« 四万アクセス達成 | トップページ | 2004年7月13(火)晴:梅翁の平安時代 »

2004年7月12日 (月)

2004年7月12日(月)曇:日本歴史占い

 占いなんぞに興味は全くない。と、おもっていたのだが。
 最近、卒業生で、とっても変わっていて、いまでもよく覚えている若者のblogをひょんなひょうしに見つけてしまった。よくあることだが、無口な人も頭のなかではCPUが活発に走っている証左として、とても面白く読んでいた。けれどコメントはさけた。見られているのを意識して、例によって硬直されると困る(笑)。[すさまじい秀才だったが、私が話しかけると、雰囲気的に吃音状態のイメージ[実際はそうではない。イメージ]になってしまうから、2年生から見かけていたが、通算して数時間も話していない]
 で、いろいろ覗いていたら、占いの記事があった。御本人は、誕生日の関係で「紫式部」だったようだ。で、なんだ占いか、とおもってそれでも読んでみると、抱腹絶倒の内容であった。つまり、甘さがない。徹底的にキツイ、厳しい占い結果なのであった。しかも、しかもですよ。その硬直秀才君が、なんと、かろやかに、その一々にご自身のコメントをかいておられて、それが実に味がある。その手際の良さにも感心しきり。


 で、ふとみると、その占いアドレスがあった。
 「日本歴史占い
 さっそくに、わたしもしてみんとてするなり。
 おお、私は織田信長じゃった。(だんだん、葛野記のノリですなぁ)
 おおうれしや、あなよろこばし、希代の英雄信長さんが、私のモデルとは・・・・。と、おもったはぬか喜び。そのきついこと、きついこと。布団をかぶって寝てしまいたくなりましたよ。

織田信長

 変革者たる理由はふたつ。第一は、不要不急のものを切って捨てられる合理主義者であること。第二に、新奇なものに対する情報収集能力の高さ。……(以下省略。ふふふ、きついね)

■頭脳・知識
要点をつかむ能力と、情報収集力に優れ、なおかつ不要不急のものは切り捨てるという大胆さをあわせ持つ。……
<ふむふむ、私はそういう男だったのか、やはりね>
■センス
とにかく新しいモノ好き。最先端という言葉に弱い。先見の明を発揮して新機軸を打ち出すアイディアマンだが、……
<そうじゃね。新CPUがでると、とたんに預金口座残高をみるからなぁ>
■感情
スマートで洗練された自分でありたい、そう見られたいという気持ちが虚栄心にまで高まっていて、そこを見透かされるとドンと……
<そんなぁ。まるで虚栄心男、だんだん、手厳しくなってきおった>
■外見・言葉
クールに振る舞う自分が好き。特に初対面の相手に対しては、最高の自分を見せようと神経を使う。ただし、……
<これ嘘。全然、ホットやから>
■行動
結論ありきで待つのが苦手。機先を制して成果をあげることもあるが、裏付けが甘く、……
<なんとなくなぁ。大学倶楽部の幹部には読ませられないねぇ>

 というわけで、こういう手厳しい占いを読んだら、若者達もさぞ落ち込むじゃろう。しかし、かの硬直秀才君が紫式部というのは、けっこうあたっておるかなぁ(爆笑)

|

« 四万アクセス達成 | トップページ | 2004年7月13(火)晴:梅翁の平安時代 »

小説木幡記」カテゴリの記事

コメント

せんせ
私も占ったけど、同じ”織田信長”どした。なんでやろ?
もう5x歳まで生き延びてるけど、信長はんに悪いな~~。
占いはおもろいね?インターネットでは儲かるサイトは占いらしいな。Muはんと同じむじなでした。

投稿: jo | 2004年7月13日 (火) 00時21分

JOさん
 最近は財布に毎日3千円も入っておるから、もう占いで儲けるような、そんなJOさんと同じ穴のムジナでは、ないのです。

 あの占いサイトは無料で24名の歴史有名人をセットしているから、重なりはあるでしょうね。
 しかし、JOさんも信長さんでしたか。
 なんかこう、こそばゆくないですか?
 信長タイプの欠点は、大抵引き継いでいるような、でないような、微妙さですね。

