« 日本・文学・川村二郎:限界の文学/川村二郎 | トップページ | 柳生一族の陰謀/深作欣二 監督 »

2004年10月27日 (水)

2004/10/27(水):とんでも神々

 どうしても腑におちない図書が朝から手元にある。買った覚えも借りた覚えもない。もちろん読んだ覚えはまるっきりない。そして、その本が近頃までどこにあったのかさえ知らない。不思議すぎる本だ。
 今朝、起き抜けに突然私の目にはいってきた。おそらく何重にも図書が重なって入っている書棚の、前面にある図書のいくつかが、なにかの拍子で落下したり、移動して、うしろからぽとりと墜ちてきたのだろう。
 私の書棚は、本を探すというより、本が発掘されるのを待っているような所なのかもしれない。

 出版社は大手、老舗の講談社。
 出版社で出版物を判断するのは、おおよそ間違ってはいない。岩波は岩波みたいな本だし、新潮社は新潮社そのものの本。小学館もこれぞ小学館らしい図書を出している。だから、講談社なんだから、まるっきり嘘っぽい本は出さないだろうという、予断と偏見。
 しかし、予定は未定にして確定にあらず、という名言あるように、……。実はこの名言と対句をつくろうとしたが、力つきた。要するに。

 『神々の遺伝子:封印された人類誕生の謎』アラン・F・アルフォード著、仁熊裕子訳.1998.11

 たしかに、おそらく、著者や訳者や出版社にはもうしわけないが、これは明々白々なトンデモない本だ。
 略してトンデモ本である。
 神さんに遺伝子があるなんて、想像しただけで、うそうそしい。
 帯情報に至っては、推測と蛇足とが入り交じり、正気では理解できない。

「人間は『神々』の末裔なのか!?
 高度な古代文明を築き上げた人間と現代人は、はたして同じ人類(ホモ・サピエンス)なのか?
 古代シュメール文明の科学的分析から導き出された衝撃の結論!
 『神の遺伝子をもつ人間』はどこへいったのか?」
 「著者の主張は、『神々』と呼ばれる存在が、二〇万年前に遺伝子工学を利用して現世人類を創造したということである。その主張は古代シュメールの文献に基づいている。著者はそれらの文献を聖書と照らしあわせ、さらに天文学、考古学、人類学、遺伝学などさまざまな分野から検討し、持論を展開している。そして、地球の誕生、高度な古代文明の謎までもが明らかにされた。その内容は実に多岐にわたり、かつ詳細まで掘り下げられ、読者の興味をひきつけてやまない(訳者あとがきより)」

 と、ここでMuBlog読者は、私が快刀乱麻、どれほどこの本がトンデモない内容なのか、るる執拗に批判し記すとおもわれるかもしれないが。
 とーんでもない。
 涎の出そうなご馳走を、批判してなにになる。

 この本が今朝突然私の眼前に顕れたのは、もしかしたら、神々の啓示かもしれないと、朝からほくそ笑んだ。
 ああ、長生きはするものだな。この世には、こんなに面白そうな話が、まだまだ一杯詰まっている。

|

« 日本・文学・川村二郎:限界の文学/川村二郎 | トップページ | 柳生一族の陰謀/深作欣二 監督 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

ホ・ホ・ホー ! 20万年前ですか。

遺伝子工学を使い、製作したおじさん達はどうしたんでしょうかね。何処かの星で地球の人間どもの阿呆な戦争してるのを楽しそうに眺めているんやろか?

ところで、先日ドイツとオーストリアの学者が280万年前の地層を海底4000メータで見つけたそうです。その地層には『280万年前の超新星爆発』の痕跡をとどめているそうな。

