« げんじものがたりミュージアム:源氏物語ミュージアム | トップページ | The Lord of the Rings : the Return of the King »

2004年8月20日 (金)

2004年8月20(金)曇:昆虫ロボットヘリの話

 昨日の新聞に、セイコーエプソン社の新型「マイクロ・フライング・ロボット(μFR-Ⅱ)」が発表されていた。
 虫みたいに小さなラジコン電動飛行機で、電池込みで12.3グラムしかなく、掌にのる大きさなのに、カメラを搭載し無線で画像を送信し、本体はコンピュータで自動制御されていて、空中に停止することができるらしい。

 さっそくネットで記事を捜したら、セイコーエプソン(株)のHPから見つけることができた。
 実は昨年に原型が発表されていたらしい。
 ところが、今回のは、コードレス(完全に無線制御)で、その上に、自律飛行をするらしい。この「自律」というのがロボットの神髄であろう。コード無しで、一人歩き(一人飛び)するようだ。

 セイコーエプソン社の記事には概要と写真もあった。月末に東京国際フォーラムでショーをするらしい。
 こういう飛行ロボットの目的は、狭くて危険な箇所(原子力施設など)の観察調査などがあげられていた。

 先般、SlowFlyというHPで、ちっこい飛行機をみていたので、ふとその記事にコメントしてくれた梅翁のマイクロワールドを思い出し、記録した。

 この今回の記事内容はラジコン飛行機のカテゴリだけではなく、明確にロボットを指している。
 ロボットが随分身近になってきたようだ。
 昆虫みたいなスパイロボットと、私は直ぐに妄想がわいた。

参考サイト
 セイコーエプソン社のμFR-Ⅱ
 

|

« げんじものがたりミュージアム:源氏物語ミュージアム | トップページ | The Lord of the Rings : the Return of the King »

Blogメモ」カテゴリの記事

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/1232928

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年8月20(金)曇:昆虫ロボットヘリの話:

« げんじものがたりミュージアム:源氏物語ミュージアム | トップページ | The Lord of the Rings : the Return of the King »