 部下に「君ね、ワキが甘いんだよね。」とおっしゃったことないですか?
 人への叱責は、大抵、自責でもあるけどね。

投稿: Mu | 2004年7月13日 (火) 05時15分

 おはようございます。
 私も占ってみました。「出雲の阿国」だそうです。
 「姉御肌」とありましたが、その言葉は私からは想像もつきません。控えめ控えめなのに・・。実は心の奥底の願望だったりするのでしょうか?面白かったです。
 (場を取り仕切る私なんてありえない、ありえない。)

投稿: 羊 | 2004年7月13日 (火) 07時39分

羊さん
 あなたもやっぱり、JOさんがいうように、占い好きの「おなごはん」どしたなぁ。
 でもね、紫式部じゃなくてよかった。まだ新仏(?:なんか、この言葉って、不謹慎やけど、ぜひ使いたい)の卒業生なんて、あなた、凄い書かれようでしたで。まず「大ポルノ長編小説源氏物語」の作者紫式部、としょっぱなからくるのですから、あとは推して知るべし。私、ようかけまへんな。
 阿國さんの深奥ですって? いやいや羊さんの?
 そりゃね、解釈なんてどうにでも、いえますよ。
 ただ、阿國さんじゃと、羊さんを規定すると、謎はいろいろ解けます。そういうことで、おじゃります。

ではまた。
追伸
 以前、別れる切れるデートスポット占いを考えたんだから、ああいうのは、後日、「Muの大歴史占い」とでもして巨大DBを造りたい気もするな。(また、JOさんが、ムジナのなんのと言いそうや)

投稿: Mu | 2004年7月13日 (火) 08時12分

 MuさんもJoさんも”織田信長”?
 「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」のあのお方ですか?
 (怖そ~~~!)

 まあ~、お二人とも、最新のマシンに最新型のラジコンに飛びつかれるあたり、あたってますねえ~。

 私はもちろん、カワイイ「かぐや姫」です・・。なんてわけないでしょう。北条政子ですって!
 

投稿: wd | 2004年7月13日 (火) 09時59分

謎は解明されたな!
生まれた歳でお客に共感を得る人物を選んでおるな。失礼ながらWdはんの齢と羊はんの齢にはおのずと、差がありますな。
やはり、占いは共感を得ないといけませんね。マーケテイングの領域やね。
あ~~いかん、神聖な場所で下賤な商売のこと考えては。

投稿: jo | 2004年7月13日 (火) 10時10分

WDさん
 ゲーッツ、政子はんですか。あの、頼朝の奥さんの、尼将軍。
 そりゃまた、ものすごい占いだったでしょうね。

 「かぐや姫」の単語が目に入ったときは、そう信じましたよ。

 けど、よう考えてみたら、北条家は、源家に肩入れしたとき、娘も親も、命がけだったわけですね。と、考えると、なかなかに、尼将軍も、よいではないですかぁ。

投稿: Mu | 2004年7月13日 (火) 14時23分

JOさんや
 ある年代が尼将軍好み、ある年代が阿国好み、といのは、信長はあたったが、それほど単純じゃないでしょう。
 もしそれなら、私など、卑弥呼タイプにぶちあたるはず。

 ともかく、あのうらない、全部答えがしりたいな。学生100人ほどに命じて、各年代毎に悉皆調査してみようかね。

 ああ。図書を買えと書いてあった。バイト代はらうよりも、安い。

投稿: Mu | 2004年7月13日 (火) 14時26分

占いは確かコンテンツ時代にインターネットでやりました。
確実に儲かる分野なんですね、これが。
歴史上の人物に当てはめるのはユニークですが、毎日占うとか同じ人間から何回も金を頂く仕掛けが必要ですね。
あ~~~又、商売の話になりました、済みません。

投稿: jo | 2004年7月13日 (火) 17時50分

JOさん
 女子はほんとに占い好きみたいですよ。
 この記事を目にした者らがメルをぽつぽつ送ってきはりました。
 メルするくらいなら、こっぴどい占い結果をコメントすりゃよいのにね。

