« 五万アクセス | トップページ | 2004年8月22(日)雨:山南敬助の死 »

2004年8月22日 (日)

北方謙三『水滸伝』一「曙光の章」

 北方水滸伝をこの夏よみだした。昨日その一を一日で読み終えた。集英社の出版である。
 現状では十四巻まであるが、いつ終了するのかまでは調べていない。やがて、終わるだろう。それまで楽しみである。

 ただ、あまりに私の性情に合いすぎて、一種の中毒になるので、一週間に一冊程度にしておくつもりだ。先年、北方三国志全巻に読みひたって、日常の責務をおろそかにした覚えがある。

 今回も、梁山泊、水の城塞とくれば、そして北方「男達の挽歌」とくれば、中毒を越えて本当に病臥する危険性もある。

 あらすじや、登場人物については、サイトを観ていると、随分この世界も整理された面があり、私がとやかく記す必要もないと思った。となると、記事はこれで終了となりそうだが、もう少し北方謙三さんに対する読者としての、スタンスを記しておく。

 北方謙三さんについては、以前まったく別テーマの記事(常照皇寺)コメントで、友人JOさんにのせられて、憤怒の筆をおろした。要するに、前後関係は忘れたが、司馬遼太郎さんのことにJOさんが言及し、日本の南北朝時代はおもしろない、という結論がでたのか。それに対して、私が北方さんを引き合いに出して、猛反発したという経緯がある。私は北方「南北朝」を以前から異様に好んでいる。

 何故好むかは、今回水滸伝の記事を読んでいて、馳星周氏の惹句でやっと、気が付いた。

志のため、あるいは血の滾りのため、男たちはゆく――くさい。しかし、この「くささ」こそ北方謙三の真骨頂だ。北方版「水滸伝」を読んで、わたしの血も滾った。不覚――辛うじて涙をこらえられたのが、慰めだ。北方謙三『水滸伝』推薦文

「くささ」は昔どっぷりひたっていた浪花節、浪曲の世界かもしれない。そういえば三波春夫さんの絶唱「大利根無情」の平手造酒(ひらて・みき)には血涙をしぼった。まあ、我が性情とはそういうものであろう。

 だが、くささだけでは北方三国志も、北方水滸伝も読み切れない。いろいろなところで、気持がすっとして、思い返せば人物のつながりや、場所、その伏線に気が付くところがある。第一巻では、宋の時代の闇「塩」の動きや、河川、運河の仕組みにも、そうなのか、と長嘆息することがあった。

 現代の男性論理は秀才ゲームとしての組織論か、あるいはスポーツにしか生きることができない世界だから、細々しい。結局、前者は権謀術数というよりも、ねたみそねみの強い者が勝ちを制するのだから、はなはだおもしろくない。後者は、風格無き茶髪やVサインと笑顔やTV-CMでは、肺腑をつく魂の雄叫びも消えてしまう。勝者の悲しみはなく、敗者の虚ろさだけが残る。

 そういう意味で、北方さんの「くさい」男達が活躍する姿は、気持が和む。血湧き肉躍るという経験は加齢の面ですぎた。ただ、男達の生や死に「そうやな、そうなんじゃ」という気持の落としどころが、綺麗に決まってくる。

参考サイト
  北方謙三『水滸伝』著者からのメッセージ
  水滸傳:水のほとりの物語、入門


|

« 五万アクセス | トップページ | 2004年8月22(日)雨:山南敬助の死 »

読書余香」カテゴリの記事

コメント

梁山泊の思い出

私は6年前、突然に上司に連れられ、巣鴨に構える会社の社長の前に連れて行かれた。上司、曰く、君は明日からこの親玉一家に草鞋を脱げと宣告された。突然の出来事であった。

この鹿児島出身の親玉(社長)は西郷隆盛とサンダース軍曹と、そして、梁山泊が好きであった。

私は、SEという職場の経験は全く無かった。親玉は組員(社員)を前に、私を紹介した。梁山泊という言葉を諸君は存じているか? 異なる才能を持つ人材を集めて、この組(会社)を親を凌駕する組織にしたい。従い、こいつは今日より草鞋を脱いだ。