280万年前に超新星が爆発してその影響を地球はもろに受けたそうです。地球上の気象は勿論激変したが、遺伝子を破壊して生命を激変させたそうですよ~~~。

地球は48億年前に誕生した、そして生命が誕生したが、細胞核のDNA核酸は宇宙線に弱いのね~~~。

最近、頭が冴えないのは宇宙線の影響かもしれんな~~。

投稿: jo | 2004年10月27日 (水) 12時50分

JOさん
 午後目一杯連続会議でごじゃりました。
 脳がぐにゃりとしてます。

 遺伝子情報のことを考えると、眠れなくなります。ピンセットでDNAをするするとひもといて、あほなとこや、ばかなとこや、弱いところを、自分で直したくなった。
 CPUチップセットを購入して自由に人格や身体を変える時代になると、なにがなにやらわからんようになるな。
 「虎ノ門JOタイプ」最新チップセット大放出とかな。バグ情報、120万セット回収とかね。
 あははは。おもろいかもね。

投稿: Mu | 2004年10月27日 (水) 17時31分

飲み屋業界とか、タバコ業界は『ふうてんタイプ』のチップが歓迎されるやろな~~。

私のタイプはラジコン業界という狭~~~~い、世界しか喜ばんから売れんやろね。

来週始めに記者発表があるし、雑誌の取材があるし、金曜日から信州の山小屋やし・・・・忙しいどす。

投稿: jo | 2004年10月27日 (水) 17時51分

JOさん
 おいおいに、独自チップを考案しましょうぞ。

 で、週末からおらんのですか。
 そりゃさびしいもんですな。
 アクセス激減して、8万達成は12月にずれこむな。
 JOさんだけで、日に100アクセスくらいあるよな。

 にしても、記者発表、これが以前から奥歯に物が挟まった雰囲気邪ね。
 ま・さ・か、と不用意な憶測をかくと、業務妨害になるな。もっとええことかな。ハワイに支社を造り、梅翁が庭番するとか(哄笑)。

投稿: Mu | 2004年10月27日 (水) 18時14分

合宿は来週の話やね。今週は、おります。

明日夜は、又、梅安さんと神楽坂の勉強会でお会いします。
私は疲れているので、二次会は遠慮しますけどね。兎に角、毎日超多忙なんやわ。

と、言いつつ暇は作る天才やさい。ま~マイペースです。

来週始めに記者発表なんや、丸の内の某所で立食有りの豪華なやつ。未だ、プレスリリースは出来ていない。早く作ると”漏れる”心配があるんやね。

ダミーは何種類も製作してあるけど、これで、”ねずみ”がいれば見つかる仕掛けなんやね。でや?頭え~~やろ?

ほんとの事は社長しか知らんのやね。

投稿: jo | 2004年10月27日 (水) 20時25分

JOさん
  なんとなく上機嫌やね。
 「ねずみ」うむうむ。マウスで鼠の写真をクリックしたら、プレスリリース内容記事にリンクしてあったりとかな。

 まあよい。
 昔、人事の噂話が持ちきり季節になっても、私、達観してましたで。
 「辞令でたら、わかる」ってな。

 さて。
 プロ野球球団を買うんかな、プロレスか、はたまた両国の某部屋の親方株をもつのか、……
 MS社を買い占めるのか。
 議員に立候補か。
 もう、~わからん。
 JOさんのことやから、遺伝子操作して、「わて、神だす」とTVにでてもおどろっかん。
 まあ、11月が楽しみ。

 

投稿: Mu | 2004年10月27日 (水) 20時50分

JOさん、あかん。
「ねずみ」が百匹頭をはしりだしてきた。
ミッキー、おお、TDLを買うのか。すごいなぁ。
そうなったら、特別パスポート、くださいね。
・・・

投稿: Mu | 2004年10月27日 (水) 20時52分

TDLは前の会社のお客どした。しかし、個人的に株は買うつもりでいました。喧嘩相手の孫がTDLが好きで、株主割引券が貰えるので真剣に買うつもりで株価を分析した。

単なる、新製品の発表です。1年目になるし、今後の中期展望を目指した展開です。

心配せんといてね。

投稿: jo | 2004年10月27日 (水) 21時46分

そうでしたか。新製品ですね。
連結決算用blogシステムとかね(笑)

投稿: Mu | 2004年10月28日 (木) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1784423

この記事へのトラックバック一覧です: 2004/10/27(水):とんでも神々:

« 日本・文学・川村二郎:限界の文学/川村二郎 | トップページ | 柳生一族の陰謀/深作欣二 監督 »