう:裏から見た御香宮 | トップページ | 葛野追想:葛野図書倶楽部2001創成紀 »