と、説明した。彼は、その通り行動した。私も、親玉を支えた。この親爺との出会いは劇的であり、私の人生で私の長所に光をあててくれた。

親爺が組(会社)を捨てて、辞を述べた、感動的であった。
・F組(社)の背広を脱ぎ、裸で勝負をしたい
・1部上場の組長の指揮をとり自分の実力を試したい

以上である。この行動は大波紋を起こした。私は、彼には従わなかったが、別の世界が又、待ち受けていたのでした。

投稿: jo | 2004年8月24日 (火) 13時39分

JOさん
 「西郷隆盛とサンダース軍曹と、そして、梁山泊」
 この言葉はわかりやすいです。

 ただ一般に同世代同性でないと、分かりにくいでしょうね。

1.西郷さん:超有名人ですが、司馬さんとかの幕末維新ものを読んでいないと、征韓論と西南戦争ていどしかしられていないだろうな(上野の銅像と)。私は別途必要があって若年時読みました。やはり、ものすごい人格だったようですね。

2.サンダース軍曹:われらの世代は、男性はだいたい熟知してますね。高校生くらいのときでした。いまでもビデオやDVDがときおり新聞でセット販売されているから、この男性像は、引き継がれているかも知れないけど。この軍曹をおもいだすと、人類みな兄弟、いい男は、世界中文化文明をこえて、ええ奴や。となるね。ビッグ・モローは後日撮影中ヘリの墜落で死亡とか、昨日のような気がします。

3.梁山泊:これが問題ですね。三国志は、関羽とか張飛とか曹操とか、孔明とか劉備とか・・・固有名で語られるけれど、女性にも愛好者が多いようですが。梁山泊となると、いまひとつ日本では、未知ですね。

結論:この三題噺を実業世界で現実化した親分って、ものすごい人ですね。
「心意気」は大切です。最後の踏ん張りは、眼差しや心意気が支える。だから結局良質の仲間を集めることになるでしょう。

 男は自らを知る者のために死ぬ、とは遠い世界でもあろうけど、まあ、いまでもどっかに侠気はあるんだろうね。
 ちなみに、女は愛する者のために化粧する、ってこれホントかな。ホントもあるやろし、化けるんやから、当然嘘っぽいことも多い。

 どっちもどっち。そやけど、ヒトの侠気は、男も女もどっかにあろう。そういうなんが、綺麗にそだたないと、つまらん世界になる。


 

投稿: Mu | 2004年8月24日 (火) 15時54分

いま、いそがしくて、へこたりそうなのに、性懲りもなく、第二巻を読んでいます。
やはり、北方世界は、中毒症状をもたらしますね。
忙しい方は、読まない方がよいです(笑)

投稿: Mu | 2004年8月26日 (木) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1247440

この記事へのトラックバック一覧です: 北方謙三『水滸伝』一「曙光の章」:

» 北方謙三『水滸伝』二「替天の章」 [MuBlog]
 今朝2004年八月二十七金曜日の午前七時過ぎに水滸伝(2)を読了。  この巻の主人公は? となると大勢の登場人物なので、決めにくいが、林冲(りんちゅう)と思っ [続きを読む]

受信: 2004年8月27日 (金) 08時54分

» 2004/09/23(木):姦臣と佞臣 [MuBlog]
 朝から小難しいことを考えているようないないような。  暇人なのだろうか。しかし今日は旗日、秋分の日。  水滸伝:虚構のなかの史実/宮崎市定、中公文庫 み/22 [続きを読む]

受信: 2004年9月23日 (木) 08時22分

» 水滸伝 [BLOGFIGHT]
最近、本を読みたい病になってきたのか、興味ある物がどんどん出てくる毎日。そんな中でも気になってるのが「水滸伝」 昔から水滸伝の存在は知っていたものの、まだ一度も... [続きを読む]

受信: 2004年9月29日 (水) 02時06分

» 北方謙三 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
北方謙三 Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 北方謙三 † 名前:北方謙三(きたかたけんぞう) 【blo... [続きを読む]

受信: 2005年2月26日 (土) 13時54分

» 北方謙三 [PukiWiki/TrackBack 0.1]
Counter: 0, today: 0, yesterday: 0 北方謙三 † 名前:北方謙三(きたかたけんぞう) 【blogmap】... [続きを読む]

受信: 2005年3月10日 (木) 09時50分

« 五万アクセス | トップページ | 2004年8月22(日)雨:山南敬助の死 »