« てらだや:寺田屋 | トップページ | とうじ:東寺 »

2004年8月29日 (日)

金魚と住む

 グリとグラ

グリとグラ:白銀と赤金
 金魚と一緒に住んでいる。名前は、最初にきた白銀をグリ、あとにきた赤金をグラという。白銀グリはおとなしい。
 金魚は、金魚注意報とかいうとても変わったアニメをみて飼いたいと思っていた。金魚が学校の教室の、生徒の頭上にふわふわ浮かんでいるのだ。一度見たら、忘れられない。
 金魚の縁と言えば、メルや手紙に必ず「金魚でGO2」とサインする人がいる。これも、とても変わった人だとかねがね思っている。なぜ、金魚がGo2! なのか、まったく不可解。しかし、内容がおもしろいのと、当人もとてもおもしろい。
 グリとグラとがきてから、なんとなくマタリン翁がおかしい。貴族だから水槽に手を入れるなどという不作法は絶対にしないが、グリ&グラの話題を話していると、必ずこそこそと影にかくれて、じっとりと見ている。
 金魚の脳は小さいから、餌にしか反応しない。まれに、かっこつけて、横泳ぎとか、背びれや足びれを優雅にぱたつかせる。
 思うに、またりん翁は100%人語を解している。(だから、翁の前ではマタリンの悪口は決して言わないようにしている)

赤金・でっかい金魚
 赤金グラは、あとできたのに横暴なところがあって、どんどん太っていく。そのうちに鯛やヒラメになったら、この水槽でおとなしいグリと同居させるのはかわいそうだ。ところで、ヒラメのような大きなピラニアがいるそうだが、そういうなのと同居している人の気持ちはわかりにくい。私など、赤金グラでさえ、「乱暴ものめ」と思っているくらいなのだから。

ぱくぱく金魚
 それにしても、いつもパクパク口を開けたり閉めたりしている。グリとグラのまん丸の目には何が映っているのだろう。パクパクしているのは、何かを見つけてそうしているわけでもなさそうだ。不思議な金魚世界でした。

参考サイト  金魚鉢思い出(JOBlog)

|

« てらだや:寺田屋 | トップページ | とうじ:東寺 »

イメージの素」カテゴリの記事

コメント

ぐりちゃん、ぐらちゃん、こんにちは★☆

絵本にでてきそうなお名前で(あれは、ネズミちゃんでしたね。)、とってもかわいらしいおなまえをつけてもらいましたね。

写真は、ビックリしたでしょうね。フラッシュは大丈夫でしたか?
下にころがっている小石も、クリスタルのようできれいですね。
きれいなおうちに住めて、幸せデスね。

お口を開けたところ、とってもカワイイですよ。
たくさんエサを食べて、元気にそだってください♪

投稿: wd | 2004年8月30日 (月) 06時49分

幼児期からのたくさんの、夜店金魚すくいの金魚たちはどこへいったのかと、思いめぐらしましたが、答えがでません。
さて、現状では数日に一回水槽を洗わないと、水がどんよりしてきます。水槽の大きさと、グリグラとがあわないせいでしょう。
しかし水槽は、小さいほど、洗いやすいです。

投稿: Mu | 2004年8月30日 (月) 09時09分

金魚と住む:
日本では江戸時代からだそうですね。金魚そのものは中国原産でしょうが、見事に日本の風景になりましたね。
江戸時代に庶民が金魚鉢でこれを、飼育するとは何と、レベルの高い民族なんでしょうね。
子供の頃には、小川で採集したメダカとかオタマジャクシとかいろんな生物を水槽にいれて、楽しみました。
小宇宙がここにはあるんですね。

投稿: jo | 2004年8月30日 (月) 11時13分

JOさん
 失念したんだけど、以前TVか、サイトで、現代の40代の女性がガラス工芸工場を経営してはってな。

 その方が、長いガラス管をぷううふ、と吹いて、そりゃちっこい金魚鉢をつくってはりました。

 小宇宙。ミクロコスモス、というのでしょうか。
 梅さん流には、マイクロワールドですか。

 ともかく、こんなん大好きです。
 そのうち、この水槽で泳いでいたりしたら、まあ、落語かSFでしょうね。

投稿: Mu | 2004年8月30日 (月) 12時17分

以下のアドレスはJO さんから削除依頼があったのですが、削除するとコメントのつながりが分からなくなるのでそのままにしときます。

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/859114

投稿: jo | 2004年9月 1日 (水) 16時11分

JOさん
 あわてものやね。
 このトラックバックあどれす、私のコメントに入れはっても、わたしゃ、どうにもならんよ。困りました。

投稿: Mu | 2004年9月 1日 (水) 16時45分

御免やす。消しといて頂戴。
昔の金魚の記事で綺麗な金魚鉢を制作されてる御仁がおられたので、気になりました。私の趣味のジャンルに記事とアドレスがおます。
その後、金魚のお二人はお元気でせうか? 台風が来たり、急に寒くなったり、蒸し暑くなったり、娑婆の世界は大変どすけど、金魚鉢の中は平和なんやろな~~。

投稿: jo | 2004年9月 1日 (水) 16時54分

JOさん、ありがとう。
 ちゃんと見つけて、トラックバックいれて、自分の記事には、固定アドレスを参照しときました。これで万全です。

 それにしても、記憶は曖昧になるね。
 わたしは、例の金魚鉢を確かに印象に残したんだけど、それがJOBlogだったことを失念していた。すみません。

投稿: Mu | 2004年9月 1日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1309272

この記事へのトラックバック一覧です: 金魚と住む:

» 美しいサイト:吹きガラス [MuBlog]
 最近、金魚のことを記して、JOさんから金魚鉢のことを知らせてもらった。    その「吹きガラス/渡辺治子」を昨夜見ていて、これを初めてJOさんに紹介されたとき [続きを読む]

受信: 2004年9月 2日 (木) 09時30分

» 金魚と住む、平成17年の春 [MuBlog]
承前(金魚と住む)  金魚は強い魚です。朝夕ひとつまみ、粉をまぶして、数日おきに水槽を掃除するだけで、我が世の春をおう歌しています。その成長の力強さにはおどろき [続きを読む]

受信: 2005年4月12日 (火) 05時05分

« てらだや:寺田屋 | トップページ | とうじ:東寺 »