« 日本・文学・保田與重郎:保田與重郎文芸論集/保田與重郎 | トップページ | 賜死皇子大津 »

2004年9月26日 (日)

Mu現代古典のこと

 この九月十八日に「計画」という記事を掲載した。その日の朝から父の祖地、福井県今庄町大桐へ車で出かけて、帰宅した夜半だった。(日付が17は18日の間違いである)
 法事だった。父三十三回忌、母七回忌、そして明治時代のご先祖さま二名の百回忌。
 私の実家は、蓮如さんの盛んな越前門徒だった。
 寺の雰囲気や、身近な法話を聞いていて、生は有限だと実感した。
 
 メメントモリという言葉があった。たしか、死を見つめるとか忘れないとかいう意味のはずだ。

 そこで。
 人生のまとめ、整理整頓、掃除をしたくなった。
 その筆頭にあがったのが、読書だった。
 読むよりも、工作したり、コンピュータにさわったり、会議にでる時間の方が多かった半生だが、それでも思い返すと私の二十代は、読書が太陽や月や巨大惑星のように輝いていた時代だった。

 もちろん、二十代ばかりではない。それから現在までも、折に触れて年に数冊は影響力の強い本に巡り会ってきた。私は書痴ではない。いわゆる活字中毒でもない。キーボードにふれだしたのが二十半ばからだったから、コンピュータの方がよほど時間も精力も費やしてきた。
 それでも。忘れがたい本がある。
 それは、私の古典になってしまっている。

 名付けて、Mu現代古典とした。
 すこしづつ、私の中でまとめておきたい。

|

« 日本・文学・保田與重郎:保田與重郎文芸論集/保田與重郎 | トップページ | 賜死皇子大津 »

Mu現代古典」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1525582

この記事へのトラックバック一覧です: Mu現代古典のこと:

» 賜死皇子大津 [MuBlog]
 Mu現代古典の最初にあげたのは小品である。保田與重郎の「大津皇子の像」、これを選んだ。 「秋の日の暗い午後、といってももう懐中電灯の光が部屋の中ではあかあかと [続きを読む]

受信: 2004年9月26日 (日) 17時24分

» 2004/09/28(火):ユリシーズ発見 [MuBlog]
 今日は一日MuBlogを休んでいた。授業もないので日長休暇をとってまどろんでいた。  午前三時頃に眼がさめて、五時頃に朝食をとって、また午前中眠っていた。   [続きを読む]

受信: 2004年9月28日 (火) 21時54分

» 木曾殿最期 [MuBlog]
 Mu現代古典、今回は保田與重郎「木曾冠者」(きそ・かんじゃ(かじゃ))をあげておく。  とつおいつ再読しながら、今朝末尾にいたって、どうしても、こらえても、つ [続きを読む]

受信: 2004年10月 3日 (日) 19時25分

» あめにかかる橋 [MuBlog]
 Mu現代古典、保田與重郎「日本の橋」をあげておく。  「日本の橋」は保田の作品の中でもポピュラーなエッセイである。  私の若い時代、つまり昭和40年代にもいく [続きを読む]

受信: 2004年10月10日 (日) 21時01分

» Delphiの祖父 [MuBlog]
 今日のMu現代古典は、「プログラミング言語の設計から計算機の構築へ/ニクラウス・ヴィルト」(中田育男、訳)を上げておく。原題は、From Programmin [続きを読む]

受信: 2004年10月15日 (金) 17時04分

« 日本・文学・保田與重郎:保田與重郎文芸論集/保田與重郎 | トップページ | 賜死皇子大津 »