« 2004年8月13(金)晴:陰陽師2を観る | トップページ | 2004年8月15(日)晴:終戦記念日の朝 »

2004年8月14日 (土)

美しいサイト:SlowFly

 いつぞや、痴友の梅翁から「よいサイトがあります」と紹介を受けた。内容はラジコン飛行機だが、梅翁はそういうことに興味を持つ御仁ではない。
 なぜ紹介があったのか不思議だった。つまり、それを聞いて「おや?」とおもった。
 で、みてみた。
 とても美しいサイトだった。飛行機が可愛らしい。そして、それを作る過程の写真も吸い込まれるような緻密さにあふれている。もちろん被写体が、一種の細密メカなのだから、緻密に見えるのだろうが、それにしても目がはなせなくなった。

 最初は詳しい製作記事も読んでいたが、私の技量を超えるので、自作は諦めた。最近では、米国でもこういうちっこいラジコン飛行機のセットが市販されているようだが、本当にこの記事にあるような洗練された掌飛行機なら、一台買ってみたい。

 ただ、このサイトにあるものは、それにしても可愛らしすぎる。独自の世界だと思う。
 こういうい繊細で、美的な模型セットの市販はむりだろう。
 写真だけみて、楽しむのがよいと思った。
 これは、高嶺の花と言って良かろう。
   
紹介サイト
  SlowFly "Mini-plane 3"
    同上Home ラジコン電動飛行機のホームページ

|

« 2004年8月13(金)晴:陰陽師2を観る | トップページ | 2004年8月15(日)晴:終戦記念日の朝 »

美しいサイト」カテゴリの記事

コメント

飛行機の奥深さを感じます。重量のあるものを引力に反発して浮かす、ただそれだけなのです。単純な事ほど奥が深いのですね。
この御方は電子機器を駆使されていますが、単純なパラフィンの翼でゴム動力の飛行機も素晴らしい世界です。子供の頃に楽しんだ、竹とんぼも又、楽しいですね。
私の友人で”サイレント・フライト”でエンジンを使用しないグループもおります。グライダーという風と遊ぶ飛行機もこれも、又、素晴らしいですね。
ま~死ぬまで、飛行機とは遊んでいたいものです。

投稿: jo | 2004年8月15日 (日) 11時44分

JOさん
 エンジンなし、ゴム動力というのも、すこし私の嗜好と異なるね。
 数十グラムの飛行機に受信機とモーターをつけて、それが飛ぶというところに快感を味わうのです。
 わたしは、徹頭徹尾自然児にはなれないですよ。

 電気電池がこの世から消えたら、私も消えそう。そんなおもいがするのです。

 ところでマシンを設定中なので、例の水上機離着水サイトがわからんようになった。お手すきの折りにまた教えてください。
 で、「美しいサイト」は、それを掲載して合計3サイトで、いったんお休みですね。気むずかしくなってきていてね、要求が激しい。

1.字が多すぎるのは困る(うちの一部学生達に似てきた。字が多いと、読むのがしんどいらしいで(笑))

2.大きい写真がいっぱいあるのは困る(まるでどっかのblogやね)、木幡ではいまだに64Kbpsの低速なので、大きい画像とか、フラッシュなんちゃらのサイトだと、ぶちこわしたくなるね。

3.精根どろどろの人みたいな人のつくるサイトはみたくない。そんなんはMuBlog や某Jがつくっておるでな。

4.近頃blogに見かけられる、画面左右にスライドバーを設定して、てんこもりの高機能をぶらさげたblogはいやどす(自己否定かな)。もっと、すっきりした、必要最低限の画面構成。車でいうと、燃料計とタコメータと電圧計だけの。

5.色彩は単彩色を基調にしてほしい。

以上、そういうサイトを「美しいサイト」カテゴリーにしたいのですが、なかなか、ないね。

投稿: Mu | 2004年8月15日 (日) 12時57分

沖川さんのサイレント・フライトは
http://www.geocities.jp/sokikawa/
どす。最近は水上機に凝っています。私も、そろそろ水上機をやるよ~~。ゴムボートを購入して回収が出来る体制を整えててからやけどね。水上機はもう千葉の友人がオークションで落札した、解体屋が売り出した、夜逃げした人の飛行機を譲り受ける事にした。
修理が相当必要やけど、美しい水上機の離水の瞬間の写真をそのうち披露しますよ~~~。
11月末の信州の合宿では青木湖か木崎湖か、そのあたりの湖で飛ばします。

投稿: jo | 2004年8月15日 (日) 17時41分

 Microworld

  彦さん、(SlowFly)の主催者は栗田さんという
 御仁です。
 20年ほど前に(Logo)を通じて知り合いました。

  今も彼は(ジオデシック)という会社をやっています。
 僕の住んでいる東京の西、多摩地区でね。

  彦さんのMuBlogを拝見して僕は昔Logoをやった
 時覚えた(Microworld)という言葉を思い出した
 のです。

  彦さんが模型屋をやってみたいとも書いてました。
 そうなんだ、模型の世界なんだ、リアルとはちょっと違う
 小さな仮想的な(箱庭)なんだと思ったのですね。

  そのMicroworldという言葉の連想から栗田さん
 のことを思い出して彼のサイトの一つ(SlowFly)
 を思い出したという次第。

  ちなみに栗田さんは(ポルシェ356A)という古いオー
 プンカーを持っています。
 ロシナンテよりちょっと古い車です。
 僕も若い頃よっぽど買おうかなと思ったことのある車です。
 彼と僕はやはりどこか似通ったところがあるのでしょうね。


  

投稿: ふうてん | 2004年8月15日 (日) 20時52分

JOさん
ふうてんさん

 昨夜はおそくまで液晶ディスプレイ調整をやっていて、げっそり頬がこけました。
 ともかく、JO さん、水上離着陸情報ありがとう。
 ふうてんさん、私は箱庭がすきなんですよ。

ところで、
 三菱のRDT194Sという液晶なんですが、ビデオ制御関係は自作のMSIマザーボードの、INtel(R)82865G Graphics Controller とでておるのですが、どうにもこうにも色がにじむ、写真がきたなくなる、MuBlog の文字が背景の色と重なって変な色。
 液晶のマニュアルにしたがって、可能な範囲で調整したのだが。

?1:三菱が悪いのか。
?2:ビデオカードを、上等なのを買った方がよいのだろうか。

 なお、頭の中には比較として、vaioのノートと、iMacの昨年の(横長ディスプレイ)を描いている。これらは、おっとりした輝きのあるよい色調に自然になってくれるな。
 

投稿: Mu | 2004年8月16日 (月) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1195711

この記事へのトラックバック一覧です: 美しいサイト:SlowFly:

» 2004年8月20(金)曇:昆虫ロボットヘリの話 [MuBlog]
 昨日の新聞に、セイコーエプソン社の新型「マイクロ・フライング・ロボット(μFR-Ⅱ)」が発表されていた。  虫みたいに小さなラジコン電動飛行機で、電池込みで1 [続きを読む]

受信: 2004年8月20日 (金) 03時05分

« 2004年8月13(金)晴:陰陽師2を観る | トップページ | 2004年8月15(日)晴:終戦記念日の朝 »