« 2004年9月19(日)晴:会津中将や水滸伝 | トップページ | 2004年9月22(水):眠り男 »

2004年9月21日 (火)

2004年9月21(火)晴:秋の朝長

 今朝はめずらしく午前5時前に起床した。そのかわり、昨夜20日はMuBlog掲載も、読書も、責務も、なにもせぬまに眠ったようだ。おそらく21時過ぎには暗転していた。

 疲れというよりも、それは確かに休日だというのに葛野に12時間滞在し一週間分の仕事をしたから疲れたのかも知れないが、夏期からの心地よい緊張緩和という気がした。

 夜は眠る体質のようだ。秋の夜長を楽しむことはできないが、秋の朝長をじっくりかみしめよう。
 とはいうものの、急な変化なので、朝長をどうたのしむのか、まだよく分からない。

|

« 2004年9月19(日)晴:会津中将や水滸伝 | トップページ | 2004年9月22(水):眠り男 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

Muの旦那もそろそろ早朝起床のリズムに入りましたね。

『朝長』というと、源朝長の16歳での非業の最後を思いだします。頼朝のお兄さんですよね。
平治の乱で平家に破れ、敗走する、お父さんは義朝ですね。

秋の夜長も一戸建ての田舎暮らしならば、風情もあり虫を鳴き声を聴いて夜長、一杯やりながら過ごす。けど、マンションの6階ではもひとつやね。

私も今日は5時30分に起床して、新聞を読み、朝飯を食べて会社には7時40分にはおります。お互い、朝型やね。

投稿: jo | 2004年9月21日 (火) 09時29分

JOさん
 人の寝てる間にシャカリキになって、みんなががんばる午後とか夜は、午睡に早寝。
 お互い、幼稚園のころから自閉的人生ですなぁ。
 社長業とか、授業とかは、あれは「役者」のつもりですぅ。な。

 役柄を演じておるわけです。

投稿: Mu | 2004年9月21日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1485005

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年9月21(火)晴:秋の朝長:

« 2004年9月19(日)晴:会津中将や水滸伝 | トップページ | 2004年9月22(水):眠り男 »