 に、しても、ネット占いは商売になるんですか、なんか、小商いやね。でも、一回10円でも、塵も積もればなんとやら。

 ああ、やめと来ます。ムジナ。

投稿: Mu | 2004年7月13日 (火) 21時52分

阿仏尼でした。

●気がやさしく、世話好き。頼まれると「ノー」とは言えない人の良さ。
→わはは。確かに外れちゃいない。
 (「ノー」と言えないのは人がいいからじゃないと思うけど…)

●頭脳・知識
遠慮がち。注目を浴びたいとは思ってなく、「目立ちすぎる、大胆すぎる、派手すぎる」と一歩引いてしまう。本来の実力のレベルを1ランク下げて、無難なところで落ち着く傾向がある。
→半分はずれ。半分あたり。
 私に一歩引くなどということはあり得ない(爆)
 1ランク下げて…あたりは本質的にははずれていないかも。
 (要するに無難に行こうとするんですな)

●センス
長期的見地から、いつも最悪のケースを考えて準備している。
→要するに慎重なのです(笑)

●感情
他人の目に自分がどう映っているかが気になる。
→大当たり(笑)
 いらんことしぃの気にしぃなのです。

●外見・言葉
ポジション相応の態度をとるが、情の厚さは変わらない。
→これは…どうなんでしょ?
 自分のことなので何とも言えない所ですね。

●行動
目標は長期戦の構えでじっくりと。自分から積極的に動くほうではないが、どちらかといえば耳年増だから頭脳プレイを得意とする。
→耳年増…頭脳プレイ……どれも普段の私から連想しやすいと思われるコトかも(苦笑)


そんなわけでそんなにきつくもない占い結果でした。
もっとどぎついのが来るかと期待しましたか?

投稿: J-NETTER | 2004年7月14日 (水) 23時51分

J-Netterさん
 お早う御座います。
 阿仏尼でしたか。
 やはり、この占い、面白いです。
 想像ですが、なんとなく、普段トンデモ金太郎がごく普通の結果になり、普段ごく普通のひとが、トンデモ金太郎になる傾向がありますね。J-netterさんが、どちゃらなのか、私には判定できませんがね(笑)。

 さて、J-netterさんの用例で、すこし気に入ったものがありました。いずれも、カンサイジーンっぽいノリなんでしょうか。

「いらんことしぃの気にしぃなのです。」
 この用例のニュアンスがじつにおもろいですね。学生さんや卒業生さんに、一杯おります。ただ「いらんこと」になるかどうかは、「引きがね」とか「よくぞ、思い切った」と高い評価もあり、逆は、「ほんま、アホはいつまでたってもアホなことしかせん!」と、罵声になったり、むつかしおす。

「もっとどぎついのが来るかと期待しましたか?」
 そう、もろにカンサイジーン的におっしゃられても、お答えしようがないなぁ。

 いやはや、早朝から、目がさめるような、阿仏尼J-netter記事でありました。


投稿: Mu | 2004年7月15日 (木) 04時29分

 なんか・・。占い結果を見ても、それを謙虚に受けとめられる人と、ええとこだけあてはめようとする人とに分かれるような気がしますね。

 Muさん、「仲間内では、自己中心的なところがバレバレ!」の一行、伏せたでしょう?
 (葛野の卒業生の方々は、みんなうなづいてると思うけどな・・(笑)。)

 阿国さんや阿仏尼さんなんて、「タレント性がある」とか「お嫁さんにしたい人、No1!」なんて、いいところは伏せたはるのに・。

 それに、Joさん、
 娘が「かぐや姫」で、娘の友達が「小野小町」だったことから、Joさんの「生まれた歳で・・」云々は、あたってるふしがありますが、wdを引き合いに出すのは、やめてくれません?
「Wdはんの齢(よわい)」とくりゃ、どんなクソ婆をみなさんが想像されるかと思ったら・・。(この敵は、今度JoBlogのコメントで、とってやる!)
 これでも、松田聖子より、まだ一つ下なんですよ!
(あっつ、芸能ネタは、MuBlogでは、だめでした・・)

