« 2004/10/30(土)NHK義経 | トップページ | 2004/10/31(日):新撰組:藤堂平助の死 »

2004年10月31日 (日)

原田勝遺贈・科学史:きわどい科学/マイケル・W・フリードランダー

きわどい科学 : ウソとマコトの境域を探る / マイケル・W・フリードランダー著 ; 田中嘉津夫、久保田裕訳
  <キワドイ カガク : ウソ ト マコト ノ キョウイキ オ サグル>. -- (BA30505575)
  東京 : 白揚社、 1997.4
  387p ; 20cm
  注記: 参考文献: p385-387
  ISBN: 4826900767
  別タイトル: At the fringes of science
  著者標目: Friedlander、Michael W. ; 田中、嘉津夫<タナカ、カズオ> ;久保田、 裕<クボタ、 ヒロシ>
  分類: NDC9 : 402.3 ; NDC9 : 404 ; NDC6 : 404 ; NDLC : M37
  件名: 科学 ; 自然科学 -- 歴史 -- 西洋

所蔵図書館 127 [2004/10/31 By NACSIS Webcat

帯情報

科学の裏切り、誘惑する超科学
ヴェリコフスキー、常温核融合、占星術、ルイセンコ事件、超心理学、インチキ医学、創造科学、AD‐X2バッテリー添加剤事件、UFO、木星効果、ポリウォーター…etc.」

「M・フリードランダーは、たいへん洗練された公正なやり方で、堂々たるこき下ろしをやってのけた。こき下ろされたのは、例の頭をやられた連中、性格のねじ曲がった奴ら、法螺吹きであり、要するにこの野蛮以外の何ものでもないニューエイジを作り上げた輩である---アーサー・C・クラーク」

「もしトンデモ科学について、正確でいちばんホットな話題まで押さえていて冷静に吟味した本が読みたかったら、この素晴らしい本を絶対に見逃してはいけない。間違った方向に導かれていった科学の例を注意深くまったく隙なく論じた宝の山がここにある---マーティン・ガードナー」

目次情報
まえがき
第1章 科学とそのまがいもの
第2章 いつの時代も変わることなく
第3章 革命はおずおずと--その成功と失敗と
第4章 科学とはどんなもので、どのように実践されているか?
第5章 科学の現場はこんな仕組みで動いている
第6章 一匹狼の価値あるアイデア
第7章 水の上を歩いたり、薄い氷の上でスケイトしてみたり
第8章 新聞雑誌の紙面を賑わすトンデモ科学の正体
第9章 「超」のつく心理学
第10章 イカサマか、いや、ひょっとしたら……
第11章 政治がらみの疑似科学
第12章 もう一度よく検討してみると……
第13章 きわどい科学にどう対応するか?
謝辞
訳者あとがき

参考文献

Mu注記
 科学史は原田先生の本領であった。トンデモ科学話を酒席でうかがったこともある。Muはただ目を丸くするばかりだった。

|

« 2004/10/30(土)NHK義経 | トップページ | 2004/10/31(日):新撰組:藤堂平助の死 »

原田遺贈文献」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1817421

この記事へのトラックバック一覧です: 原田勝遺贈・科学史:きわどい科学/マイケル・W・フリードランダー:

« 2004/10/30(土)NHK義経 | トップページ | 2004/10/31(日):新撰組:藤堂平助の死 »