 ・・と、この占いだけで、いろいろ楽しめました。

投稿: wd | 2004年7月15日 (木) 12時21分

WDさん
 厳しいな。
 ただね、著作権を考慮したんです。全部書くと、占いHPに失礼だしね。だから、全部、最初の1行か2行にとどめたわけ。

 それと、WDさんの肩を、騎士道から、事実から、両面で持ちますと、たしかにJO氏の書きようはめちゃくちゃやね。

「失礼ながらWdはんの齢と羊はんの齢にはおのずと、差がありますな。」

 これで、あの会社の女性職員、よくまあつとまりますな。そのうち、言葉による年齢差別虐めで、訴えられたら大変。

 まあ、そんなとこで、ぼけじいさんのたわごとを、さらりとついて、チクリどころか、グサリと刺し通したWDさんの筆力に、脱帽(笑)。

投稿: Mu | 2004年7月15日 (木) 14時10分

お嫁さんにしたい人…何だか照れちゃいますね。
そう思って書けなかったのですが…
…というのは冗談で、みなさん厳しい占い結果を期待していらっしゃったようなのであえてカットしました。

MU先生には私はトンデモ金太郎に見えているみたいですね。
もっとも否定できないのが悲しいところです(苦笑)

ところで「いらんことしぃ」は関西弁らしいです。
1年ほど前に同僚達とのみに行ったときに
「○○はいらんことしぃだからねぇ。」とさらりと言うと
(↑こっちに来るとJは標準語もどき)
「その『いらんことしぃ』ってなに!?」と
通用しないことがありました。
思わずカンサイジーンの同僚に「いらんことしぃって関西弁やったん!?」とメールしてしまいました。(笑)

いらんことしぃの、ちょっとした寄り道が、後になってみれば
その後の人生に大きく影響を与えるんじゃないかなぁ、と
思う今日この頃です。
20歳と少しの若造がなにを、という感じですが…(苦笑)

投稿: J-NETTER | 2004年7月17日 (土) 11時25分

おひさしぶりです。
 占いの結果、紫式部でした。ものすごくショックなんですけど...。
 先生も紫式部のこと、良くは言ってなかったし、もう立ち直れません (ToT)

投稿: up | 2004年7月17日 (土) 20時57分

J-netterさん
「お嫁さん」云々は、本当ですかぁ?
いやはや、さもありなんと、思いはいたしますが、はあ。
「トンデモ金太郎」なんて、とんでもない、J-netterさんは、金太郎さんじゃなくて、白雪姫(あれぇ?どっかで聞いたような話)じゃぁ、ないですかぁ~。
 ともあれ、データに阿仏尼さんというキャラを選ぶ占いなんて、珍しいのじゃないでしょうか。それにまんまとぶち当たるJ-netterさんも、そこはかとなく、いとおかし。
 私は、人の生年月なんかとんと分かりませぬが、内輪での超有名人「レジェンド」さんとか、「薫君」さんとか、おひまなら代行してお知らせ下さい。きっと、とんでもはっぷん・・・楽しみです。
 あのような、個性様は、そうそう世間にもおられないのじゃないでしょうか、ねぇ。

投稿: Mu | 2004年7月17日 (土) 22時55分

おなげきめさるでない、宇治のupさん
 紫式部さんって、よいじゃないですか。ものすご、秀才ですよ。以前、紫式部を主人公にした現代小説(作者が女性だった以外は忘れました)を読みましたが、とても良かったです。
 少女時代でしたか、父にしたがって、越前武生での生活とか、都でのつつましい日々とか、・・・

 それに、源氏物語をポルノというのは大げさな冗談です、ちょっと気を惹くための惹句です。あれがポルノなら、この世のすべての小説は、みんな変態まみれの大ポルノ。

 ただ、女性の敵は女性と、よくいったものです。賢い女性なら光源氏の魅力に感嘆したり反発するよりも、女性の深奥をまざまざと見せつけられて、感心したり、自己嫌悪に陥るのではないでしょうか。ようするに、紫式部さんは超人的に、客観視できる女性だったのでしょう。
 ・・・

 余計に、upさん、おちこんだりしたら、すまないことです。
 一言格言
 「あなたは紫式部ではない。現代人です」
 ・・・
では、講義これで終わり

投稿: Mu | 2004年7月17日 (土) 23時07分

紫式部…気になって読んでみました。
どっちかって言うと私こっちかも(爆)

ところで「薫君」とレジェンド様も診断してみました。
超意外な結果が出ました。

まず、薫君から。
「春日局」でした。
・自己保身に長けた元祖癒し系→むむっ!あたり!!

抜け目なくその場の空気を読み、どうしたら得か、しっかり見きわめる能力に長けています。強力に自己主張をしているわけではないのに、自己保身をしているうちにライバルを淘汰。
→そうか…あれは彼女のもって生まれたモノだったのか(爆)

■頭脳・知識
こうすれば、ああなると抜け目なく計算できる。
→さすがは参謀!(あれ、こんなコトを言われていた人が他にもいたような…)

■センス
自分の中にオリジナルなものはあまりないが、他の人のいいとこどりする感覚は鋭いため、センスのいい人と評価されることも多い。
→確かに悪くない。そういえば卒業後に会ったら髪の色が変わっていたなぁ。

■感情
相手のことをよく知るまで自分は見せない慎重派。目上の人に可愛がられるタイプ。
→9割当たりでしょう。
 彼女は先輩・先生からの信望は厚かった…
 (もっとも他からもだけど)

■外見・言葉
のんびりとした風貌で人をホッとさせ、初対面の印象は抜群。よくも悪くも八方美人で、社交辞令も得意だが、一歩進んだおつきあいになるまでは時間がかかる。
→わはは。本人が聞いたら怒るやろうなぁ。

■行動
いつでも縁の下の力持ち。
→これも聞いたら…(以下略)

で、レジェンド様ですが…
なんと私と一緒でした(爆)
当たっていますか?それとも…!?

投稿: J-NETTER | 2004年7月18日 (日) 01時22分

J-Netterさま
 じつは、日々心は晴れ晴れうきうき(蝉の声が、少年期を思い出させて、とても気持よい)なのに、夏の疲れか、節々が痛んで(初老だね)、記事投稿がしんどくて、MuBlogも日に一回しかみてないのだけど、・・・今朝、J-netterさんのコメントにぶちあたって、目がさめました。

 くだんの「カオルノキミ」が春日局ですってぇ? 私は長年の謎が氷解した思いです。そうなんです、内輪話ですが、われらの局長2002のキャラが、われらの最高の癒しだったにもかかわらずーっつ。なんか、「森博嗣京都葛野2003大講演会」をはじめ、要所要所で暗躍のあった記憶があって、それが統合できなかったんです。いま、はじめて解き明かされる、カオルノキミの謎、その答は「春日局」でしたんやねぇ。

 教訓:J-netterさん、若者達の年齢を甘く見ないでよかったと、私は胸なで下ろしておるよ。だれであれ、優れた人物は、20代にきっちり祖形が完成しておる。

追伸
 初代局長レジェンドさまと、一番隊長2001J-Netterさまとが同じ阿仏尼ですか。
 ふむふむ。むふふふ。

再伸
 J-Netterさまが紫式部というのは、的中率100%かもしれまへんでぇ。阿仏尼と紫式部の違いを考えておきます。

結論
 あの占い、造った人、そうとうにスグレモンやね。
「薫君」が春日局、だなんて、もう、最高勲章ですよ。なんで当時おもいあたらなかったんにゃろうね。彼女が組織に5年いたら、空前絶後の絵に描いたような「お局さま」(悪意なしの、真性のお局)にならはりますね。家光も、柳生家も、お局さまの慧眼には従ったよし物語が多数あるね。

付録
 となると、リエリエやユカユカや、彦根の「鬼畜」さんも、そっとみたくなるなぁ。J-Netterさん、おとくいのDB技術で、どっかに、JNe流占いデータベースをお作りなさいませんかえ。
 JOさんも不在のうちに、カンサイジーン的起業して、わたし会長、社長はあんたやぁー。

投稿: Mu | 2004年7月18日 (日) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22035/953730

この記事へのトラックバック一覧です: 2004年7月12日(月)曇:日本歴史占い:

» センセ [lib_blog]
センセの記事に、TBです。 センセ、無口なのはCPUがトロクサイからでしょう。稼働率を100%にしても追いつけない、ただそれだけです。すぐフリーズするんです(笑... [続きを読む]

受信: 2004年7月13日 (火) 21時15分

« 四万アクセス達成 | トップページ | 2004年7月13(火)晴:梅翁の平安時代 »